ウコン

2020年11月15日 (日)

ウコンとコロナと友

  帰省した三女と俺の野菜でキムチ鍋を食べた話を書いた。その時にニラも収穫した。でも、よく見ると葉が茶色い部分があったので、調べて見た。

さび病であることが分かった。

秋口に多い、風通しが悪いとかかる野菜の病気。

ようするに野菜につくカビ。

鍋には入れず廃棄した。

 

1_20201115143401

農薬の指導員を今も続けている友に「無農薬が安全とは限らない。

病気の野菜を食べると不調になる人もいる」と言われたことを思い出した。

安心と安全は別物」だと気づかせてくれた。

 

彼とは年に数回、飲みに行き、お互いの仕事の話等を昨年までしていた。その楽しみもコロナで出来なくなった。

 

講演などで宴席が多い彼は俺のウコンをたいそう気に入り、

「ウコンなしでは仕事が出来ない」と言っていた。

 

昨年は俺の畑は台風の被害でウコンの収穫もままならず、

放置して彼に渡せずじまいになっていた。

 

昨今はコロナで宴席は少なくなったと思うが

ウコンを収穫して彼の近況を確かめて見ることにした。

2_20201115145501

ウコンは植えっぱなしなので世話はしなかった。

葉に隠れて花がいくつか咲いていた。

掘り出しやすいように葉を切った。

3_20201115150201

掘り出して、選別して出来の悪いもの、中心部にあるものを種芋にし、

同じ場所に植えもどした。

 

後は春先、化成肥料を追肥するだけ。

世話はバラのために水を撒くときついでにする程度。

11月末までに収穫するだけ。

4_20201115150701

今年は追肥もしなかったので小ぶりなウコンであった。

送るウコンは何度か水洗いをして天日干しで乾燥させると表面に皮が出来る。

それを宅配便で彼の家に送った。

5_20201115151501

彼からメールで感謝された。

今は自宅で仕事することが多くなり移動時間が無くなったので空いた時間で体を鍛えているそうだ。

元気で良かった。

 

若い頃、彼とはテントを持って雪山に登った仲だ。

早く結婚した彼は俺との危険な山登りは止めて、息子さんとテントを持って槍ヶ岳に登ったりしていた。

でも膝を痛めてそれも止めて、海の男に戻りサーフィンを一宮(オリンピック会場)でしている。

 

年を重ねた俺は山登りをやめ、体を鍛えるためにやっていたテニスもしていない。

今は家庭菜園と庭造り、

妻と大きな公園の展望台に登り、涼みにプール行くだけで満足する体になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

約束のウコン栽培

  農は楽しい。そこに業がつくと途端に苦しくなる。失敗が許されないからだ。今年のウコン栽培はそんな苦しい状態が続いた。

 

  ウコンは二日酔いの常備薬という位置づけで10年前から栽培を始めた。でも、あの苦い薬のような味が家族からは不評であった。そういう俺も好きにはなれなかった。よほどのことがないと食することはなかった。

 

 好きな人はたまらなく好きなようで会社の女性陣には大人気で毎年配っていた。宴席が多い友人にも数年前から渡していた。「酒が仕事の活力だ。でも、ウコンなしでは続けられない」と今年の6月、彼と呑みに行った時、言われた。体が欲するのだろう。年末のウコンを楽しみにしているとも言われた。

 

 栽培は至って簡単で、ただ穴を掘って鶏糞を入れ、種芋が当たらないように間に土を入れ、更に土を被せて11月末に掘り出すだけである。ウコンは元々好きでもないので収穫量も気にしていなかった。葉や花が綺麗なので観賞用に栽培しているようなものだった。

 

Photo_2
 今シーズン5月上旬、デッキから見える場所の一角にウコンを植えた。土の上にお化粧としてバーミュキライトを被せた。ここは室外機の風が当たり、日が塀で遮られて、植物には過酷な場所であった。

 

Photo

 

 俺の腹積もりとは裏腹の友人からの熱烈なウコンへのプロポーズである。彼は農薬の指導員として全国で講演をしている。その彼が仕事を続けるうえでウコンは必要なものなのである。俺のウコンが日本の農業を支えているとも言える。一介の家庭菜園好きの男が日本の農業のために立ち上がったのだ。失敗は許されないのだ。

 

 長女が就職で家を出てから、その空いた部屋でウコンをネットに入れ保存している。すぐに残っていたウコンを畑スペースに植えつけた。

 

 それから芽だしするまでバラよりも優先で水やりをした。遅れたが芽をだした。ホッとした瞬間であった。でも、時期を逸した植えつけであったのでその後の成長はイマイチであった。観賞用のデッキ側のウコンも同様であった。

 

 迷える子羊状態であった。でも神は見捨てなかった。ある男を遣わしたのである。草むしりした時、昨シーズン植えつけていた場所でウコンが育っていることを見つけたのだ。

 

Photo_3

 

 11月末、ウコンを掘り出した。約束のウコンを大量に彼の自宅に送ることが出来た。

 

Photo_4
 実は収穫し残した種芋が俺を助けたのであった。

 

 昨年のズボラな俺が今年の使命感に燃えた俺を救ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

秋冬野菜の準備とウコンの花

 9月になり庭仕事に邁進した。

 

 盆過ぎても一向に30℃を下回ることもなかったが白菜のタネ播きを決行した。昨年は適期温度を待っていたら成長が遅れ結球しない白菜を作ってしまった。タネ播きから始める白菜は家庭菜園では最難度の野菜になってしまった。

 

 キャベツ、ブロッコリー、玉ねぎ、レタスのタネも播いた。ダイコン、カブ、ホウレンソウは直播した。パンジー等の花のタネも蒔いた。夏野菜はナス、ピーマンを残し、すべて撤収した。

 

 バラの手入れもして、雑草ども成敗した。草むしりをしてウコンの花が咲いていることに気付いた。

 

Photo

 昨年、ウコンは沢山でき、職場の女性陣にあげたら、たいそう喜ばれた。お酒を飲みすぎたあと食すると二日酔いが低減される。滋養強壮にもいい。

 

 だが、どうも俺はこの味が好きになれず収穫しても、ほったらかせておくことが多い。宴席の多い友人に勧めたところ、たいそう気に入り今年も欲しいと盆前に言われていた。

 

Photo_2

 毎年、一部収穫して残りは植えっぱなしだったが、今年も無事成長した。

 

庭仕事がひと段落する11月上旬までに掘り起こそうと思っている。 

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

ウコンの収穫と保存

今日は寒い。暖かい日があるかと思えば寒い日が続き、ベランダ越しに見るイチョウも色づき始めた。もうすぐあたり一面、黄色い絨毯をひきつめるだろう。季節は晩秋から冬に向かっているようだ。

 

先週末、葉が黄色くなったウコンを全て掘り出して保存した。

 

ウコンは霜にあたると腐ると、サカタのタネから送られてきた解説書に書かれていたからだ。前々回、そのウコンを記事にし、掘り出して保存するつもりだと書いたところ、『植えっ放しでも大丈夫ですよ』とのコメントをいただいた。

 

B_005_2

 

段取りがいいというべきか、気が早いというべきか、俺はもう保存に必要な発砲スチロールとバーミキュライトは用意してあったのだ。それにウコンは1年中使うものだし、手元にあれば便利だと思っていたから保存した。

 

 マニュアル通り実行した。保温と乾燥防止を目的に発砲スチロールの下部にバーミキュライトをひきつめ、その上にウコンを置き、更にバーミキュライトを被せ、更に上にウコンを置き、バーミキュライト… …というぐあいにバーミキュライトでサンドイッチにした。

 

B_006_2それを暗い凍らない場所で保管した。解説書には発砲スチロールを使用する場合は密閉しないで空気の入る隙間を開けるとある。いかにも生き物という感じがしていい。で、写真のようになった。

 

B_009

 

それにしても解説書や園芸書の類は安全第一に書かれている。なんせ、全国つつうらの人々に同じ内容で栽培してもらうわけだから、必然的に堅めにならざるを得ない。いくら趣味の家庭菜園仕様といえども、失敗の許されないプロ向きになってしまう。まあ、だからこそ、厳格な栽培法ではないが実際に行われている口コミやブログが多くの人の注目を集めるのだろう。

 

 サカタのタネの「家庭園芸」を読み始めた10年前にはウコンの球根はなく、収穫ウコンが売られていたように記憶している。生育温度が高く、強光を好むインド原産の大型植物であったウコンは当時の日本では暖かい沖縄でしか栽培出来なくて、値段は高価だったはずだ。

 

全国規模で栽培できるようななったのは温暖化が原因かもしれない。熱くなりどこでも容易に栽培できるようになり、値段も下がり、「ウコンの力」になり、サカタのタネでも球根を売り出されるようになったものと考えている。今や家庭菜園の定番になりつつあるゴーヤーと同じようなものだ。

 

蛇足だが数年前、三太郎に苗を貰って育っている沖縄原産のサキシマ芙蓉も今年も咲いた。横浜でも咲いたと三太郎のブログにもあった。

 

こんな調子だと日本の植生も変わり、園芸書や解説書の栽培も寒さ対策の項目は少なくなくなり、暑さ対策に重点が移るかもしれない。

 

長いスパーンで見ると、家庭菜園も園芸も地球規模でおきている温暖化の影響を避けることが出来ないようである。

 

これがまぎれもない現実だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

「ウコン」の栽培と収穫始める

しみじみと秋野菜の収穫の様子を綴ってきたが、野菜以外にも収穫したものがある。

 

薬。

 

といっても今、世間を騒がせている怪しげなものではない。漢方薬にも使われている「ウコン」。

 

実は数年前から朝起きると頭が痛く、気持ちが悪くなったりする。酒を飲んだ翌日は。ありていに言えば二日酔い。酒が弱くなったのだ。

 

二日酔いには「ウコンの力」が効くと聞き、試したところ、効果てき面であったので、それから女房が常備してくれるようになった。飲み会があると、「ウコンの力」を先ず飲み、それから酒を飲み、最後の閉めは「ウコンの力」というようにもなった。

 

飲み会が続くと常備品もなくなり、帰りにコンビで買って帰ったりもした。悲しいかな面倒な思いをしてまでも「ウコンの力」が必要な体になってしまったのである。ある時、会社にも常備されていることに気づいた。売店に山のように置いてあるのを見つけ、それからというもの、そこで購入するようになった。皆似たようなものらしくよく売れているようだ。

 

たびたび買いに行くので『これよく効きますよと』。と、普段は無愛想な売店のオバちゃんが親しげに話しかけてくるようになった。買い続けていると『また飲み会ですか』と言われるようで何だかバツが悪い。いわれるのは女房だけで十分だ。もう飲み会の後で買いに行くのも面倒だし。

 

090607_001

 

どうしたものかと考えていたらサカタのタネの「家庭園芸」にウコンの球根が売られているのを思い出した。自分でウコンを作れば買いに行く必要もない。急な飲み会にも対処できる。それに経済的でもある。

 

ウコンは3品種の球根が売られている。「ウコンの力」で使われている、最も苦味の少ない「秋ウコン」を購入した。

 

5月中旬、球根と栽培法の書かれた説明書が送られてきた。

 

ウコンは高温多湿で大型植物とある。栽培法は里芋と同じと見た。そこでブログにしている「里芋の栽培ポイント」と同じように栽培した。寒さに弱く畑で保存は出来ないらしい。

 

届いた翌週、球根300gから7株分植え付けた。梅雨時にグングン葉が大きくなった。乾燥に弱いので夏場には刈り取った雑草をマルチにした。それに隣に植え付けていたサツマイモのツルが伸びてきてウコンを被い乾燥防止に役立ったみたいだ。

 

091010_001

 

9月の下旬、洋ランのような白い花が咲いた。

 

寒さに弱いウコンの収穫は茎が黄変してくる10月~11月頃、霜が降りだす前に地上部を地際で全て切とり根茎を掘り出すとある。

 

一株、先週末掘り出してみた。重さを測ったところ根茎が600gあった。約15倍に増えたことになる。

 

B_008

 

さて、どうやって摂取するか。利用法はミキサーで粉末にしてカレーや味噌汁などに加えるのも良いらしい。すりおろして水やお湯に溶かすもよし、牛乳や蜂蜜で溶かすと飲みやすいともある。

 

ホワイトリカーとウコン、好みによって砂糖をいれて食前酒もいいらしい。

 

この酒は酔わないのかな? 

 

何の為にウコンを栽培したのか分からなくなりそうだ。 

 

ウコンはショウガ科なので女房の冷え性に効く。夫婦で摂取しようと思っている。

 

夫が妻に勧めるものがウコンなら問題はあるまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)