カブ

2015年11月 7日 (土)

秋冬野菜 カブ、九条ネギ、ウコンの収穫

 10月の後半、秋冬野菜の収穫を始めた。トップバターはカブ「玉波」である。これは甘くて美味しい定番のカブだ。今回は早い時期から防虫もかねてべた掛け不織布を使って育てた。

 

Photo
 次に「九条ネギ」も収穫かくした。春先タネを蒔いてこの時期に収穫になる。葉ネギなので家庭菜園の教科書では上部の葉の部分を収穫して、白い部分と根を残して、また成長した葉を収穫すると書かれている。でも、俺はそんなことはしていない。全部収穫している。白い部分が最も美味しいからだ。

 

Photo_2

 

 間引きを兼ねて、カブもネギも食べる分だけ成長が大きいやつを何度か収穫した。一度に収穫するプロの農家と間引きは逆だ。

 

Photo_3

 畑作業も秋も深まってきて、玉ねぎの定植とスナップエンドウとグリンピース、第二弾の軟弱野菜のタネ播き待ちとなった。余裕があるので植えっぱなしのウコンの収穫をした。それと、秋ナスとピーマンも収穫した。

 

ウコンは心待ちにしている宴席の多い、友人にあげようと思っている。ナスは終わりのようだ。ピーマンはいつまでもずるずる収穫が続くが時期を見てやめるつもりだ。タマネギの定植をいつまでも待たせるわけにもいかない。

 

Photo_4

 

 秋から冬に向う、今は雑草や虫に悩まされず余裕を持って過ごせる季節なのである。

 

収穫の秋でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2013年2月11日 (月)

ほうれん草とカブの保温と収穫

Photo_3

11月下旬に種まきしたほうれん草とカブの収穫が続いている。

寒さが厳しい時期に種を蒔いても、発芽し、生育が早いのは保温資材に「べた掛け不織布」を使っているからだ。

 

B_2

ただ、この資材繊維がホツレ野菜に絡まることが多いのが欠点だ。

趣味が高じて大先輩達が昔、開発したこの資材を改良した。

ネズミの時間に生きる俺が象の時間の製品を開発したのだ。

糸がホツレず、より保温性の高い「べた掛け不織布」だ。

今年、秋に売り出される。 

乞うご期待。

 

仕事のことは書かない主義であったが半分趣味なのでいいか。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ホウレン草、カブ、チンゲンサイ、ハツカダイコンのタネ播き

秋も深まってきた10月。秋冬野菜の栽培も後半戦になる。白菜、ブロッコリー、キャベツ、ダイコンなどの大型野菜からホウレン草、カブ、チンゲンサイ、ハツカダイコン等の小型野菜に移っていく。

 

 

090927_002

 

これらの小型野菜は栽培が簡単で生育が早く、必要な時に収穫できる便利な野菜だ。栽培法もほぼ同じである。

 

苦度石灰で中和し、化成肥料か鶏糞を混ぜ込んだ畑に適当な幅の畝を作ればよい。酸性土壌が苦手なホウレン草には少し多めに苦度石灰を施している。準備はこれで終わりである。小型なので隙間スペースがあれば十分に育つ野菜たちだ。ベランダ菜園でも無理なく育てられる野菜でもある。

 

生育期間が短いので畝に直接、タネをスジ蒔きする。ワザワザ苗を作る必要もない。それと無農薬が基本だ。だから虫の活動も収まる9月下旬から10上旬になると、本格的にタネを播始める。

 

タネ播きは2週間~4週間の間隔を取って2度、3度と分けて11月末まで播くと春まで収穫が楽しめる。同じ日にホウレン草、チンゲンサイ、カブ、ハツカダイコン、小松菜を播けば手間もかからない。ホウレン草は虫にも寒さにも強いので他の野菜に比べてタネ播きの時期が長く盆から12月上旬まで行っている。

 

B0909272_001_3

 

このホウレン草は、今シーズンは2種類タネを用意した。サラダにしても美味しい「ディンプル」と寒くなると真価を発揮する「ガッツ」。「ディンプル」は前半、「ガッツ」は後半播きにする。写真は盆播きした「ディンプル」である。後ろは同じ日にタネ播きしたタマネギである(育苗中)。

 

9月27日にカブ、チンゲンサイ、ハツカダイコンと2回目のホウレン草を播いた。ひとつの畝に4種類の野菜のタネをスジ播きした。そこに、ベタ掛け不織布して、水分の蒸発と虫よけ、保温による栽培促進をしている。

 

カブの品種は中カブ「玉波」我が家の定番カブだ。寒さにあたると美味しい。家庭菜園ではカブは葉っぱまで食べられる。

 

チンゲンサイは料理に便利なミニを栽培している。今シーズンは「シャオパオ」を試す。でも、ミニを栽培していても秋冬野菜の収穫が本格化する11月後半には食べ遅れ、大物チンゲンサイになってしまう。この栽培の中に小松菜も加えていないのも食べきれないからだ。

 

ハツカダイコンは知事選挙の不在者投票に行ったときに妻がタネを貰った。今回はオマケで栽培した。

 

これらの野菜はどれも小型だが秋冬栽培には真価を発揮する。

 

存在感のある野菜だと思っている。

 

090927_013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

秋冬野菜の収穫(1) 茎ブロッコリー、カブ

秋冬野菜の収穫が始まっている。前にこのブログで話として取り上げた野菜達なので今回は詳しい説明はしない。写真中心の栽培報告だ。

 

B9_004

 

茎ブロッコリー「スティックセニョール」。ここ数年はブロッコリー「緑嶺」のみだった。ブロッコリーは側花蕾も春まで収穫でき、多すぎるので控えていた。今回は「緑嶺」のタネがなくなりかけ苗不足になりそうだったのでまた栽培した。茎ブロッコリーは早生なので早く楽しめて良い。でも寒さが本格的になっていないので甘みはまだ少ない。

B9_003 

中カブ「玉波」。

我が家の定番カブ。ぬかづけ、炒めものと大活躍野菜だ。虫の少ない10月上旬蒔きして無農薬栽培だ。葉っぱまで美味しく食べれる。それと11月上旬蒔きしている。いつものなら11月中旬にも蒔いていたが、いつも収穫残りができ、春には菜の花畑化していた。今年はタネ播きは2回で止めた.。

寒くなりこれからが真価を発揮する野菜達である。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)