シソ

2007年7月29日 (日)

シソが主役の料理

家庭菜園でシソを栽培すると薫り高いシソ(大葉)が出来る。

それも無農薬でだ。

私の栽培したシソは、お裾分けでも人気が高い。

若い葉のみを収穫するからだ。

普通、シソの収穫は下の葉。要するに古い葉を収穫しているのだ。

だから、硬くて香りも悪い。

風通しのよい路地で栽培するとシソも大株になる。

どのみち、食べきれないので、上から枝つきで鋏で切って収穫している。

しばらくすると、脇芽から新しい葉っぱが現れる。

それを繰り返し収穫している。

その柔らかく香り高いシソで数々の料理を作ってもらっている。

 

シソご飯

 

Siso

 

 

 

シソスパゲティ

 

002_21

 

 

 

他にもシソそうめん シソの天ぷら アイデアしだいではいくらでもある。

 

ポイントはシソを煮たり炒めない事だ(天ぷら以外)。

 

風味が失われる

 

 

保存方法

使うときに収穫するのが一番だが、そうもいかない。

枝つきで冷蔵庫にいれると鮮度は保たれる。

同じシソ科のバジルも同様のようだ(テレビで見た)。

家庭菜園で栽培すると葉ジソだけではなく穂ジソ、花穂ジソも楽しめる。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)