家庭菜園

2021年1月 3日 (日)

俺の野菜を食べて心を燃やせ。

秋野菜のピーマンが枯れたのは12月20日のことだった。

ここまで頑張ったので夏、秋、冬野菜と呼んでも良い。

俺たち夫婦の為に命を燃やしてくれた。

1_20210103143201

最後のピーマンの収穫は肉詰めにしてもらった。

肉厚なピーマンだ。寒さにあたり苦みが増した。

サラダは収穫が始まっていた結球レタス。

2_20210103143201

畝はそのまま、空豆の居場所になる。

ここにはピーマンの他になすを植えていた。

畝の中央部は空いているので10月中旬に空豆のタネをなにもせずに蒔いている。

空豆は昨年、就職で家を出た三女の大好物。

3_20210103143201

下はレタス。縁に結球レタスを植え付け、

中央部にリーフレタスを植えている。

最初に結球レタスを食べてリーフレタスをリレー食べた。

寒さに強いレーフレタスにはベタがけ不織布を使わずに彩りを楽しんでいた。

だがムクドリの一家が寒くなると訪れて糞だらけにするので

数年前より花壇ではなく、畑スペースで栽培をしている。

6_20210103145301

ダイコンは2品種栽培しいている。その左側にはゴボウ(短いタイプ)を栽培している。

長いことタネを冷蔵庫で眠らしていたので、9月上旬に第一弾のダイコンと同じ日にタネを蒔いた。

4_20210103145301

ゴボウにとってはタネ蒔きが遅かったのでダイコンのようには成長していない。

鍋に入れて食べた。

5_20210103145401

夫婦二人では食べきれない量の野菜を育ているのだ。

仕事が忙しくコロナが蔓延して、娘達も思うように実家にかえれないでいる。

今年は全員そろいそうだという話だったがコロナ対策で3女がいつ帰れるか分からない。

次女がふるさと納税で手配してくれたすき焼きの肉が送られてくるので白菜と下仁田ネギを収穫しておいた。

今年は下仁田は栽培が遅かったので出来は今までで最低だった。

7_20210103150901

なんとか年末は三女も帰省できて家族一同そろって俺の野菜ですき焼きを食べることが出来た。

でも、つかの間で彼女は最後に来て、最初に帰っていた。

俺の野菜を所望され、白菜を二玉とダイコン、レタスを持って帰っていた。

そしていつものようにメモに書き残していった。

それを見た俺は彼女に俺の野菜を食べて、

人のために心を燃やせと言って送り出した。

8_20210103150901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

タマネギ植え付け

初冬、タネを蒔いたり植え付ける家庭菜園の作業はすでに終わっている。後は春を待つばかりになった。

少し時間を前に戻して振り返って見る。

 

今回はタマネギ。俺のブログの人気野菜。

9月中旬にタネを蒔いた。赤玉「早生湘南レッド」と白玉「つり玉葱」定番。

一度のにたくさん栽培しなくなったので残りのタネは冷蔵庫で保管している。

2017年に購入したものだが発芽率は落ちているが問題ない。

Dsc01714

いつもの準備をして畝を作って苗を11月下旬に植え付けた。

Dsc01715

赤玉を植え付けたら1畝では足りず、もうひと畝追加した。

こんなことがあると思って土作りは済ませていたのだ。

Dsc01719

タマネギの世話は2月下旬までない。

成長が始まる時に液肥で追加して、玉を太らせて、必要分だけ葉ごと収穫する。

葉が倒れたら吊して干して保存する。

後は適宜、料理に使う分だけキッチンに運ぶだけである。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

緑の手を持つ男のブロッコリーに花が咲く。

  秋温かく野菜達の生育が良い。それに昨年、家庭菜園が災害の影響で出来なかったので本気で適期に植え付けたからだ。緑の手を持った俺としては満足だ。

寒冷紗の大型トンネルがはち切れそうだ。9月中旬に定植したブロッコリーとキャベツ。収穫を10月下旬から行った。1_20201203144801

ブロッコリーは中央に植えて、両脇にキャベツを植えている。どうしてもブロッコリーの葉に遮られてキャベツの出来が悪くなるので葉を間引きしている。

2_20201203144901

収穫したキャベツ

21

今年は条件に恵まれてブロッコリーの出来もいい。

3_20201203155901

間引きレタスと収穫した。

4_20201203160101

別の日にまた、ブッロコリーを収穫した。ピーマンも疲れ知らずの絶好調なのだ。

5_20201203160301

ブロッコリー、秋の日差しに守られて今日も成長。

夫婦二人では食べきれず。

6_20201203160501

ついに花を咲かせた。

花蕾を収穫したブロッコリーも負けじと脇芽にも花蕾をつけ始めた。

7_20201203160801

ピーマンも負けじと花が咲いて実をつける、絶好調サイクル。

紹介はしていないが軟弱野菜達も「食べて!!」と叫びやがる。

緑の手を持った俺はどうしたらいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

ウコンとコロナと友

  帰省した三女と俺の野菜でキムチ鍋を食べた話を書いた。その時にニラも収穫した。でも、よく見ると葉が茶色い部分があったので、調べて見た。

さび病であることが分かった。

秋口に多い、風通しが悪いとかかる野菜の病気。

ようするに野菜につくカビ。

鍋には入れず廃棄した。

 

1_20201115143401

農薬の指導員を今も続けている友に「無農薬が安全とは限らない。

病気の野菜を食べると不調になる人もいる」と言われたことを思い出した。

安心と安全は別物」だと気づかせてくれた。

 

彼とは年に数回、飲みに行き、お互いの仕事の話等を昨年までしていた。その楽しみもコロナで出来なくなった。

 

講演などで宴席が多い彼は俺のウコンをたいそう気に入り、

「ウコンなしでは仕事が出来ない」と言っていた。

 

昨年は俺の畑は台風の被害でウコンの収穫もままならず、

放置して彼に渡せずじまいになっていた。

 

昨今はコロナで宴席は少なくなったと思うが

ウコンを収穫して彼の近況を確かめて見ることにした。

2_20201115145501

ウコンは植えっぱなしなので世話はしなかった。

葉に隠れて花がいくつか咲いていた。

掘り出しやすいように葉を切った。

3_20201115150201

掘り出して、選別して出来の悪いもの、中心部にあるものを種芋にし、

同じ場所に植えもどした。

 

後は春先、化成肥料を追肥するだけ。

世話はバラのために水を撒くときついでにする程度。

11月末までに収穫するだけ。

4_20201115150701

今年は追肥もしなかったので小ぶりなウコンであった。

送るウコンは何度か水洗いをして天日干しで乾燥させると表面に皮が出来る。

それを宅配便で彼の家に送った。

5_20201115151501

彼からメールで感謝された。

今は自宅で仕事することが多くなり移動時間が無くなったので空いた時間で体を鍛えているそうだ。

元気で良かった。

 

若い頃、彼とはテントを持って雪山に登った仲だ。

早く結婚した彼は俺との危険な山登りは止めて、息子さんとテントを持って槍ヶ岳に登ったりしていた。

でも膝を痛めてそれも止めて、海の男に戻りサーフィンを一宮(オリンピック会場)でしている。

 

年を重ねた俺は山登りをやめ、体を鍛えるためにやっていたテニスもしていない。

今は家庭菜園と庭造り、

妻と大きな公園の展望台に登り、涼みにプール行くだけで満足する体になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

秋キュウリの収穫

今年の夏キュウリは物足りない結果になり、がっかりだった。

そこで、秋キュウリ用のタネを蒔いて育苗した話を書いた。

その続きである。

お盆過ぎでも体温ぐらいの暑さだったが

遮光ネットのお陰でキュウリの成長は絶好調であった。

1_20200926142701

秋キュウリの収穫は確実だと思っていた。

遮光ネットを外し、キュウリの黄色い花がたくさん咲いた。順調だった。

でも、キュウリの赤ちゃんが出来ないのである。花をよく見ると雄花ばかりであった。

心配になりキュウリの栽培方法を調べたら、脇芽に雌花がつくので摘心することが重要だと書かれていた。

秋は台風がくれば一気に終わる覚悟でキュウリを育っていた。

だから剪定もせず放任栽培で一度の大量収穫狙っていたので摘心をしていなかった。

9月中旬に摘心を急遽した。

ところがよく見るとキュウリの赤ちゃんが脇芽にできていたのだ。

2_20200926143801

あちらこちらでキュウリの赤ちゃんが生まれていた。

後は成長を待つだけ。

3_20200926144001

秋は暑いなかでの雨が多く、葉が病気になりやすいようだ。

Photo_20200926144201

でも収穫出来る。

今の収穫の主力はキュウリ、ピーマン、カボチャだ。

ミニトマトもオクラも終わりに近づいている。

朝食のトーストはトマトからキュウリに戻った。

Photo_20200926144301

台風が心配だったが今回は大丈夫だった。

それまでキュウリの収穫は続く。

 

 

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

白菜は定植しましたか? 早くしないと葉が巻きませんよ。

秋冬野菜で最難関は白菜栽培である。定植が遅いと葉が巻かないものになってしまう。家庭菜園を始めたM農園では盆過ぎに白菜のタネは蒔いたかが戦いの合図であったと、このブログの初期に書いた。

7月にタネを蒔くと、アブラムシが介在してウイルス病になって白菜が育たない。

8月中旬~9月中旬にタネを蒔かなくてはならないのだ。

盆前に年内取りの小形白菜「さとぶき613」をプランターに必要分の半分ぐらいのタネを蒔いた。

少しずらして晩成種の小形白菜「冬月90」のタネを蒔くからである。両者とも3Kg玉。

家庭菜園を始めた当初は大形種の3種の白菜のタネを買い10年ほど持ち、新規購入はできなかった。

その間、新品種は小形種に移っていた。今でもタネが売り出されている品種は「富風」だけになった。

5Kg玉である。家で家庭菜園を始めた当初に道行く人は大きな白菜を見て驚かれた。

 

下はタネ蒔きして3週間ぐらいの「さとぶき613」。

1_20200923114301

9月になったので定植は出来る。育苗は前回投稿のキャベツ、ブロッコリーと同じである。

畝作りもキャベツと同じ。ただスペースの都合で2列栽培にした。

1_20200923114401

今年は9月上旬までは体温ぐらいの暑さであったのでキャベツに使っていた遮光ネットを白菜に回した。

Photo_20200923114401

9月上旬に今度は「冬月90」をあいたプランターに土を入れ替えずにタネを蒔いた。

二週間ほど育苗して定植した。

前回より小さめであるがマルチをした畝ならすぐに大きくなるから定植を優先させた。

1_20200923114402

定植2週間過ぎの「さとぶき」である。白菜はキャベツに比べ成長が早いのだ。

 2_20200923114501

「冬月90」を定植して寒冷さでトンネルにした。

奥はキャベツとブロッコリー。

2_20200923114502

台風が近づいてきたので対策として上から抑えた。

Photo_20200923161501

昨年は史上最大の台風で秋冬野菜は栽培できず、白菜をスーパーで買って悔しい思いをした。

今年は俺の白菜を堪能する。

寒くなり巻が不十分であればこのトンネルに保温材のベタがけ不織布を被せる予定である。

白菜は適期のタネ蒔きと定植、そこに防虫もかねてネットや不織布で保温すれば葉が巻いた白菜が収穫出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

キャベツ金系201とブロッコリ緑嶺の栽培

  秋冬野菜は盆過ぎにタネ蒔きをしていた。今年は暑い7月の終わりにキャベツとブロッコリーのタネを平鉢に蒔いた。この野菜は白菜、大根に比べ成長が遅く、暑さに強いので例年より早まきした。

この時にオルトランを土にばらまいて防虫対策をした。夏のタネ蒔きは虫との戦いだ。ネットをしても隙から襲われたり、ネット防除しても風通しが悪いので育苗に支障をきたすことが多い。

1週間ほどすると発芽してくる。これはキャベツ。

Photo_20200914110901

下の双葉はブロッコリーだ。平鉢には間隔を空けてタネを必要な苗の1.5倍ぐらい蒔いている。

ポットではなく、平鉢に蒔くのは土の均一性、水やり、防虫対策がし易いからだ。キャベツやブロッコリーは移植に強い野菜なので手間のかかるポットをあえて使わない。

鉢の横に野菜名を書いている。20年近く前だが水性マジックでかいたので消えてしまた。今では双葉が似ているキャベツとブロッコリーの違いは分かるようになったが、必ず名前を書いている。

Photo_20200918220701

下は育苗2週間後の苗。

緩効性肥料を使うのがベストだが高いので液肥で幼苗は育苗している。幼苗に速効性肥料を使うと肥料やけして苗を枯らしてしまったからだ。

写真ぐらいになったら即効性肥料を株間に土の上からばらまきしている。水をやるたび少しずつ肥料が溶け出すことを狙っている。

2_20200918220801

左がキャベツ。右がブロッコリー。色の深みとキャベツの方が丸みを帯びている。

1ヶ月後で定植。直前の苗。

1_20200918220801

苦土石灰と鶏糞を土に混ぜて110cm幅畝に黒マルチをした。

苗の定植時はオルトランを混ぜて、更にスプレータイプの農薬で防虫対策をしている。プロの農家とは違い、これでも減農薬なのでダンゴムシが畑に大量に住んでいる。ので植え付けの時は念入りにしている。

中央にブロッコリーを植えて両端にキャベツを定植した。今回は早まきしたのでキャベツだが、例年は結球レタスかリーフレタスだ。ブロコリーは花蕾が出来るまで時間がかかるので、その前に収穫が出来る野菜を両端に定植している。

大型のトンネルなので180cm幅の寒冷さを2枚使っている。固定は洗濯ばさみを使っている。専用のものだと外すのも手間だし、劣化も激しいので安価な洗濯ばさみを使っている。バラの誘因と共用である。

Photo_20200918222501

今年はプロの農家でも、暑さで3割の定植苗を枯らしたと聞く。秋キュウリに使った寒冷さを使った。もちろん水まきは状況を見てできる限りした。余った苗も捨てずに予備として平鉢で育苗していた。出番は無いので廃棄した。

Photo_20200918224801

体温を超える暑さはなくなったので遮光ネットは外し、光を存分に与えた。

Photo_20200918224802

最後に品種について。

金系キャベツはとう立ちしにくく、55年間に及ぶベストセラー品種だ。銚子の灯台キャベツが有名。冬から春る収穫するキャベツとして使っている。

ブロッコリーは緑レイ。中心の花蕾が終わると側枝が収穫出来、長く楽しめる家庭菜園向きの品種。色々の品種を試したが最初に栽培したこの品種に戻った。 

 

ビール等でも目新しいものが出るが結局は定番に戻るのと同じ。

品種も古い新しいではなくいいものはいいということだ。

収穫は10月末から11月上旬ではないかと思っている。

Photo_20200923114001 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

秋なすの剪定

残暑が続いている。盆も過ぎ秋野菜の準備を始めている。秋冬野菜の投稿は次回以降にするとして夏野菜から秋野菜につなぐナスを取り上げる。

数年前までタネからナスの苗をたくさん作っていたので秋ナスの剪定をしていなかった。同居家族が減り、ナス需要も減って苗作りは縮小していった。それで秋ナスの剪定を再開した。一株を長く生かす方針に変えたのだ。

定植を終えて本格的な収穫が始まった8月上旬から秋ナスの剪定をした先週までを振り返って投稿する。

3_20200906144201

サカタのタネで購入した苗は丸ナス「黒福」と長なす「飛天長」。いままでナスは色々試した。昔からこのブログを読んでいる人は分かる思うが「飛天長」は柔らかくいいナスだ。この夏野菜セットを選んだのもこのナスがあったから。

今回は栽培していなが一番のお気に入りは「ふわとろ長」だ。来年は苗からは止めて冷蔵庫に眠るタネから「ふわとろ長」をする予定である。

下のナスは「黒福」特に特徴はないが収量が多い。3本仕立てにしている。狭い庭なら2本仕立てでもいい。トマトで取り上げた枝数の考え方と同じ。

1_20200906114801

下は長なすだ。妻もこちらのナスの方が柔らかくて美味しいと言ってた。

2_20200906114801

今年は梅雨明けが遅く、収穫の盛りは8月中旬のお盆過ぎだった。

4_20200906143701

大玉トマトは終わりに近づいている。ミニトマトとピーマンはまだ好調だ。

収穫して外水道で洗ってカゴに入れてデッキまで持ってくるのが俺の仕事。後は妻に任せる。

5_20200906143701

洗いカゴに分けて妻は冷蔵庫で保存したり料理に使う。ナスは焼きなすや、マーボーナスに料理してくれる。

 

2種類ナスを栽培しているが全て秋ナス剪定をしてしまうと1ヶ月ほどナスが収穫出来ない。

そこで疲れているナスを剪定するのだ。幹が大きくなって花の数がすくなくなったものを選ぶ。

またナスが堅くなってタネが残るようなら秋のナスの剪定時期でもある。

長なすが勢いがなかったので「飛天長」を秋き剪定した。

中央の2株。

6_20200906145101

中央右側のナスの枝を1/3に切り詰めた。

7_20200906145301

スコップでマルチの上から円を描くようにナスの根を切る。

スコップ差し込んだ裏面から化成肥料を入れる。

一握り半ぐらい。約20gぐらい。

もともと元肥に鶏糞の有機肥料を使っているので持ちがいいのだ。

8_20200906150301

2株剪定して、足で踏み固めて水を与えて秋ナスの剪定は終わり。

根が活着することが重要なので台風がこない時を狙ってする。

秋ナスの剪定は「ナスの夏休み」。疲れたナスを休ませて秋に活躍してもらう作業。

1ヶ月もすれば、少し小さく色艶がよく柔らかいナスが取れる。

 

残暑は厳しいが季節は秋冬野菜に巡ってきた。

「白菜のタネは蒔いたか」と家庭菜園を始めたM農園の人達を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

夏なのに豊作のピーマン

 盆も過ぎたのに猛暑が続き、朝晩の水やりが欠かせない日々を過ごしている。今年は秋バラを咲かせるために、葉の再生を目指して水やりをやっている。ついでに野菜達にも水を与えている。

なぜか、今年はピーマンが絶好調なのだ。家庭菜園を初めて20年経つが1株の収穫量は最高である。今年は苗をサカタのタネから入手したデカチャップである。普通のピーマンの2倍ぐらいあるもので数年前売り出された新しい品種。

1_20200830142801

デカチャンプは売り出されてすぐにタネを入手して3年ほど育てたが収量は他のピーマンと変らなかった。

ピーマンは温度が下がる秋に収穫が増えるので「秋野菜ピーマン」と、このブログに投稿した。

今年はどうして暑い夏に収量が上がったのか?

品種ではない。朝晩の水やりが収量をあげたと推論に至った。ナスも絶好調なのだ。

ピーマンの栽培は二株だけなのである。

Photo_20200830143601

ピーマンの栽培で大事なのは剪定である。トマトで書いたが枝数で実の大きさと、収量数が決まる。

ピーマンは脇芽が幹と同じ大きさなので脇芽取りを怠ると、枝数が増えて成長に支障をきたす。

たくさん脇芽が増えてしまったら、花がついていても枝を切り落として実をコントロールしている。

2_20200830144201

自宅の庭でボウフラが繁殖しないように水たまりを作らないようにしていて、睡蓮を育てている池や樽にはメダカや金魚を飼って防除している。

でも気になるので防虫スプレーを使っている。

Photo_20200830144401

たくさんとれたピーマンで肉詰めを作ってもらった。大きいので肉がたくさんはいる。

デカチャンプは大きく柔らかく、苦みが少なく美味しかった。

一食一トマトもついてきた。ミニトマトも甘い。

夏野菜は絶好調である。

Photo_20200830145501

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

秋キュウリの栽培 遮光ネットは必要です。

 梅雨がようやく明けたと思ったら暑い夏が続いている。例年、夏の盛りは市の室内プールで妻と涼んでいた。ところが今年はコロナの影響でしばらくお休みしていて再開した途端にポンプの故障でプールが休館なのである。仕方がないので映画館に妻と行き「今日俺」を楽しんだ。

自分はプールで涼めないが朝晩は熱心に水やりをして植物を守っている。お陰でほぼ大丈夫なのだがキュウリはたいして実もつけずに寿命がつきようとしている。奇形の実ができはじめた。味も美味しくなくなった。

Photo_20200815153101

コロナの影響で同県に住む、三女だけが帰ってきた。毎年出来すぎるキュウリを前に「我が家の食卓は一食一キュウリ」とほざいた奴だ。一人暮らしを始め俺の野菜の味の偉大さを知ったようだ。持って帰ると言ったがキュウリはないと俺は言い放った。

下の写真が今の現状。

Photo_20200815153102

俺の凄いところはこの現状を見越して秋キュウリの栽培を始めていたのだ。今年は事情があってサカタのタネで苗で済ませた。だから、冷蔵庫にタネが残っている。7月中旬にタネを蒔いた。

手前の二つは四葉キュウリ「黒サンゴ」で漬物用。後ろの4つはフリーダムだ。6粒蒔いてすぐに発芽した。

Photo_20200815153103

さすが暑いときのタネ蒔きは楽だ。一週間ぐらいで本葉が出た。

Photo_20200815161301

このあいだに、植える場所の畝と倒れない支柱を立てた。キュウリの収穫は10月末で止めて、その後に、その畝にスナップエンドウ、グリーンピースをタネを直まきして春と6月にそれぞれ収穫する計画である。家庭菜園ならではのゴザエモン テックニックだ。昨年は豆類はタネ蒔き出来なかったので妻も楽しみにしている。

Photo_20200815162201

8月上旬に殺虫剤を土に混ぜて苗を定植した。俺の菜園スペースは日当たりが良く、終日光が射す。夕方は家側で日陰になるところがある。小さい苗の成長を助けるために日の当たる道路側に植えつけた。朝晩の水やりは欠かさず活着させた。

中旬になると体温を超える熱暑になった。昼、クーラーの効いている室内から窓越しに菜園スペース見ると小さい苗がしおれていた。夕方、水やりをやれば復活すると見た。

夕方、水やりをやった。翌朝にもダレたままだった。水をやり復活を信じていた。ところが昼見ると、隣の苗までマルチに葉を横たえている。

俺はここに至って事の重大さに気づいた。「ライオンは我が子を谷底に落とし強いものを育てる」都市伝説のようなことを幼いキュウリにしていたのだ。

至急、救急体制に入った。暑い日中、俺は遮光ネットを被せに家を出た。

Photo_20200815162601

これ、20年前ほどのもの。夏にパンジーの育苗に使う目的に買って、一二度使い、しまっていたものである。

遮光ネットのICUにいれたが小さい苗は枯れてしまった。更にしおれた株が増え、げんきなのは3株になった。

Photo_20200815162602

「今日俺」は、あいた3株のスペースをどうしようか悩みながらこのブログを書いている。

また、キュウリの苗を作るか?

それとも秋ピーマンを作るか?

そんな植物を守る暑い夏だ。

 

「俺のキュウリに手出すんじゃね」

と叫ぶことを忘れずにブログにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧