ゴボウ

2021年1月 3日 (日)

俺の野菜を食べて心を燃やせ。

秋野菜のピーマンが枯れたのは12月20日のことだった。

ここまで頑張ったので夏、秋、冬野菜と呼んでも良い。

俺たち夫婦の為に命を燃やしてくれた。

1_20210103143201

最後のピーマンの収穫は肉詰めにしてもらった。

肉厚なピーマンだ。寒さにあたり苦みが増した。

サラダは収穫が始まっていた結球レタス。

2_20210103143201

畝はそのまま、空豆の居場所になる。

ここにはピーマンの他になすを植えていた。

畝の中央部は空いているので10月中旬に空豆のタネをなにもせずに蒔いている。

空豆は昨年、就職で家を出た三女の大好物。

3_20210103143201

下はレタス。縁に結球レタスを植え付け、

中央部にリーフレタスを植えている。

最初に結球レタスを食べてリーフレタスをリレー食べた。

寒さに強いレーフレタスにはベタがけ不織布を使わずに彩りを楽しんでいた。

だがムクドリの一家が寒くなると訪れて糞だらけにするので

数年前より花壇ではなく、畑スペースで栽培をしている。

6_20210103145301

ダイコンは2品種栽培しいている。その左側にはゴボウ(短いタイプ)を栽培している。

長いことタネを冷蔵庫で眠らしていたので、9月上旬に第一弾のダイコンと同じ日にタネを蒔いた。

4_20210103145301

ゴボウにとってはタネ蒔きが遅かったのでダイコンのようには成長していない。

鍋に入れて食べた。

5_20210103145401

夫婦二人では食べきれない量の野菜を育ているのだ。

仕事が忙しくコロナが蔓延して、娘達も思うように実家にかえれないでいる。

今年は全員そろいそうだという話だったがコロナ対策で3女がいつ帰れるか分からない。

次女がふるさと納税で手配してくれたすき焼きの肉が送られてくるので白菜と下仁田ネギを収穫しておいた。

今年は下仁田は栽培が遅かったので出来は今までで最低だった。

7_20210103150901

なんとか年末は三女も帰省できて家族一同そろって俺の野菜ですき焼きを食べることが出来た。

でも、つかの間で彼女は最後に来て、最初に帰っていた。

俺の野菜を所望され、白菜を二玉とダイコン、レタスを持って帰っていた。

そしていつものようにメモに書き残していった。

それを見た俺は彼女に俺の野菜を食べて、

人のために心を燃やせと言って送り出した。

8_20210103150901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

インゲンとゴボウの混植栽培と収穫

  キュウリとカボチャの混植栽培のほかにもインゲンとゴボウの混植栽培も行っていたのだ。狭いスペースを有効にする手立てを考えては試している。

 

B

 

 交互に種まきをすれば生育の早いインゲンが収穫を終えたころにミニゴボウの大きな葉が広がり、お互いの生育の邪魔をしない。それに、マメ科のインゲンの根粒菌が生み出す窒素分がミニゴボウの肥料となる一石二鳥を狙った。

 

(新)トウモロコシ栽培と簡単カラス対策 で残った4年もののインゲンのタネで今回も単独栽培されなかった。でも、収量は充分であった。

 

B_2

 トマトもたくさん収穫できた。

これから、夏野菜の収穫が本格してくる。

楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ニンジン「ベターリッチ」とミニゴボウ「てがるゴボウ」のタネ播き…ゴザエモン流

前にニンジン栽培が苦手という話をこのブログで書いた。

 

ニンジンは発芽さえできれば栽培は容易な野菜なのだが、それが出来ないでいた。

 

ニンジンは好光性と好湿性を持つ。要するに発芽するときに光と多くの水か必要なのだ。それに根が直根なので、直播しかできない。だから発芽するまで畑に水遣りに行かなくてならない。

 

水撒きをしなくて済む梅雨の季節は、自然が勝手に水遣りしてくれるので助かる。だから、この時期必ずニンジンのタネを蒔く。

 

それと、同じく好光性のゴボウのタネ播きも行う。こちらは、好湿性は問題ないので発芽は楽だ。でも長いゴボウだと収穫に苦労するので短い「てがるゴボウ」を愛用している。

 

ニンジン、ゴボウは今時分タネ播きすれば秋には収穫が始められる。栽培方もほぼ同じだ。

 

ここで昨日、実施した栽培について軽く触れておく。

 

苦度石灰で中和した畑に鶏糞を混ぜ込んで元肥としている。普通は畝を高くして、又根予防をするが、売り物でないので忙しいと俺は畝を作らないこともある。

 

B090711_002_2

 

そこに、細めの支柱を用いて深さ5mmぐらいの溝を2列作った。ひとつはニンジン用。もうひとつはゴボウ用。

 

溝の間隔は立ちガマが使える分は最低あける。こうすると草むしりが楽に出来る。

 

ニンジンは発芽が済めば、それほどお日様を必要としないので葉っぱが大きくなるゴボウの横でも大丈夫なのだ。

 

スジに沿ってニンジンは約5cm間隔でタネを一粒ずつ蒔いていく。ゴボウは約20cm間隔で同じく一粒ずつ蒔く。

 

手引書などに点蒔きする場合は同じ場所に4~5粒蒔くとあるが、間引きが面倒なので一粒としている。もし、発芽しなければその場所にもう一度タネ播きをすれば済む。このほうが手間はかからないし、タネの節約になる。

 

 

B090711_009_2

 

 

指先で溝の土を寄せて支柱で目印をして、それで終わりである。

 

この後、水をやるのが定説であるが俺はこの時期はしない。タネ播き後に水遣りをすると、ニンジンが明日も水を期待する。もし雨が降らなければ俺が水遣りをしなければならないからだ。

 

梅雨は天に水撒きを任せている。

 

臨機応変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

秋冬野菜の収穫(3) ダイコン、ニンジン、ゴボウ

 207_010

今収穫している根菜類の紹介だ。すでに、話として取り上げたので詳しい説明は省く。

 

B207_002_2

秋冬野菜の定番中の定番野菜ダイコン。品種は「冬自慢」を栽培してる。盆と9月中旬、それと10月上旬に3回に分けてズッキーニの跡地にタネを蒔いた。写真は9月中旬まきのものだ。これから鍋に大活躍する野菜だ。

 

207_004 

ニンジンは「ベターリッチ」を周年栽培している。今収穫が始まっているのは9月上旬蒔きしたもので収穫は2月まで続く。写真は10月中旬蒔きしたもの。いつもは11月上旬播きしていたが、例年大きく育つ前にトウ立ちするので少し早まきした。これでも同じ結果になるのなら来シーズンは更に早蒔きをするつもりだ。次回のタネ播きは3月上旬に始める。

 

207_007_2

 

10月に報告したゴボウ。この写真は9月下旬タネ播きの成長したものだ。雑草が少ないのは先週、末娘がジョギング後、草取りをしてくれた。これは春先にはトウ立ちするものもあるので収穫するタイミング難しい。

 

冬の根菜類は寒さで甘くなる。それと成長が遅くなるとより美味しさが増すらしい。それで肥量も少なめにしている。

 

こんな栽培を許されるのも家庭菜園のよいところだと思っている。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ゴボウ栽培と収穫・・・第38話

秋冬野菜の季節がやってきた。虫の活動や雑草の生長も下火になり、ぐっと作業量が減り、家庭菜園をゆっくりと楽しめる時期になってきた。

 

秋冬野菜は葉菜類や根菜類が中心になる。これらは春先から初夏にかけても栽培出来るが寒さにあったて甘みが増す秋冬が旬であろう。暮れにかけてこれらの野菜を投稿していくことにする。まずはゴボウ。

 

ゴボウ栽培を始めたのは3年前と比較的新しい。すぐに栽培していなかったのは収穫するときに深く地中に埋もれたゴボウを掘り起す作業が面倒だたからだ。

 

4年前、隣の畑のSさんから家庭菜園で作るゴボウは売り物より『すごく美味しい』と聞きゴボウ栽培を始める気になった。

 

でも、問題は収穫作業である。そこで原点に返り考えた。売り物にしないゴボウを綺麗に掘り出す必要がない事に気づいた。

 

栽培を始めるにあたり、サカタのタネで品種をチェックした。「サラダゴボウ」「お手軽ゴボウ」の長くならない品種が売り始められたことを知り、それを栽培した。

 

ゴボウはプロのように先まで綺麗に収穫しようとしなければ、簡単に栽培でき、それも無農薬だ。

 

3月、6月、9月下旬から10月上旬にタネ播きをずらせば、ほぼ一年中収穫できる。実に家庭菜園向きの野菜である。

 

たまたまTVで見た「野菜の時間」で「お手軽ゴボウ」の収穫が放映されていた。さすがにTVだ。先まで綺麗に収穫されていた。

 

B_004_2

 

 

 

 

 

それを見ていたら急にゴボウが収穫したくなり、天気が回復した昨日、6月蒔きのゴボウを収穫しに畑に行った。

 

収穫できた長さは20~25cm程度。一緒にニンジン「ベターリッチ」ものせてあるので、短いゴボウであることは分かるだろう。それに、「先っぽのないゴボウ」であることにもお気づきだろう。

 

B_002_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは9月下旬タネ播きのやつ。やっと発芽した。周りに芽をだしているのは雑草だ。

 

ゴボウは双葉も大きいし、成長すると葉っぱも大きくなるので畝間をすこし大きく開けないと、隣に植える野菜の生長を阻害するので注意が必要だ。

B_003_2

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭菜園はプロの農家と目的が違うのだから品種や栽培が同じでなくても良いと思っている。 

 

これから、寒くなりゴボウの美味しい季節を迎える  

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)