登山

2009年9月25日 (金)

白菜のタネ播きと定植

紅葉が見たくて岩手山から八幡平に向かう山旅を楽しんだ。

 

このコースの中間にある三石山は地元では有名な紅葉の山であり、盛りを迎えていた。見ごろは2週間と短くその時期を逃すと来年まで待たなければならない。

 

 山から帰ってきた翌日、早々に白菜の苗を定植した。白菜もまた時期が大切な野菜であるからである。

 

 盆過ぎからタネを蒔き始め、9月上旬にはタネ播きの適期は終わる。定植は9月中旬から10月上旬までには終えなければならない。早過ぎれば病害虫にやられ、大方は失敗に終わる。遅過ぎると気温がさがり、成長が阻害されて巻かない白菜ばかりになる。

 

他の野菜は少々遅かろうが早かろうが大して支障がないが白菜だけはそうはそうはいかない。だから、秋冬野菜は白菜を先ず考えて行動している。

 

090924_001

 

白菜は3品種栽培している。タネ蒔き後、約65日(2kg)から収穫でき、約100日(4~5kg)までいつでも収穫できる「富み風」。

 

これは02年から使い続け、今シーズンでタネが終わった。発芽率も特に落ちずに長い間楽しませてくれた。それを盆にタネを蒔いた。

 

タケノコ型白菜「緑搭紹菜」と大きく育つ「豊風」を、9月上旬にタネを蒔いた。前者は中早生種でタネ播きから80日で収穫でき約3.2kgなる。後者は晩生種でタネまき後95~100日、4~4.5kgになる。両者共に03年からタネを使っている。まだ、数年は、タネは持ちそうである。

 

白菜は畑で貯蔵は出来るが、生育期間の違う品種を育てると長い間食べることができるし、それぞれの持ち味を生かせる料理も楽しめる。

 

090924_017 石灰、鶏糞を混ぜ、120幅の黒マルチを施した畝に50cm間隔に苗を定植して2列植えにした。幼苗の時に虫にやられると満足な白菜ができないので移行浸透性殺虫剤を混ぜ込んで合わせて苗を22株植えつけた。そこに、240cmのトンネル用支柱に防虫と保温を兼ねてネットをする。肥料に持続効果の高い鶏糞を用いているので追肥はしない。

 

白菜のタネ播きは今からでは遅い。これから白菜を栽培する人はHCで苗を手にいれるといい。そして来シーズンは品種に拘ったタネ播きを勧める。タネは前項のように冷蔵庫で保存すれば何年も持つ。

 

090924_020

 

それと、マルチとネットは生育遅れを是正するので、毎年、白菜が巻かない人にははお勧めである。余った苗は、取っておき活着状態を確認してから処分している。ずぼらに見えても大事なところは用心深いのである。

 

白菜は時期を逸したら、満足な収穫できない野菜である。

 

ぐずぐずはしていられない。

 

待った無しだ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

「イエローアイコ」と登山(和賀岳、鳥海山)…52話

005_2

 

品種にこだわって家庭菜園をしていると、このブログで公言してきた。でも、ここ数年はあまり新しい品種を試していない。

 

昨シーズンミニトマト「アイコ」の新品種「イエローアイコ」がタネから売り出されたとき触手が動いたが諸事情で諦めた。今年こそはと栽培した。

 

「イエローアイコ」のキャッチコピーはマンゴー味である。3月上旬大玉トマト「麗夏」と「アイコ」とこの「イエローアイコ」のタネを平鉢に蒔いた。「イエローアイコ」は他のヤツらより早く芽を出した。さすが今シーズンの主役。満を持しての登場と俺は喜んだ。

 

4月下旬、他のトマトと一緒に「イエローアイコ」の苗を畑に植え付けた。栽培は前にブログにしている「アイコ栽培ポイント」とほぼ同じだ。

 

7月上旬、これも他のトマトに先駆けて黄色く色づき、収穫を開始した。変化の激しい時代 スピードも大事だ。それにマンゴー味と言うのがいい。このタネが売りだされたのは 芸人出身の知事が「マンゴー」を宣伝する前だった。

 

「サカタのタネ」の先見の明に感心し、俺はこのタネ屋の極小株主にもなっていた。

 

早々にマンゴー色に色づいた「イエローアイコ」を収穫して家族と食べて感想を聞いた。『マンゴー食べたことがないので分からない』と本物の高価なマンゴーを買ってくれと言わんばかりの家族に『これがマンゴー味だよ』と俺は言ってその場を収めた。

 

ところが、数日後、ガス屋主催の料理教室でマンゴーを女房が食べてきた。

 

『本物のマンゴーは美味しかった。 あれはマンゴーじゃないわね』と台所の片隅に置かれた「イエローアイコ」を見て自慢された。それを聞いた末娘も本物のマンゴー食べたいとホザイタ。

 

その翌日夜、帰宅すると『マンゴー美味しかった。 「イエローアイコ」はトマトだよ』と末娘に言われた。

 

不思議に思っている俺に、マンゴー入りのプリンをスーパーで見つけ買って、食べたことを女房が教えてくれた。

 

 

 

 

「イエローアイコ」の不人気に株主として、一抹の不安を感じた俺は山に持って行くことを決めた。「アイコ」信者になった山仲間の三太郎ならこのよさを分かってもらえると思ったのだ。

 

奥羽山脈最後の仙境と言われている「和賀岳」と山容秀麗な「鳥海山」を「イエローアイコ」と共に目指すことにした。

和賀岳は三太郎が巨木の森であることを知り、鳥海山と合わせて登ることになった山である。

甘露水登山口から頂上をピストンで登る計画だ。朝の日を浴びながら和賀岳頂上を目指して登りはじめた。ミズナラ、ホウノキ、トチノキから、ブナの森へと落葉樹の巨木群が続いた。

木の大きさに圧倒された。三太郎と落葉樹と針葉樹の成長戦略の違いについての「うんちく」を語りながら高度を稼いだ。

最後の水場 滝倉の沢で用意していた「イエローアイコ」をリックから取り出し、「マンゴーアイコ」と言って三太郎に食べさせた。

『マンゴー食べたことがないので分からない』と賞賛を求める俺に家族と同じ返答だった。食べ比べてもらうために「アイコ」も渡したところ、「こちらも皮が硬い」と言われてしまった。

三太郎は盲目的「アイコ」信者であったはずであったが?

実は昨年の秋、北アルプスに行ったときに食べた「アイコ」が美味しくなく、洗脳が覚め始めていたのかもしれないと思った。『昨年は低温で、今年は雨続きで、美味しくないのだ』と原産地の説明も加えて冷徹な批評家に論理的に俺は言い訳した。

まあ、どんなに相手が俺の論に納得しても、ここでは味は変らない。そこで、「イエローアイコ」が美味しくなるチャンスを待つことにしたところ、きれいな沢に住む虫が集まってきた。

アブである。何故か俺ばかりを狙う。俺は三太郎をおいて駆け足でその場を逃げ出した。

いくら逃げても追いかけてくる。森を抜けて稜線の草原に広がるお花畑の途中で振り切った。

いつの間にか薬師岳山頂まで達した俺は高山植物を愛でてゆっくり登る三太郎を待つことにした。

足元が痒い。アブに刺されていた。それで味をしめたアブに俺だけ狙われたのだ。薬師岳で、また「イエローアイコ」を三太郎と食べた。

019_2

 

小杉山、小鷲倉の鞍部とお花畑の稜線を経て和賀岳頂上に到達した。頂上は高山蝶とトンボが群がる花の楽園であった。そこで「イエローアイコ」を三太郎と食べた。

 

山に登った8月上旬は、日本中荒れていた。俺達のいる秋田地方だけ雨が降っていなかった。雲行きが怪しくなってきたので頂上を後に、来た道を引き返すことにした。

晴天ではなかったが蒸し暑さもあり、俺達は用意してきた水筒のスポーツドリンクの水を飲み続けた。俺より水の消費量の多い三太郎は僅かの水を残すのみとなった。滝倉の沢までは、1時間以上もある。

俺は小杉山で最後の「イエロアイコ」4粒を取り出し、全て三太郎に差し出した。『美味しい… …』という言葉を聞いた。「イエローアイコ」が「マンゴーアイコ」に変った瞬間だった。

薬師岳から水場を目指して下っていったところアブが迎えてくれた。アブはきれいな沢で生まれ育ち、住み、水を求めてやってくる動物を狙う。『「職住接近」という我々日本人とは違う人間的な生活を送っている』と水場が近くなった嬉しさからアブを称えるような話をした。

 

状況が変れば評価も変る。現金なものだ。

我々、人間は。

甘露水登山口で迎えに来た車で宿に戻った。その後、雨が降り、翌日も雨が降っていた。秋田から山形県境にある鳥海山に向かった。

059_2

 

登山口の鉾立てに着くと完全に雨があがり、翌日にはご来光を眺め、頂上を極めた。岩と雪渓のある花の鳥海山を十分に楽しんで、滝の湯に向かって下山した。その翌日帰路についた。

 

 

 

家に着くと新たに生協で注文したマンゴープリンを食べながら末娘が笑顔で迎えてくれた。俺も一緒にそれを食べた。

後日、三太郎家に夏野菜を送った。御礼のメールに『マンゴー … 』とあった。

 

 

我々は自分の都合のいいように物事を考える。

自分の判断と知識と労働によって

美味しい野菜が出来た。

山の頂上を極めた。

それを自分の、当然の努力の成果とする。

でも、本当は、たまたま運がよかっただけなのかもしれない。

天候に恵まれたという。

謙虚に生きなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

ミニトマト「アイコ」と登山とブログ・・・第10話

俺は、ミニトマトは「アイコ」と決めている。サカタのタネが「タネ」を売り出した年から育てている。あまりにも美味しく、たくさん出来るので、近所に配り、会社に持っていき、友人たちに送りつけ、娘たちの育っているハムスターにも食べていただき、カラスにもお裾分けをした。大好評に気を良くした俺は山にも持って行った。それが、2年前だ。

 

俺の登山歴は長い。「雪と岩」がある山を征服するぞと思っていた、あの頃。花(紅葉)と温泉がある山なら行ってもいいかなと思っている、この頃。

 

そんな、この頃の俺が2年前に行った山が東北の焼石連峰だ。登山仲間の「三太郎」に誘われて行った。登山には果物は欠かせない。普通はかんきつ類が定番だ。遊び人の「山師」から勤勉な「週末農夫」に変身した俺は「アイコ」を持っていった。肉厚で一口サイズのアイコは登山に最適だと思ったのだ。

 

あいにくの雨模様の中、中沼で休憩した。雨なので下りてきた地元の登山者と一緒になった。そこで、自慢の「アイコ」を出し、三太郎とその登山者に食べさせたのだ。賞賛の嵐が吹きまくった。

 

雨の中、銀名水、金名水と非難小屋を泊まり歩いた。道は沢化していた。お陰で、30年物の俺の登山靴は底が取れてしまったのだ。三太郎には呆れられた。そんなとき、「アイコ」を差し出しだすと機嫌を直すのだった。

 

登山の最終日、天候は回復した。高山植物の咲き乱れる経塚山の斜面を登っていたところにサイの河原の道標があり、大株のハクサンシャジンが悠然と風に揺れていた。そこで「家庭菜園のブログをやったら ・・・きっと人気ブロガーになる」と三太郎から言われたのだ。 三太郎は早くからブログを公開していた。

 

ブログ?初めて聞く言葉であった。 「変なトラックバックをつけられたらバシバシ切るのだ」。

 

何故、人気者になるとトラックとバスにつけられて振り切らなければならないのか? パパラッチはバイクのはずだが??

 

それに俺は一介の週末農夫だ。人気者の器ではない。俺はトマト(大玉)でもないし、白菜でもない。どちらかと言えば、タマネギか。里芋が理想だ。空豆もいい。

 

そのときは「パソコンは体に悪るいので、出来るだけ使わないようにしている」と断った。その数十分後、頂上直下で大きな地震に見舞われて、落石をかわした。仙台で生まれ育った三太郎は宮城沖地震を思い出し慌てた。夏油温泉にたどりついたとき、大事には至らなかった事を知った。

 

俺は昨年の暮れ、なぞの耳痛と顎痛に悩まされた(今も続いている)。それで家にじっとしていた。貧乏症の俺には耐えられない日々だ。気を紛らわす為に、「三太郎のブログ」と「ブログの女王」を見た。面白そうなので、ブログの解説本を買い込んで「里芋はお宝野菜なのだ!」を公開したのだ。

 

今回の話を書く気になったのは先週、また、「アイコ」を持って三太郎と焼石連峰にいてきたからだ。と言うか、三太郎が「アイコ」をバクバク食べながら褒めたからだ。

 

そして、俺も「アイコ」をバクバク食べながら、今回の話を書いている。

 

いまだに、トラックにもバスにもつけられていない。つけられるようになったらブログは止めようと思っている。

 

命あってのものダネだ。

001

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)