ブロッコリー

2020年12月 3日 (木)

緑の手を持つ男のブロッコリーに花が咲く。

  秋温かく野菜達の生育が良い。それに昨年、家庭菜園が災害の影響で出来なかったので本気で適期に植え付けたからだ。緑の手を持った俺としては満足だ。

寒冷紗の大型トンネルがはち切れそうだ。9月中旬に定植したブロッコリーとキャベツ。収穫を10月下旬から行った。1_20201203144801

ブロッコリーは中央に植えて、両脇にキャベツを植えている。どうしてもブロッコリーの葉に遮られてキャベツの出来が悪くなるので葉を間引きしている。

2_20201203144901

収穫したキャベツ

21

今年は条件に恵まれてブロッコリーの出来もいい。

3_20201203155901

間引きレタスと収穫した。

4_20201203160101

別の日にまた、ブッロコリーを収穫した。ピーマンも疲れ知らずの絶好調なのだ。

5_20201203160301

ブロッコリー、秋の日差しに守られて今日も成長。

夫婦二人では食べきれず。

6_20201203160501

ついに花を咲かせた。

花蕾を収穫したブロッコリーも負けじと脇芽にも花蕾をつけ始めた。

7_20201203160801

ピーマンも負けじと花が咲いて実をつける、絶好調サイクル。

紹介はしていないが軟弱野菜達も「食べて!!」と叫びやがる。

緑の手を持った俺はどうしたらいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

キャベツ金系201とブロッコリ緑嶺の栽培

  秋冬野菜は盆過ぎにタネ蒔きをしていた。今年は暑い7月の終わりにキャベツとブロッコリーのタネを平鉢に蒔いた。この野菜は白菜、大根に比べ成長が遅く、暑さに強いので例年より早まきした。

この時にオルトランを土にばらまいて防虫対策をした。夏のタネ蒔きは虫との戦いだ。ネットをしても隙から襲われたり、ネット防除しても風通しが悪いので育苗に支障をきたすことが多い。

1週間ほどすると発芽してくる。これはキャベツ。

Photo_20200914110901

下の双葉はブロッコリーだ。平鉢には間隔を空けてタネを必要な苗の1.5倍ぐらい蒔いている。

ポットではなく、平鉢に蒔くのは土の均一性、水やり、防虫対策がし易いからだ。キャベツやブロッコリーは移植に強い野菜なので手間のかかるポットをあえて使わない。

鉢の横に野菜名を書いている。20年近く前だが水性マジックでかいたので消えてしまた。今では双葉が似ているキャベツとブロッコリーの違いは分かるようになったが、必ず名前を書いている。

Photo_20200918220701

下は育苗2週間後の苗。

緩効性肥料を使うのがベストだが高いので液肥で幼苗は育苗している。幼苗に速効性肥料を使うと肥料やけして苗を枯らしてしまったからだ。

写真ぐらいになったら即効性肥料を株間に土の上からばらまきしている。水をやるたび少しずつ肥料が溶け出すことを狙っている。

2_20200918220801

左がキャベツ。右がブロッコリー。色の深みとキャベツの方が丸みを帯びている。

1ヶ月後で定植。直前の苗。

1_20200918220801

苦土石灰と鶏糞を土に混ぜて110cm幅畝に黒マルチをした。

苗の定植時はオルトランを混ぜて、更にスプレータイプの農薬で防虫対策をしている。プロの農家とは違い、これでも減農薬なのでダンゴムシが畑に大量に住んでいる。ので植え付けの時は念入りにしている。

中央にブロッコリーを植えて両端にキャベツを定植した。今回は早まきしたのでキャベツだが、例年は結球レタスかリーフレタスだ。ブロコリーは花蕾が出来るまで時間がかかるので、その前に収穫が出来る野菜を両端に定植している。

大型のトンネルなので180cm幅の寒冷さを2枚使っている。固定は洗濯ばさみを使っている。専用のものだと外すのも手間だし、劣化も激しいので安価な洗濯ばさみを使っている。バラの誘因と共用である。

Photo_20200918222501

今年はプロの農家でも、暑さで3割の定植苗を枯らしたと聞く。秋キュウリに使った寒冷さを使った。もちろん水まきは状況を見てできる限りした。余った苗も捨てずに予備として平鉢で育苗していた。出番は無いので廃棄した。

Photo_20200918224801

体温を超える暑さはなくなったので遮光ネットは外し、光を存分に与えた。

Photo_20200918224802

最後に品種について。

金系キャベツはとう立ちしにくく、55年間に及ぶベストセラー品種だ。銚子の灯台キャベツが有名。冬から春る収穫するキャベツとして使っている。

ブロッコリーは緑レイ。中心の花蕾が終わると側枝が収穫出来、長く楽しめる家庭菜園向きの品種。色々の品種を試したが最初に栽培したこの品種に戻った。 

 

ビール等でも目新しいものが出るが結局は定番に戻るのと同じ。

品種も古い新しいではなくいいものはいいということだ。

収穫は10月末から11月上旬ではないかと思っている。

Photo_20200923114001 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

冬野菜 ブロッコリー、キャベツの収穫

 自宅で家庭菜園をするようになって、収穫する野菜は料理長の女房にお伺いをたってから行っている。白菜、カブ、小松菜におされキャベツはなおざりにされていた。

 ブッロコリーの花蕾も大きくなって、食べごろになったので、一緒の畝で育てているキャベツの収穫もお許しを与えられた。

 

Photo


 キャベツは鳥に食べられるのでネットをして、ブロッコリーは葉は食べられるが花蕾は食べられないのでネットをしていなっかた。葉を食べられると側花蕾は期待できない。たくさん栽培していた貸農園で問題ないがスペースのない自宅の庭では重要なのだ。そこで、今年はブロッコリーにもネットをした。

 

Photo


 土地の有効利用も兼ねて背の高くなるブロッコリーを中央に一列、両脇にキャベツとした。寒冷紗は2枚でトンネルをして畝幅をカバーしている。

 

Photo_2


 冬野菜は成長がゆっくりなので、都合の良い時に収穫できる。

 

そして、寒さにあたり、ゆっくり甘く美味しくなっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

夏の秋冬野菜のタネ播きと苗作り

B_012_4 

今は夏野菜の収穫の最盛期である。早春からタネ播き始めて暑い夏を迎えた果菜類の収穫で忙しい。でも、もう秋冬野菜の準備は始まっている。

 

2年前にもう、秋冬野菜」(リンク)で書いたようにこの暑い時期から秋冬野菜の準備が始まります。夏野菜の果菜類はタネから始めるのは初心者には困難が伴いますが、葉を食べる秋冬野菜はタネから始めても栽培期間が短く、失敗も少ないと思います。それに、1株からたくさん実の出来る果菜類と違い、葉菜類は1つしか収穫できないので苗から始めるのは収穫量の点からももったいない事です。ぜひタネから始めて、品種に拘った家庭菜園を始め下さい。

 

残ったタネは冷蔵庫で保管すれば数年は持ちます。これも前に「タネの保存方法」(リンク)でブログにしています。

 

B_002_3

キャベツ、ブロッコリーは移植に強い植物なので、セルトレイではなく手軽な平鉢にタネをばら撒きして、そこで1ヶ月ほど育苗して定植します。

 

右の写真は7月中旬にタネ播きしたキャベツ「新藍」です。定植できるまで成長しました。これは秋から初冬の収穫になります。盆過ぎには「冬王」を播き、冬収穫します。キャベツは時期をずらし、品種を変えて周年栽培しています。

 

B_004次の写真は手前は7月中旬にタネ播きした茎ブロッコリーです。これも定植適期を迎えています。早生品種なので11月には本格的な収穫が迎えられます。

 

奥はブロッコリー「グランドーム」です。同じく7月中旬播きして定植適期を迎えています。ブロッコリーは例年側花蕾の多い「緑嶺」を栽培していましたが、側花蕾は食べきれず花を咲かすことが多かったので花蕾の充実する品種「グランドーム」に替えて試すことにしました。

 

盆も過ぎれば白菜、レタス、ダイコン、ホウレン草、等の秋冬野菜のタネ播きが本格化します。今年は暑い夏が続きますが、家庭菜園はもう気分は秋冬です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

オータムポエムから茎ブロッコリーへ季節はめぐる

B_036_2

 

夏の終わりにタネ播きをして秋の途中で収穫を始めた、トウ菜と花蕾を食べるオータムポエムが今、花盛りである。

 

昨年のブログでオータムポエムのことを『 … … 次から次へと収穫が年末まで続く』と書いた。でも、本当はここ数年、俺は年末まで食べた事がないのだ。

 

10月、秋冬野菜のトップバターとしてオータムポエムの収穫が始まる。湯がいてサラダとして、またはベーコンと炒めて、付け合せにもなる。正真正銘の秋冬野菜として家族に喜んで食べてもらっている。

 

ところが秋も深まり、ホウレンソ、カブ、白菜などの秋冬野菜の収穫が本格化するとオータムポエムのポジションは彼らに奪われ、サラダとしての指名打者としかお呼びがないのである。

 

さらに、若く強力なライバルが11月中旬には現れ、サラダとしての指名打者も与えられなくなってしまう。同じトウ菜野菜の茎ブロッコリーの収穫が始まるのである。

 

B6_010_2

 

このライバルは、オータムポエムよりタフで、すぐに食べなくとも味は落ちない。スケジュールに縛られることを嫌う我が家の監督に茎ブロッコリーは重用されるのである。

 

冬になり甘さがのった茎ブロッコリーはサラダ、野菜炒め、付け合わせ、シチュウにと主力級にのし上がっていき、我が家の観客の賞賛を受けるまでになる。因みに監督は女房、観客は子供達なのだが。

 

この時期は誰もがオータムポエムのことなど忘れている。こうなったら育ての親であり、コーチの俺にも、どうする事も出来ない。彼には余力のあるうちに第二の人生を歩めと勧めるしかないのである。

 

『野菜としてではなく、花として生きろ』

 

花となったオータムポエムは「山の農園」のメイン道路沿いの我が畑で黄色い小花を満開にしている。通り過ぎる人達はこれがかつて野菜だという事を知らない。花として楽しんでもらえれば、それでいいと俺は思っている。

 

一方、秋冬野菜の主力になった茎ブロッコリーは2月になると力もなくなり、観客に飽きられ、監督にも使ってもらえなくなる。そして2月下旬には茎ブロッコリーは、少し苦味のあるトウ菜野菜になった白菜に、完全にその地位を奪われる。

 

めぐり、めぐる時代の途中で、

我々は、旬のものを追い求める。

… … … 。

この話は、俺の好きな「嵐」の歌がモチーフになっている。

そのフレーズを最後に終わることにする。

 

めぐり、めぐる季節の途中で何のトウ菜野菜を食べますか。

 

強く、強くお願いしたなら、どんな料理を作ってくれますか。

 

たくさん、たくさんトウ菜野菜を収穫したら、何色の未来が待っていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

秋冬野菜の収穫(4)キャベツ、ブロッコリー

B213_006_2  

収穫適期を迎えている野菜キャベツ類。すでに、話として詳しく説明しているので紹介のみだ。

盆蒔きしたキャベツ「新藍」。キャベツは周年栽培しているが、端境期に女房によく買われる。

ところが、今はキャベツの収穫期だが、あまり使ってくれない。この時期は鍋に使う白菜に料理の主役の座を奪われている。でも春先にはキャベツの出番になる。

B213_007

 そこで二度蒔きして早春に食べれるようにしている。昨年は10月上旬に「冬王」をタネ蒔をして備えたのだがトウ立ちにやられ、またしても買われた。今年は9月中旬に蒔きリベンジを狙っている。

写真は現在の様子。少し巻き始めたところだ。もし、これでも駄目なら、トウ立ちしにくい品種を探す予定にしている。キャベツはありふれた野菜だが栽培は手こずる。防虫と保温にマルチと不織布を使っている。後、定植時に殺虫剤を少量株元に混ぜ込んでいる。

 

B213_010

 

側花蕾も多く収穫できるブロッコリー「緑嶺」。長く収穫できるので家庭菜園向きだ。盆蒔きして一番早い株で10cm程度。来年からが本番の収穫となる。側花蕾は春まで収穫できるがあまりにも沢山出来るので途中で飽きられてしまう。

でも、我が家には強い見方がいる。ハムスター スノーホワイト「ラウス」。こいつが飽きもせずカブリついてくれるので自信を保っている。ラウスも、生後3年目の爺さんになり歯が駄目になった。

この冬越せるかどうかは私の野菜にかかっている。私の野菜だけがこの小さな命をつなぐ。

責任重大である。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

秋冬野菜の収穫(1) 茎ブロッコリー、カブ

秋冬野菜の収穫が始まっている。前にこのブログで話として取り上げた野菜達なので今回は詳しい説明はしない。写真中心の栽培報告だ。

 

B9_004

 

茎ブロッコリー「スティックセニョール」。ここ数年はブロッコリー「緑嶺」のみだった。ブロッコリーは側花蕾も春まで収穫でき、多すぎるので控えていた。今回は「緑嶺」のタネがなくなりかけ苗不足になりそうだったのでまた栽培した。茎ブロッコリーは早生なので早く楽しめて良い。でも寒さが本格的になっていないので甘みはまだ少ない。

B9_003 

中カブ「玉波」。

我が家の定番カブ。ぬかづけ、炒めものと大活躍野菜だ。虫の少ない10月上旬蒔きして無農薬栽培だ。葉っぱまで美味しく食べれる。それと11月上旬蒔きしている。いつものなら11月中旬にも蒔いていたが、いつも収穫残りができ、春には菜の花畑化していた。今年はタネ播きは2回で止めた.。

寒くなりこれからが真価を発揮する野菜達である。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

秋冬野菜の育苗

 秋冬野菜の白菜、キャベツ、ブロッコリーの育苗をベランダで行っている。タネ播きは平鉢、プランタにする事が多い。簡単で楽だからである。それに、畑の準備にも余裕ができる。

 

 例年は盆過ぎにタネを播くのだが今年は残暑が厳しかったので9月になってしまった。

 

暦ではなく自分の体感を大事にしているのだ。

 

とカッコイイ事を言っているが植物の事をおもんばかったのではない。私自身が暑く、先延ばしにした結果だ。

 

 タネを播いて3週間、順調に成長してきた。直播ではないので発芽率も高く、育苗には農薬も使っていない。培養土には肥料をいれていないので、液肥で補っている。

 

育苗で重要なのは間引きであるが、これが悩みのタネである。育ちの悪いものは除くのは簡単だ。でも、育ちが良くても、どれかを間引かなければならない。成長も遅れるし、徒長するからだ。それに、 苗が多くなると、収穫が多くなり、後々困るのだ。

 

 たかが、家庭菜園であるが自分を律する強い意志が必要である。

 

何事もそうか。

 

 

 

写真の苗は、この後、最後の間引きをして、来週、定植を予定している。尚、間引きは残す苗の根を傷めないように鋏で根元から切っている。

 

 004

 

 

 

白菜「富風」タネは6シーズン目のものだ。

 

順調だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

002 これももうひとつの白菜「緑塔紹菜」通称タケノコ白菜だ。これは5シーズ目のタネを使っている。

 

白菜は今年、この2品種を栽培する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001 秋キャベツは「新藍」だ。これも、タネは3年目。

 

10月に種蒔を予定しているのは「冬王」だ。これは、初めて試す品種だ。

 

春キャベツは「みさき」を栽培している。

 

キャベツは季節によって品種を変えている。キャベツは移植に強く、播きどきも広い。1回に作る量は少なくして、1品種複数回作ることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

003 ブロッコリー「唐嶺」。これは側枝花蕾が沢山取れる。前は、茎ブロッコリも併用していたが、食べきれないので、この一品種で十分だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、暑いけれど、これらの定植の畝を作らねば。

 

美味しい野菜は食べれない。

 

秋は短い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

ブロッコリー『ハムスターも喜ぶ野菜を作るぞ』前編・・・第3話

Photo_4 

 

 

 

 

家庭菜園のブロッコリーは、お得な野菜である。おおきな花蕾が終わったと思ったら脇から、次々と花蕾が出来るのである。こんなに、ポイントが充実した物も他にあるまい。

 

そんな、ブロッコリーを称えるために僕は歌を作った。「ブロ~ッコリー♪♪~♪♪」お聞かせできないのが残念?吉田拓郎作曲『メランコリー』のメロディーにのせて歌うのである。ブロッコリーを栽培して5年、これを歌い続けている。

 

最初は娘達も喜んでくれたが今では末の娘にしか相手にされていない。(実は皆、呆れているらしいとこのブログを書いていたら判明)歌はともかく、僕の育てたブロッコリーは大人気の野菜である。彼女たちの飼っている「ハムスター」にも大人気である。

 

小田原にいる頃は、ハムスターは金の掛かるネズミだと思っていた。ところが、市原に来て家庭菜園を始めた途端、心境の変化が起きたのである。娘達から『パパの育てた野菜は、ハムスター達の大好物だ』と知らされたときからかわいくなったのである。

 

海を越えてつれて来たハムスターは、名は「リリ」と言い、ジャンガリアンのノーマルタイプのものだ。3年も生きた長寿命のハムスターである。普通は1~2年ほどで一生を終えるらしい。

 

3年も生きた事で「そのスジ」の人達から娘達は一目置かれた?ようだ。2年目から歯が悪くなったので、僕の野菜を食べたのが高寿命の秘密らしい。さしずめ僕が影の功労者だと言うわけだ。

 

娘たちの手柄を取るパパ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものの本で読んだところハムスターの様な小動物は、体が小さいので食べられる量は限られる。それで栄養価の高い餌から食べるそうだ。要するに美味しいものから食べるのだ。食べて頂けると言うのは美味しい野菜という事だ。(何故か?敬語になってしまう)。義理とか人情とか安いからとかの損得勘定なしの

 

味勝負。

 

食べて頂けるか。足蹴にされるか。

 

 

 

 

 

こうやって週末農夫は鍛えられるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ハムスターも喜ぶ野菜を作るのだ!!!!』

 

どうやら、男の面子は保たれている。

 

009_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後編に続く

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリー『ハムスターも喜ぶ野菜を作るぞ 』後編・・・第3話

A001

 

前編からお読み下さい

 

 

 

 

 

 

 

ハムスター達にも大人気のブロッコリーには天敵がいる。

 

それは天使の羽を持つヒヨドリだ。こいつらは集団で12月頃やって来てブロッコリーに襲いかかる。ただ、救いなのは大きな花蕾は目もくれず、葉を食べる。でも、葉を食べられると言う事は光合成できなくなるので、人間で言えば差し詰め『植物人間』になるようなものだ。ん?・・・要は、エネルギー不足で脇の花蕾ができにくくなるのだ。

 

 ネットを被せるのは面度なので、早生のスティックブロッコリーと側花蕾が多い収穫の長い唐嶺(サカタのタネ)で収穫量を確保している。

 

その後、M農園が閉鎖になり、牧草地の跡地である山の農園に転居した。そこには悪魔のヒヨドリ達は集結していなくて、昨シーズンはブロッコリーの大豊作になってしまった。

 

Photo_7

 

食べきれず思った。ハムスターが100匹、いや、10000匹は飼いたいとこのときは思った。

 

『ハムスター飼うべし!』 

 

 

 

 

 

 

 

―――ではなくて『ブロッコリー作るべし!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予定 「白菜栽培は戦いだ!!!!」

 

 

 

『ハムスターの小部屋』

 

 

 

 

 

 

種類

 

 

 

 

 

 

ゴールデン 長毛から短毛など多種類

 

ジャンガリアン ノーマル スノーorパールホワイト ブルーサファイア プティング

 

キャンベル イエローなど多種類

 

クロハラチャイニーズ・ロボロフスキー  など

 

 

 

下を見よ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパへ おやすみ。ハムちゃんのブログ楽しみにしているよ。

 

・・・これは野菜のブログだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧