トウガン

2007年10月 8日 (月)

恐る恐るおすそ分け「トウガン」・・・第13話

昨日、Mさんから生姜をもらった。俺の大好物だが、家族が食べないので栽培していない。御礼に秋茄子をさしあげた。

 

Mさんは東京から市原にある「山の農園」に奥さんと月1~2回やってくる、里芋栽培の達人である。Mさん夫婦はこまめに収穫する必要のある果菜類は作っていない。要するに手間がかかる野菜はここでは栽培していのだ。

 

そのMさんが「トウガンは作っていなよネ~」と聞いてきた。トウガンは栽培していなかった。数年前、そのトウガンをMさんからもらった。昨年はHさんからおすそ分けされた。トウガンはあまりにも大きく、包丁をいれたらすぐに食べきらないと駄目な野菜だ。総料理長の判断待ちの野菜なのだ。

 

Mさんは恐る恐る俺に「トウガン」食べる?と聞いてきた。俺は躊躇した。

 

このやり取りは地域やPTAの役員を探すときと似ている。「いや、忙しいですよ」等々と言ってやり過ごす。

 

「トウガンはあまり食べないんですよ」。それを聞いたMさんは寂しそうに「あと6個あるんだ」と呟いて自分の畑に戻っていた。Mさんの後姿を見た俺は何かスマナイ事をしている気になった。

 

今は収穫できる野菜も少ないし、Mさんにはお世話になっているし、と頭の中をいろいろと駆け巡った。

 

「それ引き受けます」と後先考えずに言っていた。

 

Mさんの畑にあるズッシリとした「トウガン」を持った時、俺の腹は決まった。

 

家に持ち帰り、総料理長に恐る恐る「トウガン」を差し出した。ことの顚末を話したらすんなり引き受けてくれた。

 

そう、腹を決めればいいのだ。

 でも、これがなかなか出来ない。

 

  Photo_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)