ハムスター

2011年6月 5日 (日)

「微笑みの花壇」の終焉と微笑ましい出来事

昨日、「微笑みの花壇」の小道を作っていたレンガを片付けた。秋に引っ越しをするので、夏秋花壇は行わない事にしたのである。

 

 10年前、社宅の荒れ果てていた花壇にレンガで小道を作って花や木を植えたら、小学校入学前の小さな子供達がやってきて、楽しく遊んだくれたことから「微笑みの花壇」と名付けた。毎年、幼い子供達がやってきては巣だっていった。成長した子供達はこの花壇を見ながら小学校へ通うようになる。

 

今年の春先のことだ。小学校、低学年の男の子達が「微笑みの花壇」の周りで遊んでいるのを見かけた。こちらからはあえて様子を伺わないようにしている。子供達の世界を邪魔しないことにしているのである。それから、彼らが何回か来たようであった。卒業生が母校を訪れる感覚で「微笑みの花壇」に来たと俺は思った。

 

ゴールデンウイークに長女と家でノンビリしていたところ、また「微笑みの花壇」に人の気配がした。男の子と母親らしき人が花壇を見て周っていった。きっと、こんな花壇を作ってほしいとお願いしたに違いないと、それを長女に自慢した。

 

その数日後、女房から男の子達が社宅の空き地に秘密基地を作って、お宝を集めている話を聞いた。引っ越しをしていた人達の忘れ物や大人から見れば、いわゆるゴミを集めていたのだ。その中に干支の小さな焼き物があった。

 

人様のものを勝手に持ってきたと思った母親がその持ってきた場所を確認しにいったのだと言う。その場所とは「微笑みの花壇」の周りであったのである。

 

 干支の焼き物をひとつ見つけたら、円を描くように十二支全てがあった。他にもきれいな石等のお宝が次々に見つかった。彼らは興奮し、何度も採掘に来たそうだ。その干支の焼き物の底にカタガナで長女の名前が彫られているのに気づいた母親が女房に知らせてきた。女房は幾つかの子供相手のボランティアをしているので、その母親とは知り合いだった。

 

焼き物の干支は長女が中学の美術部時代に作成したものだった。俺の育てた野菜とスーパーの野菜の味の違いを見抜いていただいた代々のハムスター達の墓を「微笑みの花壇」の周りにある大きな木の根元に作った。そこに俺の娘達が、それぞれの思い出の品をその墓にお供えしたものである。5年後、それを少年達がお宝として掘り出したのであった。

 

実は彼らが頻繁に来たのは俺の花壇を見に来たわけではなく、宝探しに来ていたのである。映画「禁じられた遊び」のようにペットの墓を飾りたてるのは女の子の通る道のようだ。そして、男の子は秘密基地を作り、宝探しに行く。

 

女房も子供の頃、娘達と同じようなことをしたと言っていた。俺も彼らと同じように秘密基地を作り、ワクワクした。その延長線上に俺は山登りに目覚め、より難度の高い山を目指すようになった。そして、結婚とともに、それも下火になり、子供の手が離れたぐらいから園芸、家庭菜園と夢中になるものが移って行った。彼らが園芸に興味を示すのは30年後だろう。

 

「微笑みの花壇」はこれで終わりである。でも、庭造りは続く。新居では家庭菜園の他にもバラを中心にガーデニングをすると決めている。家の前の通りは市の中心地の大通りで、フェンス一面をバラで飾り、車の渋滞を起こそうと狙っている。それに、家の隣が総合病院の駐車場で体の悪いお年寄りがやってくる。彼らを癒せる庭を造ろうと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

秋冬野菜の収穫(4)キャベツ、ブロッコリー

B213_006_2  

収穫適期を迎えている野菜キャベツ類。すでに、話として詳しく説明しているので紹介のみだ。

盆蒔きしたキャベツ「新藍」。キャベツは周年栽培しているが、端境期に女房によく買われる。

ところが、今はキャベツの収穫期だが、あまり使ってくれない。この時期は鍋に使う白菜に料理の主役の座を奪われている。でも春先にはキャベツの出番になる。

B213_007

 そこで二度蒔きして早春に食べれるようにしている。昨年は10月上旬に「冬王」をタネ蒔をして備えたのだがトウ立ちにやられ、またしても買われた。今年は9月中旬に蒔きリベンジを狙っている。

写真は現在の様子。少し巻き始めたところだ。もし、これでも駄目なら、トウ立ちしにくい品種を探す予定にしている。キャベツはありふれた野菜だが栽培は手こずる。防虫と保温にマルチと不織布を使っている。後、定植時に殺虫剤を少量株元に混ぜ込んでいる。

 

B213_010

 

側花蕾も多く収穫できるブロッコリー「緑嶺」。長く収穫できるので家庭菜園向きだ。盆蒔きして一番早い株で10cm程度。来年からが本番の収穫となる。側花蕾は春まで収穫できるがあまりにも沢山出来るので途中で飽きられてしまう。

でも、我が家には強い見方がいる。ハムスター スノーホワイト「ラウス」。こいつが飽きもせずカブリついてくれるので自信を保っている。ラウスも、生後3年目の爺さんになり歯が駄目になった。

この冬越せるかどうかは私の野菜にかかっている。私の野菜だけがこの小さな命をつなぐ。

責任重大である。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

絵本「ハムスターくぅちゃんと野菜のキャラクター達」…(三)

お城で待っていたものは … …

9016_2

10010_2

11011_2

つづく

*『家族も喜ぶ野菜を作るぞ』の絵本版です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

絵本「ハムスターくぅちゃんと野菜のキャラクター達」…(一)

 

 

 

 

1007_2_6

 

 

 

2008_2_4

 

3009_2_3

 

4011_2_2

つづく

『家族も喜ぶ野菜を作るぞ』の絵本版

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

ブロッコリー『ハムスターも喜ぶ野菜を作るぞ』前編・・・第3話

Photo_4 

 

 

 

 

家庭菜園のブロッコリーは、お得な野菜である。おおきな花蕾が終わったと思ったら脇から、次々と花蕾が出来るのである。こんなに、ポイントが充実した物も他にあるまい。

 

そんな、ブロッコリーを称えるために僕は歌を作った。「ブロ~ッコリー♪♪~♪♪」お聞かせできないのが残念?吉田拓郎作曲『メランコリー』のメロディーにのせて歌うのである。ブロッコリーを栽培して5年、これを歌い続けている。

 

最初は娘達も喜んでくれたが今では末の娘にしか相手にされていない。(実は皆、呆れているらしいとこのブログを書いていたら判明)歌はともかく、僕の育てたブロッコリーは大人気の野菜である。彼女たちの飼っている「ハムスター」にも大人気である。

 

小田原にいる頃は、ハムスターは金の掛かるネズミだと思っていた。ところが、市原に来て家庭菜園を始めた途端、心境の変化が起きたのである。娘達から『パパの育てた野菜は、ハムスター達の大好物だ』と知らされたときからかわいくなったのである。

 

海を越えてつれて来たハムスターは、名は「リリ」と言い、ジャンガリアンのノーマルタイプのものだ。3年も生きた長寿命のハムスターである。普通は1~2年ほどで一生を終えるらしい。

 

3年も生きた事で「そのスジ」の人達から娘達は一目置かれた?ようだ。2年目から歯が悪くなったので、僕の野菜を食べたのが高寿命の秘密らしい。さしずめ僕が影の功労者だと言うわけだ。

 

娘たちの手柄を取るパパ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものの本で読んだところハムスターの様な小動物は、体が小さいので食べられる量は限られる。それで栄養価の高い餌から食べるそうだ。要するに美味しいものから食べるのだ。食べて頂けると言うのは美味しい野菜という事だ。(何故か?敬語になってしまう)。義理とか人情とか安いからとかの損得勘定なしの

 

味勝負。

 

食べて頂けるか。足蹴にされるか。

 

 

 

 

 

こうやって週末農夫は鍛えられるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ハムスターも喜ぶ野菜を作るのだ!!!!』

 

どうやら、男の面子は保たれている。

 

009_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後編に続く

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリー『ハムスターも喜ぶ野菜を作るぞ 』後編・・・第3話

A001

 

前編からお読み下さい

 

 

 

 

 

 

 

ハムスター達にも大人気のブロッコリーには天敵がいる。

 

それは天使の羽を持つヒヨドリだ。こいつらは集団で12月頃やって来てブロッコリーに襲いかかる。ただ、救いなのは大きな花蕾は目もくれず、葉を食べる。でも、葉を食べられると言う事は光合成できなくなるので、人間で言えば差し詰め『植物人間』になるようなものだ。ん?・・・要は、エネルギー不足で脇の花蕾ができにくくなるのだ。

 

 ネットを被せるのは面度なので、早生のスティックブロッコリーと側花蕾が多い収穫の長い唐嶺(サカタのタネ)で収穫量を確保している。

 

その後、M農園が閉鎖になり、牧草地の跡地である山の農園に転居した。そこには悪魔のヒヨドリ達は集結していなくて、昨シーズンはブロッコリーの大豊作になってしまった。

 

Photo_7

 

食べきれず思った。ハムスターが100匹、いや、10000匹は飼いたいとこのときは思った。

 

『ハムスター飼うべし!』 

 

 

 

 

 

 

 

―――ではなくて『ブロッコリー作るべし!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予定 「白菜栽培は戦いだ!!!!」

 

 

 

『ハムスターの小部屋』

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

 

 

 

 

ゴールデン 長毛から短毛など多種類

 

ジャンガリアン ノーマル スノーorパールホワイト ブルーサファイア プティング

 

キャンベル イエローなど多種類

 

クロハラチャイニーズ・ロボロフスキー  など

 

 

 

下を見よ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパへ おやすみ。ハムちゃんのブログ楽しみにしているよ。

 

・・・これは野菜のブログだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)