ダイコン

2021年1月 3日 (日)

俺の野菜を食べて心を燃やせ。

秋野菜のピーマンが枯れたのは12月20日のことだった。

ここまで頑張ったので夏、秋、冬野菜と呼んでも良い。

俺たち夫婦の為に命を燃やしてくれた。

1_20210103143201

最後のピーマンの収穫は肉詰めにしてもらった。

肉厚なピーマンだ。寒さにあたり苦みが増した。

サラダは収穫が始まっていた結球レタス。

2_20210103143201

畝はそのまま、空豆の居場所になる。

ここにはピーマンの他になすを植えていた。

畝の中央部は空いているので10月中旬に空豆のタネをなにもせずに蒔いている。

空豆は昨年、就職で家を出た三女の大好物。

3_20210103143201

下はレタス。縁に結球レタスを植え付け、

中央部にリーフレタスを植えている。

最初に結球レタスを食べてリーフレタスをリレー食べた。

寒さに強いレーフレタスにはベタがけ不織布を使わずに彩りを楽しんでいた。

だがムクドリの一家が寒くなると訪れて糞だらけにするので

数年前より花壇ではなく、畑スペースで栽培をしている。

6_20210103145301

ダイコンは2品種栽培しいている。その左側にはゴボウ(短いタイプ)を栽培している。

長いことタネを冷蔵庫で眠らしていたので、9月上旬に第一弾のダイコンと同じ日にタネを蒔いた。

4_20210103145301

ゴボウにとってはタネ蒔きが遅かったのでダイコンのようには成長していない。

鍋に入れて食べた。

5_20210103145401

夫婦二人では食べきれない量の野菜を育ているのだ。

仕事が忙しくコロナが蔓延して、娘達も思うように実家にかえれないでいる。

今年は全員そろいそうだという話だったがコロナ対策で3女がいつ帰れるか分からない。

次女がふるさと納税で手配してくれたすき焼きの肉が送られてくるので白菜と下仁田ネギを収穫しておいた。

今年は下仁田は栽培が遅かったので出来は今までで最低だった。

7_20210103150901

なんとか年末は三女も帰省できて家族一同そろって俺の野菜ですき焼きを食べることが出来た。

でも、つかの間で彼女は最後に来て、最初に帰っていた。

俺の野菜を所望され、白菜を二玉とダイコン、レタスを持って帰っていた。

そしていつものようにメモに書き残していった。

それを見た俺は彼女に俺の野菜を食べて、

人のために心を燃やせと言って送り出した。

8_20210103150901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

横綱ダイコンの収穫

 冬野菜がしっかり育ち、寒さにあたり甘く美味しくなってきた。

 

下部がでっぷり太り、これ以上大きくなれないダイコンを収穫している。

 

大きいものから収穫するのが家庭菜園の掟だ。

 

今回は本格収穫になって2番手なので西の横綱と呼ぶことにした。

 

Photo

 

次女が重さを量って、私が赤ちゃんの時より重いと言っていた。

 

一本2700gであった。

 

Photo_2

 今年はダイコンの大豊作。ダイコン料理に注力してもらっている。

 

三女の料理の課題の「おせち料理」でも使ってもらった。紅白ナマスになる。

 

正統派の日本料理は素材をいいところだけ使うので期待に反してほんのわずか。

 

幸い、長女も帰省していたのでオデンでも食べた。

 

練り物が嫌いな長女に合わせて女房があみ出したダイコン主体の鍋だ。

 

助っ人の長女も次女も帰ってしまった。畑にはダイコンが残された。

 

Photo_3
横綱ダイコンと呼んでいたら、葉っぱが「おおいちょう」のように見えてきた。畑では明日の横綱を目指すダイコン達が大きくなっている。

 

日本人で横綱を目指せる力士が出てきたら感情移入できるのにな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2012年12月 1日 (土)

自宅の庭での秋冬野菜の収穫

 昨年、引っ越しが重なり秋冬野菜のダイコン、白菜、下仁田ネギは栽培しなかった。

 

今年は下仁田ネギは春先、ダイコン、白菜は9月上旬タネを蒔いた。

 

B_2


白菜はべた掛け不織布を被せて保温した。ダイコン、下仁田は除草と追肥を兼ねて土寄せを1回しただけだ。秋冬野菜栽培は害虫も少なく、雑草の勢いも弱いので手間いらずだ。

 

B_3

 

 葉物の白菜は先ず先ずの出来であったが、ダイコン、下仁田ネギの成長が遅い。建築用土に堆肥などの園芸資材をぶち込んでいるが、1年では土は改良できない。前の農園の状態の土になるのは5年後か。ゾウの時間が必要だ。

 

 普段はネズミの時間に生きる俺がゾウの時間に生きる人達に喜ばれるものを今年はひとつ作った。

来年もゾウさん達に気に入られるものを幾つか届けようと思っている。

完成までもう少しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

秋冬野菜の収穫(3) ダイコン、ニンジン、ゴボウ

 207_010

今収穫している根菜類の紹介だ。すでに、話として取り上げたので詳しい説明は省く。

 

B207_002_2

秋冬野菜の定番中の定番野菜ダイコン。品種は「冬自慢」を栽培してる。盆と9月中旬、それと10月上旬に3回に分けてズッキーニの跡地にタネを蒔いた。写真は9月中旬まきのものだ。これから鍋に大活躍する野菜だ。

 

207_004 

ニンジンは「ベターリッチ」を周年栽培している。今収穫が始まっているのは9月上旬蒔きしたもので収穫は2月まで続く。写真は10月中旬蒔きしたもの。いつもは11月上旬播きしていたが、例年大きく育つ前にトウ立ちするので少し早まきした。これでも同じ結果になるのなら来シーズンは更に早蒔きをするつもりだ。次回のタネ播きは3月上旬に始める。

 

207_007_2

 

10月に報告したゴボウ。この写真は9月下旬タネ播きの成長したものだ。雑草が少ないのは先週、末娘がジョギング後、草取りをしてくれた。これは春先にはトウ立ちするものもあるので収穫するタイミング難しい。

 

冬の根菜類は寒さで甘くなる。それと成長が遅くなるとより美味しさが増すらしい。それで肥量も少なめにしている。

 

こんな栽培を許されるのも家庭菜園のよいところだと思っている。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

秋冬ダイコンのタネ播き

 秋冬野菜の中でダイコンの栽培は最も簡単だ。

畑を耕さず、間引きもしない。タネを播いて収穫するだけだ。ダイコンは直根などで直播だ。移植は出来ない。詳しい栽培方はダイコンは・・・栽培ポイントを見てほしい。

 

 今年は1回目のタネ播きは9月1日に行った。残暑が厳しいので、虫の活動が心配だった。それで殺虫剤(移行浸透性)を少量土に混ぜ込んだ。品種は「冬自慢」だ。3シーズン目のタネだ。12粒播いて10粒発芽し、順調に成長している(それほど発芽率は気にしていない。また播けばよいのだから)。

 2回目の秋冬ダイコンのタネ播きは無農薬である。9月24日に行った。1回目で発芽しなかった所と新たに12箇所に一粒ずつタネを播いた。

ところが今日見たところ2回目は一株しか発芽していなかったと言うか虫に食べられたのだ。今年はまだ、暑く虫の活動が活発だたのだろう。明日またタネを播くつもりだ。

 さらに、後2回ほど時期をずらして無農薬で種まきを行う予定である。こうすることで家庭菜園で最も重要な収穫時期を長くコントロールしている。

 今年はサカタのタネが品種「天竜」を発売しなかったので「冬自慢」一品種になる。

 これから寒くなりダイコンの美味しい季節がやってくる。

 

002

(一回目の「冬自慢」)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ダイコンは親の気持ちで育てるのだ・・・第2話

D2_1

 

 

 

  家庭菜園のダイコン二つの味を持つ野菜である秋、冬ダイコンは甘く、我家でも大人気の野菜だ。

 

ところが、春夏ダイコンになると苦く、辛くなり、なおざりにされる野菜でもある。

そんな、苦くて辛いダイコンがたまらなく好きな人がいる。M農園の主、ハクサイ栽培の王者Nさんである。そのハクサイは無農薬で・・・。おっと、今回の主役はダイコンであった。また、別の機会に話そう。

 

4年前、そのNさんが『ダイコンは苦く、辛いのが一番。子供のうちにその味を覚えさせないと味覚がだめになる』と言うのである。最もだと思い苦く、辛いダイコンを「歯を食いしばって」育てて食べていたのだ。

 

 ある日、妻が『熊は冬眠から目覚めると初めに苦く、辛い、野草を食べて体を起こす』のだとテレビで見た事を話したのである。妻は美味しい物を作って食べる事と寝る事に執着――いや大変興味がある人なのである。なんせ子供の頃から「なぜ人間は冬眠しないのか?」と残念がっているぐらいの人なのだ。さらに続けて『細胞を活性化させるために食べるのよ。要するに体が欲するのね。』と言うのである。

 

その言葉からおのれの愚かさに気づいたのである。俺は30歳を過ぎるまでは酢のものが駄目であった。冷やし中華などは論外だった。ところが夏はこれらを手放せない体になってしまたのだ。疲れれば甘い物を体が欲す。加齢とともに苦く、辛いダイコンを体が欲するようになるのは自然の成り行きである。

 

俺の娘達はピチピチである。妻も若い。俺もまだ、男盛りである。何を好んで苦く、辛いダイコンを今、作る必要があるものか。

 

家庭菜園で心がけている事がある。まず、家庭菜園家はプロの農家とは目的が違うと言う事だ。だから、作り過ぎない事。できるだけ収穫時期を長くする事。何より安心で美味しい事。それに、負担にならず楽しめる事。プロの農家には出来ない冒険を行う事である。これらを念頭において、工夫と臨機応変で『家族も喜ぶ野菜を作るぞ』を行っている。

 

ダイコンは厳しく育てている。

 

ダイコンのために畑を耕ないのだ!

 

土寄せもせず、間引きもしない、草むしりもしない。

 

種を播き大きく成長したダイコンから収穫して、食べるだけである。

 

詳しくは   ダイコンは・・・・・栽培ポイント を見て欲しい。

 

ダイコン栽培は又根(またね)を心配する人もいると思うが1シーズン30~40本育てているが1本あるかないかである。但し、少し曲がったダイコンもできる。でも、味は変わらないので気にしていない。規格に縛られる農家の方たちのご苦労を察する。

D1_2

 御裾分けをしようとダイコンを選んでいたら、それを見ていた妻が『器量よしからお嫁入りね』。  

 

『うっ・・・・・・・・。』

 

ダイコン作るべし!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

ダイコンは・・・栽培ポイント

通常ダイコン栽培は『よく耕し、種を5、6粒播く・・・・・・』とある。

でも、ダイコン栽培は秋冬だけに特化した事で、

 

ダイコンのために畑を耕ないのだ。

 

土寄せもせず、間引きもしない、草むしりもしないで済むようになった。種を播き大きく成長したダイコンから収穫して、食べるだけである。

 

B_6

種を播く畝は、春から夏にズッキーニに使ったものをそのまま使用する(寿命を終えたズッキーニは抜く)。ダイコン用に約30cm間隔に黒マルチに穴をあけてそこに種を播くのである。

 

ダイコンはあまり肥料を必要としないので残りの肥料で十分である。種は5、6粒も播かない。貴重な種を手に入れたガーデナーの様に1、2粒播いていく。技術力の優れた種苗会社の種ならこれで十分だ。ダイコンを甘やかさないのだ。厳しく育てよう。

 

 

B_7

(里芋の隣がズッキーニ畑 06年7月上旬)

 

もし、発芽しない種があっても、またそこに、2週間後に1粒播くのである。これを盆過ぎから10月下旬ぐらいまで種まきを行うのである。

 

1シーズン4回ぐらいか。家庭菜園で重要な収穫を長くコントロールするのである。これを、3シーズン実行している。問題なく美味しいダイコンができ、家族に喜ばれている。盆播きは殺虫剤を僅かに種と一緒に一回使用する。9月播き以降は無農薬栽培である。これらは時間のない週末農夫にあった栽培法である。

 

畑を耕し、草むしりが家庭菜園の醍醐味だと言っている御仁には物足りない栽培法である。でも、その分他の野菜にも愛情を割けばよい。

 

ダイコン栽培で一番気をつけているのは、実は種を播く前なのだ。ダイコンの品種、つまり種である。盆から9月末までは甘く、形の崩れない冬自慢(サカタのタネ)を播く、10月上旬から下旬まではトウ立ちしにくい天竜(サカタのタネ)の2品種を使用している。それぞれの性格に合った育て方をするのである。

 

 

美味しいダイコンを作るのは栽培法と品種なのだ。

 

 

B_8

ズッキーニ畑を転用したダイコン畑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイコンが主役の料理

万人に愛されているダイコンの料理と言えばおでん

 

それを今回は取り上げました。

 

C2

 

長女は練り物が苦手でおでんは好きではありませんでした。

 

私が家庭菜園でダイコンを栽培するようになって

 

おでんが好きな食べ物になりました。

 

002

 

こんなにダイコンを入れると

 

おでんと言うよりも(ダイコン)鍋です。

 

C 

 

長女いわく『三日目のダイコンが最高だ!』

 

ダイコンについてのエッセイ『ダイコンは親の気持ちで育てるのだ!!』

 

『ダイコン・・・栽培ポイント』を見てください。

 

本日中に載せるつもりです。

 

部活に行ったデザイナーの絵が出来次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)