スローフード

2017年5月19日 (金)

追われるグリンピースの収穫と料理

 グリンピースは女房の要望で栽培している。グリンピースご飯を食べたいという希望を叶えるために栽培している。収穫の最盛期は6月上旬である。豆は収穫してすぐに食べるのが一番おいしい。

 

Photo

 一度に収穫すると食べきれないので5月中旬よりサヤがシワシワになったのを選んで収穫して女房と連携して食卓に登場していた。ところが、今年の春は夏のような暑さが襲ってきて、前倒しで収穫をいそいでいる。計画性がなく収穫している。

 

Photo_2

 希望のグリンピースご飯。それとソラマメのポタージュ、スナップエンドウとベーコン炒め。豆尽くし料理だ。

 

Photo_3

 グリンピースを一度に大量に収穫したのでピースは大量に余っていた。タブーの収穫二日目以降もグリンピースを食べることになった。崎陽軒のシュウマイの上にのったグリンピースしか思い浮かべず、レシピをネットで探した。二日目は先ごろ収穫したタマネギとのコラボ料理になった。それにアスパラとスナップエンドウ炒めだ。料理全体は美味しいのだがグリンピースの味は1日目より落ちた。

 

Photo_4

 3日目は量を倍増したグリンピースのご飯が復活して、急きょ仮収穫したジャガイモを相棒にした料理だ。それと、悲壮感漂うスナップエンドウ。因みにスナップエンドウは今年の役目を果たし終わった。

 

Photo_5
 家庭菜園は自分で野菜を育って、収穫して、それを料理して食べる。これをスローフードという。はずだったが。

 

 この土日も夏日が襲ってくる。グリーンピースを一気に収穫して怒涛のグリンピース料理を食べて終わりである。ソラマメも最後の収穫をする。

 

全てはお天道様しだいである。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2017年5月 8日 (月)

ソラマメの収穫とポタージュー

 いよいよ春野菜の主役「空豆」である。サヤが空を向くから空豆と名前になった言われている。10月の中旬にタネ豆を植えつけて3月下旬に白をベースに黒いプチがある花を咲かせる。スナップエンドウ、グリンピースの白い花と共演し春を感じさせる野菜である。

 

Photo

 

 写真は4月中旬、花が終わりになり、下からサヤが出来始まるころである。アブラムシが上部の新芽に大量発生するころでもある。農薬は使わず、ピンチする。春の嵐に備えて四方に紐で囲している。

 

 4月下旬から空を向いていたサヤが下を向く。収穫を始める。

 

Photo_2

 豆類全般に言えることだが味は鮮度が決める。特にソラマメは顕著であるり、料理長との連携が重要である。いつも収穫のお伺いをしている。

 

 許されたのでアスパラガス、スナップエンドウを従えて、ソラマメを収穫をした。

 

Photo_3

ゴールデンウィーク家族が全員そろっての春の定番のソラマメのポタージュを食べるのだ。

 

Photo_4

緑尽くしの料理だだと誰かが言った。俺は気にしない。

 

一気に収穫して、一気に食べる.

 

凝縮された緑の日が3週間ほど続くなのだから。

 

 

 

 

 

 

|

2017年5月 6日 (土)

春花壇 フジを見ながらバーベキュー

春まっさかりである。

 

Photo


やきもきさせられたフジも落ち着いた。

 

3

ゴールデウィークは家族も集まりバーベキューをする。もちろん俺の育てた春野菜がメインだ。夏野菜のパプリカはスーパー産だ。

 

Photo_2

 

 今回も備長炭に火がつかず、バーベキュー中に着火材付の炭を近くのホームセンターに買い出しにいった。火力アップした。終わった後に備長炭は調子よく仕事を始めた。

 

これも例年どうりだ。

 

Photo_3
夏は野菜が豊作だが暑いのでバーベキューしない。

 

夜は涼しいが賛同者がいない。

 

蚊がいるという。

 

これでは備長炭は一生ものになりそうだ。

 

長生きせねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

高価な秋野菜の収穫

 ダイコン、ハクサイの値段の高さに驚いてしまった。例年の2倍以上の価格だと女房が教えてくれた。もちろん、高価な野菜は買わずに家庭菜園で栽培しているので庭から調達している。

 

Photo

 節約で家庭菜園をしている訳ではないがプロたちが苦戦してこの高値なので俺は誇らしい。

 

Photo_2
 先ずは小松菜、カブ、九条ネギ、ダイコンと間引きを兼ねて10月半ばから収穫している。パブリカは色づく前に、終わりにした。

 

Photo_3

 

 鍋野菜の定番、下仁田ネギと白菜も収穫した。下仁田ネギは間引きを兼ねた収穫である。白菜は大型品種、豊風である。

 

 15年前家庭菜園を始めたころ、3品種買い。冷蔵庫にタネを保管して使い続けた。今年、全て使いきった。10年ほど前から新品種を試したいと願っていた。これで、来年から実行に移せる。実は今シーズン小型白菜のタネを用意していた。でも、富風がすくすくと育ち、苗が出来たので新品種は来年に持ち越しになった。

 

 生育が遅れているキャベツにべた掛け不織布をかけて保温している。これに、ホウレンソウ、ブロッコリーの収穫が加われば完璧である。
 Photo_4

 

 昔、使っていた貸農園は出入り自由だったので野菜をよく盗まれた。これだけ野菜が高価になると被害は甚大だっただろうな。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

茶まめ「夏の調べ」と自家製きゅうりのキューちゃん

 出来すぎるが故に飽きられ、いろいろにされるヤツがいる。不器用が故に大きな期待もされず好きにしていたところ、思わぬ人気を獲得するヤツもいる。前者はキュウリ、後者は茶まめである。

 

 家族にはキュウリ「ロス」が来ると繰り返し言っているが毎日大収穫が続いている。昔、花を摘んで収量を抑えることをしたら、一気に枯れた(リンク)。それ以来、俺のトラウマになっている。暗黒面に進むのはやめ、前向きにキュウリの大量消費を検討することにした。

 

 保存が出来れば、大量の収穫があっても大丈夫である。そこでキュウリの漬物を中心にネットで調べることにした。自家製きゅうりのキューちゃん(漬物)を見つけ、調理担当の女房が試作を繰り返した。先ずレシピどおり作ったら俺には甘めであった。でも、福神漬けのようでカレーに試したら好評であった。冷やし中華もいけた。出来すぎるが故に後ろ指を指されたが自立した。育ての親の俺は安心している。

 

Photo

 

 枝豆は収穫するまでに10年かかった。世話の焼ける野菜であった。その方法は前にブログにしているので詳しくはそちらを見てくれ(リンク)。

 

いよいよ、茶まめである。鳥対策、カメムシ対策はべた掛け不織布でした。

 

Photo_2

 

 適宜、液肥を与えて豆を太らせ収穫した。

 

Photo_3

 茶まめ風味の枝豆より、茶まめは断然おいしかった。

 

鮮度が命の豆は食べる日に収穫してビールと食すると幸せを感じる。ビールがない、女房と三女も満足している。

 

ずらし播きしているので夏の間は楽しめる。

 

Photo_4

 一筋縄でいかないから家庭菜園は楽しいいいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

「家族も喜ぶ野菜を作るぞ」…最終回

 先祖の名前を借りて、自分で育てた野菜のことを書いて2年間がたった。これが最後の投稿である。「里芋」から「ほうれん草」までに取り上げた野菜は幾つになるだろうか。空豆、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、トマト、ナス、ダイコン、白菜、キャベツ… …。これらは全て家族と食べた野菜でもある。

 

家庭菜園は最後に食べると言う行為があって初めて成り立つものだと思っている。だからそれぞれの野菜について我が家の料理と、味についての感想も積極的に公開した。

 

畑で、庭で、プランターで自然を相手に我々菜園家は家族や、近しい人に食べてもらう為に、必至に野菜の世話をやく。

 

天候は、土の状態は、肥量は、農薬はと。いつだって安心で安全な野菜栽培を心がける。それさえ守られていれば、少々出来が悪くても、虫食いでもプロの農家と違い許される。

 

「喜ばれる野菜を作れば良いのだ」。

 

 これから家庭菜園を行う人達の参考になればと思い、過去を含めて現在に至る家庭菜園での出来事を思い出しながら書いた。それぞれの野菜を主役にしたところ子供たちが絵を描き、お願いしたわけでもないのに野菜のキャラクターまでも生み出してくれた。何かと忙しい日々であったが、家族とのコミュニケーションにも役立てたブログであった。

 

 この2年間は、世の中は我々の想像をはるかに超える厳しい変化の連続でもあった。その事件をブログに刷り込ませたりもした。気候変動、経済危機、資源高、食料危機、… …そして政治危機と。全ては連鎖し、たんなる趣味であるはずの家庭菜園界にも影響を及ぼしたと考えたからだ。

 

その中で食の安全が問われた事件もあり家庭菜園に興味を持たれた多くの人達が「家族も喜ぶ野菜を作るぞ」に訪問してくれるようにもなった。

 

この中で取り上げた野菜達は、どれもこれも我々にとっては大切な植物である。人間は食べ続けなければ生きていけない。生きると言う事は別種の生き物の命を受けとることから成り立っている。

 

だから命を捧げてくれた野菜達に感謝する。

 

野菜達との関わりにお付き合いいただいた皆様にも感謝し、このブログを終わることにする。

 

ありがとう。

 

さようなら。

 

 

034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

下仁田ネギと九条太ネギの収穫・・・第42話

006 

ネギの美味しい季節になった。

春先「下仁田ネギ」と「九条太ネギ」のタネ播きの様子を紹介した。そのネギ達が収穫期を迎えている。

タネ播きから半年以上たったことになる。その間、土寄せを兼ねた草むしりと追肥ぐらいしかしなかった。もちろん農薬もしない。育苗は長いが、手間いらず野菜だ。収穫も長く、春まで楽しめる野菜でもある。

「下仁田ネギ」はシーダーテープで2列植えを当初していた。ところが、発芽は順調であったが一部、根きり虫にやられた。しかたがないので、もう1列の間引き苗をそこに植え修復した。さらに間引き苗が余ったのでもう一列増やし、3列植えになった。

結局、間引き苗を再度植えなおし、手間をかけたので、わざわざ割高のシーダーテープを使う事もないと思った。来シーズンは下仁田ネギもプランター蒔きか、苗床蒔きで対処しようと考えている。

 

ゼラチン質でとろける下仁田ネギはサトイモと一緒に鍋にすると美味しい。すき焼きにも合う、主役も張れるネギの殿様だと思っている。そこらでは売っていない。自分で育てる以外ないのもいい。おすそ分け(献上)すると喜ばれるネギでもある。

 

009_3 

一方、九条太ネギは鍋では下仁田ネギに譲るがあらゆる料理に使う万能野菜として重宝している。名脇役というところか。

密植しているので育ちの良いものから間引き収穫している。株分けすれば翌シーズンもタネ蒔きをしなくてすむ便利なネギでもある。

寒さに向かって、我が家のベース野菜は玉ネギから長ネギへと移っていく。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

レタスの旬は冬…第41話

009_2

レタスの収穫が始まっている。意外に思われるだろうがレタスは夏の暑さが苦手な野菜なのである。冬が旬なのだ。

 

サラダとして夏野菜のトマトやキュウリと一緒に食べるのでそう思うのも無理もないことだ。もっとも、トマトも、キュウリもハウス栽培で一年中食べられるので夏野菜という認識もないかもしれない。

 

レタスは2月下旬から初夏に向かっての栽培と晩夏から冬に向かっての2毛作栽培をしている。断然後者のほうが美味しい。寒さで甘みが増すのだ。

 

初夏取りは半結球レタス「リバーグリーン」と結球レタス「エムラップ231」を栽培している。その栽培の様子はすでに報告したとおりだ。

 

今収穫が始まっているレタスはリーフレタス「ガーデンレタスミックス」と結球レタス「エムラップ231」だ。結球レタスは春と同じものを栽培している。

 

両者とも9月上旬、大きめのセルトレイにタネを蒔き、そこで育苗して下旬には定植している。畝には黒マルチを施しているが、今回は実施しなかった。残暑がある時期に定植するので暑さに弱いレタスは活着が悪い。そんなわけで、今回はマルチを見送った。そのお陰か良好であった。

 

結球レタスは家庭菜園では葉が巻かないと言う話をよく聞く。それは、タネ播きの時期が悪いのだ。寒くなる前にある程度の大きさにならないと結球しないのである。段々暖かくなる、初夏取り結球レタスのほうが簡単かもしれない。

 

B_004_2

 

ガーデンレタスミックスは5種類のリーフレタスのタネが混ぜられている。サカタのタネがコンテナ栽培仕様として売り出している。見て楽しく、食べて美味しいレタスというコンセプトらしい。

 

そのレタスを畑に定植すると冬を越し春に向かって60cm以上の大株になる。レタスは虫のつきにくい野菜で、無農薬でも簡単にできる。生で食べる野菜なのでそれはありがたいことだ。でも春先はアブラムシが付く株も現れるので暖かくなる前に収穫を済ませるようにしている。

B_007

 

一方、「エムラップ」は我が家で一番人気のレタスなので、必ず栽培している。この品種は一般には売り出されていないようだ。

 

再三、言っているがレタスは虫がつきにくい野菜で無農薬でも簡単にできる。でも、この「エムラップ」はそうはいかない。青虫にやられるのだ。なぜだかモンシロ蝶は「エムラップ」に卵を産み付けやがる。

 

女房は、これは「母の愛」だと言っている。

 

親のモンシロ蝶は子供に美味しいものを食べさせたい一心でそうするのだと言うのである。でも、青虫に愛情を感じない父親の俺はせっせとベタガケ不織布で防虫している。寒くなりモンシロ蝶も現れなくなったので昨日、不織布をはずした。

 

まだ、まだレタスの成長は続く。

 

さらに美味しさも増す。

そして、2月下旬にはレタスのタネを蒔く。

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

我が家の野菜自給率90%…第40話

「ご主人の作った野菜を食べていればいい」と友人に言われたと女房から聞いた。昨今の食料偽装や、価格高騰の話からでたらしい。

 

 自給自足すれば安心できるが、そうもいかない。米や、麦の穀物も栽培していないし、家畜も飼っていない。釣りもしない。

 

でも、家庭菜園であらかたの野菜は栽培しているので、野菜だけは何とかなりそうであるといいたいところだが、残念ながら露地栽培には端境期というものがあり、そう上手くはいかない。

 

ザックリ計算してみると我が家の野菜自給率は90%ぐらいだ(野菜を買われるとモヤとした気分になるのでよく覚えているのだ)。買う主力野菜の内訳はこうだ。

 

 イモ類 ジャガイモ 6月の中旬から食べ続けている。今年いっぱいぐらいは持つ。買うのは冬と春に一回ぐらい。サトイモ、山芋は買わない。サツマイモは栽培を止めている。でも飽きられたのか、買う気配なし。

 

 使用頻度の高いタマネギは4月上旬から葉ネギとして食べ、今も玉を食べ続けている。1月いっぱいまで持ちそうである。買うのは年3回。栽培時期の違うホームタマネギ栽培をすれば買うことをなくせるかもしれない。他のネギ類は九条ネギ、下仁田ネギを栽培している。それで十分なので買わない。

 

 果菜類はトマト、ナス、ピーマン、オクラ、カボチャ、キュウリと色々栽培している。買うのは春先と冬にナスを買う。美味しくない。キュウリは収穫期間が短いので年に2~3回は買う。これも美味しくない。

 

 栽培が苦手なニンジン。これも使用頻度が高い野菜なので周年栽培を行っている。今年は栽培法の改善とタネ播きのタイミングが良かったので、2~3回購入しただけだ。この調子なら買うこともなくなるといいたいところだが、どうしても春先トウ立ちするので春先はあきらめだ。

 

他の根菜類 ダイコン、ゴボウは栽培しているだけで十分なので買わない。

 

葉菜類 レタスは暑いのが苦手な野菜なので夏は涼しい高原ぐらいしか栽培出来ない。で夏は買う。

 

最も買う野菜キャベツ。これも周年栽培しているが、夏キャベツと秋キャベツの収穫の間に先日買われた。今後は葉菜類も収穫が本格化されるのでそれで十分だが、スキを見せると便利な野菜なのですぐに買われる。年5玉ぐらい。白菜を初めとする他の葉菜類は栽培しているものだけで十分なので買わない。

 

以上が我が家の野菜自給率の内訳だ。

 

まあ、なるべく旬の野菜を食べるようにすれば、購入する野菜も減らせるわけだ。でも実際には野菜を「買う」、「買わない」の判断は料理長の女房に委ねられているので、口出しは出来ない。

 

 それにしても、いつまで続くのだろう食料問題は。

 

自衛として穀物栽培まで乗り出せば、我が家の食料自給率を上げるのは可能だろう。でも、時間が出来てもそこまではやらない。

 

他にもやりたいことがたくさんあるからだ。それに、それは信頼できる意欲がある人から購入することにする。

 

でも、全てを個人に頼る事は出来ないだろう。

 

できることならば信頼できる組織や企業にお願いしたい。

 

家庭菜園が自衛手段ではなく、趣味として楽しめる社会になって欲しいと思っている。

 

この、金融危機が新たなる再生の出発であることを期待したい。

 

今日の収穫

夏野菜 果菜類 最終章。

B90_003_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これから本格収穫が始まる秋冬野菜。

 

 

 

B90_002_2_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ゴボウ栽培と収穫・・・第38話

秋冬野菜の季節がやってきた。虫の活動や雑草の生長も下火になり、ぐっと作業量が減り、家庭菜園をゆっくりと楽しめる時期になってきた。

 

秋冬野菜は葉菜類や根菜類が中心になる。これらは春先から初夏にかけても栽培出来るが寒さにあったて甘みが増す秋冬が旬であろう。暮れにかけてこれらの野菜を投稿していくことにする。まずはゴボウ。

 

ゴボウ栽培を始めたのは3年前と比較的新しい。すぐに栽培していなかったのは収穫するときに深く地中に埋もれたゴボウを掘り起す作業が面倒だたからだ。

 

4年前、隣の畑のSさんから家庭菜園で作るゴボウは売り物より『すごく美味しい』と聞きゴボウ栽培を始める気になった。

 

でも、問題は収穫作業である。そこで原点に返り考えた。売り物にしないゴボウを綺麗に掘り出す必要がない事に気づいた。

 

栽培を始めるにあたり、サカタのタネで品種をチェックした。「サラダゴボウ」「お手軽ゴボウ」の長くならない品種が売り始められたことを知り、それを栽培した。

 

ゴボウはプロのように先まで綺麗に収穫しようとしなければ、簡単に栽培でき、それも無農薬だ。

 

3月、6月、9月下旬から10月上旬にタネ播きをずらせば、ほぼ一年中収穫できる。実に家庭菜園向きの野菜である。

 

たまたまTVで見た「野菜の時間」で「お手軽ゴボウ」の収穫が放映されていた。さすがにTVだ。先まで綺麗に収穫されていた。

 

B_004_2

 

 

 

 

 

それを見ていたら急にゴボウが収穫したくなり、天気が回復した昨日、6月蒔きのゴボウを収穫しに畑に行った。

 

収穫できた長さは20~25cm程度。一緒にニンジン「ベターリッチ」ものせてあるので、短いゴボウであることは分かるだろう。それに、「先っぽのないゴボウ」であることにもお気づきだろう。

 

B_002_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは9月下旬タネ播きのやつ。やっと発芽した。周りに芽をだしているのは雑草だ。

 

ゴボウは双葉も大きいし、成長すると葉っぱも大きくなるので畝間をすこし大きく開けないと、隣に植える野菜の生長を阻害するので注意が必要だ。

B_003_2

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭菜園はプロの農家と目的が違うのだから品種や栽培が同じでなくても良いと思っている。 

 

これから、寒くなりゴボウの美味しい季節を迎える  

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧