ピーマン

2021年1月 3日 (日)

俺の野菜を食べて心を燃やせ。

秋野菜のピーマンが枯れたのは12月20日のことだった。

ここまで頑張ったので夏、秋、冬野菜と呼んでも良い。

俺たち夫婦の為に命を燃やしてくれた。

1_20210103143201

最後のピーマンの収穫は肉詰めにしてもらった。

肉厚なピーマンだ。寒さにあたり苦みが増した。

サラダは収穫が始まっていた結球レタス。

2_20210103143201

畝はそのまま、空豆の居場所になる。

ここにはピーマンの他になすを植えていた。

畝の中央部は空いているので10月中旬に空豆のタネをなにもせずに蒔いている。

空豆は昨年、就職で家を出た三女の大好物。

3_20210103143201

下はレタス。縁に結球レタスを植え付け、

中央部にリーフレタスを植えている。

最初に結球レタスを食べてリーフレタスをリレー食べた。

寒さに強いレーフレタスにはベタがけ不織布を使わずに彩りを楽しんでいた。

だがムクドリの一家が寒くなると訪れて糞だらけにするので

数年前より花壇ではなく、畑スペースで栽培をしている。

6_20210103145301

ダイコンは2品種栽培しいている。その左側にはゴボウ(短いタイプ)を栽培している。

長いことタネを冷蔵庫で眠らしていたので、9月上旬に第一弾のダイコンと同じ日にタネを蒔いた。

4_20210103145301

ゴボウにとってはタネ蒔きが遅かったのでダイコンのようには成長していない。

鍋に入れて食べた。

5_20210103145401

夫婦二人では食べきれない量の野菜を育ているのだ。

仕事が忙しくコロナが蔓延して、娘達も思うように実家にかえれないでいる。

今年は全員そろいそうだという話だったがコロナ対策で3女がいつ帰れるか分からない。

次女がふるさと納税で手配してくれたすき焼きの肉が送られてくるので白菜と下仁田ネギを収穫しておいた。

今年は下仁田は栽培が遅かったので出来は今までで最低だった。

7_20210103150901

なんとか年末は三女も帰省できて家族一同そろって俺の野菜ですき焼きを食べることが出来た。

でも、つかの間で彼女は最後に来て、最初に帰っていた。

俺の野菜を所望され、白菜を二玉とダイコン、レタスを持って帰っていた。

そしていつものようにメモに書き残していった。

それを見た俺は彼女に俺の野菜を食べて、

人のために心を燃やせと言って送り出した。

8_20210103150901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

緑の手を持つ男のブロッコリーに花が咲く。

  秋温かく野菜達の生育が良い。それに昨年、家庭菜園が災害の影響で出来なかったので本気で適期に植え付けたからだ。緑の手を持った俺としては満足だ。

寒冷紗の大型トンネルがはち切れそうだ。9月中旬に定植したブロッコリーとキャベツ。収穫を10月下旬から行った。1_20201203144801

ブロッコリーは中央に植えて、両脇にキャベツを植えている。どうしてもブロッコリーの葉に遮られてキャベツの出来が悪くなるので葉を間引きしている。

2_20201203144901

収穫したキャベツ

21

今年は条件に恵まれてブロッコリーの出来もいい。

3_20201203155901

間引きレタスと収穫した。

4_20201203160101

別の日にまた、ブッロコリーを収穫した。ピーマンも疲れ知らずの絶好調なのだ。

5_20201203160301

ブロッコリー、秋の日差しに守られて今日も成長。

夫婦二人では食べきれず。

6_20201203160501

ついに花を咲かせた。

花蕾を収穫したブロッコリーも負けじと脇芽にも花蕾をつけ始めた。

7_20201203160801

ピーマンも負けじと花が咲いて実をつける、絶好調サイクル。

紹介はしていないが軟弱野菜達も「食べて!!」と叫びやがる。

緑の手を持った俺はどうしたらいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

夏なのに豊作のピーマン

 盆も過ぎたのに猛暑が続き、朝晩の水やりが欠かせない日々を過ごしている。今年は秋バラを咲かせるために、葉の再生を目指して水やりをやっている。ついでに野菜達にも水を与えている。

なぜか、今年はピーマンが絶好調なのだ。家庭菜園を初めて20年経つが1株の収穫量は最高である。今年は苗をサカタのタネから入手したデカチャップである。普通のピーマンの2倍ぐらいあるもので数年前売り出された新しい品種。

1_20200830142801

デカチャンプは売り出されてすぐにタネを入手して3年ほど育てたが収量は他のピーマンと変らなかった。

ピーマンは温度が下がる秋に収穫が増えるので「秋野菜ピーマン」と、このブログに投稿した。

今年はどうして暑い夏に収量が上がったのか?

品種ではない。朝晩の水やりが収量をあげたと推論に至った。ナスも絶好調なのだ。

ピーマンの栽培は二株だけなのである。

Photo_20200830143601

ピーマンの栽培で大事なのは剪定である。トマトで書いたが枝数で実の大きさと、収量数が決まる。

ピーマンは脇芽が幹と同じ大きさなので脇芽取りを怠ると、枝数が増えて成長に支障をきたす。

たくさん脇芽が増えてしまったら、花がついていても枝を切り落として実をコントロールしている。

2_20200830144201

自宅の庭でボウフラが繁殖しないように水たまりを作らないようにしていて、睡蓮を育てている池や樽にはメダカや金魚を飼って防除している。

でも気になるので防虫スプレーを使っている。

Photo_20200830144401

たくさんとれたピーマンで肉詰めを作ってもらった。大きいので肉がたくさんはいる。

デカチャンプは大きく柔らかく、苦みが少なく美味しかった。

一食一トマトもついてきた。ミニトマトも甘い。

夏野菜は絶好調である。

Photo_20200830145501

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

梅雨の家庭菜園 果菜類

長雨が続いている。手入れも収穫も思うように行かない。

でも雑草対策した果菜類周辺は防草シートに守られて手間いらずだ。

1_20200717110001

(写真をクリックすると大きくなります)

雨は他の地方とは違い洪水被害は無い。でも先週は大風が続き倒れない支柱が試された。

雨の切れ間に手直しをした程度ですんだ。

2_20200717110001

収穫物には大風の爪痕が残っている。ナスなどは皮が傷ついた。

プロの農家ならスーパーでは引き取ってもらえない。

見た目が一番だからだ。

味に変わりは無いので当然家庭菜園では食べる。

3_20200717110001

大玉トマトの収穫も始まっている。

4_20200717111001

サカタのタネの麗夏は皮が厚く割れにくく

病気に強い品種。

だが、強風と雨に長く当たると表面が傷んで、

虫の侵入を許すので真っ赤になる前に収穫した。

真っ赤なトマトは夏まで辛抱。

5_20200717111001

ミニトマトアイコとイエロアイコの収穫も始まっている。

6_20200717111601

できはじめは幹が充実しないうちに長雨にやられたので実は割れやすかった。

でも今は割れなくなり、甘くなってきた。

7

カボチャ栗坊の実が大ききなってきた。6月上旬に受粉したもの。

その後、長雨が続いたので、隙を見て受粉を狙ったが雌花が腐ってしまい上手くいかない。

カボチャは寿命が長いので焦っていない。

でも茂りすぎてキュウリの場所まで進出している。

8

キュウリの出来が悪くなってきた。

キュウリは日照が少なくとも出来る野菜だ。

昔、生野菜のない昭和基地でも育てられていると知った。

先が細いのは風と肥料不足だ。

ピーマンも少しずつ収穫が始まっている。

他の果菜類にも化成肥料を追肥した。

残る世話は脇芽と誘因だけである。

今年は苗からの果菜類で少ないが夫婦二人で食べるには十分な量である。

冷蔵庫に保管している果菜類のタネを来年使うか?

悩む梅雨である。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

倒れない支柱を使った果菜類栽培とお願い

  庭が続いたので今回は家庭菜園の投稿を始める。

昨年、史上最大の台風がやってきて家の補修が終わるまで畑が使えなかった。タネから果菜類を育てるのは無理として苗からだったら早春には出来ると思っていた。味にこだわっているので品種が選べるサカタのタネで苗を発注していた。

選ぶ基準は接ぎ木苗は選ばない。接ぎ木苗はたくさん出来るし、病気に強い、連作障害も気にしなくてもいい。でも肝心の味が落ちるのだ。美味しい果菜類を作るには自根苗が絶対条件。

大玉トマト(麗夏)とキュウリ(フリーダム)があったので自根苗9種セットにした。到着は4月中旬だった。家の補修は4月上旬にようやく終わった。それからバラのため木製フェンスと室外機カバーの補修を優先した。家庭菜園は後回しにした。

Photo_20200601163101

届いた果菜類は1ヶ月も放置していたので花が咲き、トマト、キュウリは実までつけた。実をむしり取って植え付けたのは5月中旬だった。実を取ったのは苗の老化をさせずに定植したかったからだ。

今までタネから育てていたので、苗の生長を考慮してトマトの花が咲く前に植え付けていた。マルチをした畝は保温効果で寒いときの苗の成長を促すのだ。

野菜の時間」では花が咲く方を外側に苗を植えると収穫が楽だからと盛んに言う。でも家庭菜園ではプロの農家と違い収穫など大変ではないので、苗の生長を優先するのだ。でも今年は苗栽培で花も咲いているのでプロと同じ植え付け方法をした。

倒れない支柱を立てて畝を作った。このブログで散々書いた方法だ。実は史上最大の台風には耐えられなかったのだ。倒れたのでは無く、土の表面の部分から折れた。家も破壊する力にはかなわない。今年は普通の台風を願って倒れない支柱を立てた。

 

 

1_20200601161601

 

左から畝1.トマト類  

畝2.ナスとピーマン   支柱でオリをつくり横や斜に支柱をつなげて互い違いにして脇芽を伸ばして2~3仕立てにしている。こうすると一体になり台風の耐性が高まる。

畝3.キュウリ(4隅)と中央部の両端にカボチャ(栗坊)のタネを蒔いた。

キュウリはネットを使うのでカボチャと時間差で利用できるのだ。狭い場所での家庭菜園のアイデア。

 

Photo_20200606161801

(写真をクリックすると大きくなります)

植え付けも終わったので俺は今年も先住民の薄ピンと戦いを始めた。薄ピンとは地下茎で増える昼顔だ。今年は除草剤を使ったがバラ周辺は使えないので掘り出して退治していた。

作業をしていると爺さんが通り過ぎたが俺を見かけると引き返してきた。知らない人だ。多くの人が俺の家の前の歩道を利用する。俺はこの界隈では有名人だと自治会の役員をやったときに知らされた。

 引っ越してきた年は多くの人が俺に栽培方法やら土作りを指南して通り過ぎていった。でも、翌年から指南はなくなり質問をされることが多くなった。 出来すぎて困った時には路行く人に野菜を差し上げたりした。

今回も質問だった。「マルチの効用は雑草対策と保温だということは分かっている。でも端に苗を植えているはなぜか?」と聞かれた。

おかしな質問をする人だなと思った。あぁ「野菜の時間」かと思った。野菜の時間では2列植えではなく1列植えなのでマルチ中央に苗を植えるものだと思ったらしい。

「庭が狭いので2列植えで端に定植している」と答えた。「中央に植えてもいいですよ」と付け加えた。理解して頂いたようだ。

実は昔、俺のこのブログ「野菜の時間」に数々パクられていたのだ。当初「野菜の時間」はプロの農家の手法を放送していた。多分、スタッフが家庭菜園ブログで情報を集めて、今の形に作り上げていったと推定している。

パクられながら俺は思っていた。

このブログは俺のアイデアを試す為に植物と戯れているものです。俺のアイデアをパクって上手く栽培が出来なくとも自己責任でお願いします。

くれぐれも自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

秋野菜ピーマンの収穫

スイカを暑い時に収穫して喜ばれた夏。キュウリをたくさん栽培し、飽きられた夏。今年もいろいろな夏が訪れ、去っていった。

 

季節は夏から秋へと移っていく。

 

バジルもニラも白い花を咲かせ。アスパラガスは赤い実をつけた。

 

もうすぐ赤とんぼがやって来る。

 

小さい秋が始まっている。

 

準備も秋へと移っていく。

 

白菜のタネを蒔いた。ダイコンのタネも蒔き始めた。夏の間にタネ播きしたブロコリーの苗を植えつける。  … …。

 

なのに、夏野菜ピーマンの収穫が始まっている。ピーマンは栽培の教科書では代表的な夏野菜とされている。しかし夏の盛りにはさっぱり実がならない。他の夏野菜に飽きた家族から『ピーマンは?』とせがまれ、脇芽を摘み、日当たり、風通しを良くして養分の分散を防いでいっても実は一向に増えない。

 

001

 

そうこうしているうちに盆過ぎから急に実が出来始め、秋の深まりと共に収穫量がドンと増えていく。おまけにピーマンは紅葉までする。だから俺は、だれが何と言おうともピーマンは秋野菜だと思っている。

 

家族が待ちに待った秋野菜ピーマンの収穫が始まり、温かく迎えられている。でも、俺は分かっているのだ。秋の深まりと共にピーマンは飽きられ、今度はキュウリが恋しがられると。

 

人気は長くは続かない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

ピーマンが主役の料理「ピーマンの肉詰め」

ピーマンを家庭菜園で栽培している。

ピーマンは11月末まで収穫できるとはいえ、今年は絶好調である。

 

0_001

 

 

 

 

7月は雨が多く日照不足で、収穫はいまいちであったが、8月以降からは回復してきた。

9月、10月も暑かったのが良かったのだろう。

 

ピーマンは種から育ってている。例年、翠玉二号を栽培していたが、今年は「あきの」ピーマンを試してみた。

我が家ではピーマン料理といえば、「チンジャオロース」と「ピーマンの肉詰め」が定番である。前者の品種だと小さめの肉詰めなってしまう(ピーマンが小さいから)。

 そこで、品種を変えてみたのだ。「あきの」はプロの農家が栽培している品種だ。

 

 私の家庭菜園のポリシーとしては、何処でも手にはいる品種は作らない。だから、ジャガイモなどは、メークインと男爵は栽培しない(失敗なくできるようだ)。

 

といっても、何でもかんでも、ポリシーを盾にすることもあるまい。

 

ピーマンぐらいいいかなと思った。

 

もう、そんな不器用な生き方をしなくてもいいかな?

 せっせと,脇目を摘んで、実を少なくして、大きくさせた。その甲斐があって、肉詰めしやすい大きなピーマンが収穫できた。肉詰めピーマンも大きくなった。

でも、例年と同じ様に肉の量を妻が用意していたので、今度は数が減った。

 

個数が減ったので、今度は食べた気がしないのだ。

 

なかなか、いいとこ取りは出来ないものだ。

 

0_002

 

ブログ用にお皿を買ったのだが、お皿が大きく、沢山ピーマンを入れないとさまにならなくなった。

 一人前はこれより、2個少ない。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)