ミニトマト

2020年8月24日 (月)

毎日収獲させられるトマト

暑い日が続いている。水やりは朝晩欠かさずしている。

でも、トマトはほとんど水やりをしていない。他の果菜類と違いトマトはアンデスの高地が原産地でジメジメが苦手な野菜なのだ。水をやりすぎると病気なったり、実に水分が多くなり美味しくなくなる。

梅雨が明けてからトマトは絶好調だ。

Photo_20200824111201

(クリックすると 綺麗に写ります)

台風でも倒れない支柱を立ててオリを作りミニトマトの枝を伸ばす横支柱を斜めにして補強している。

仕立て方は大玉トマトは1本仕立て。中玉も1本仕立て。一般的な仕立て方。

ミニトマトは最初は1本仕立て。途中から2本仕立てにしている。教科書的には最初から2本仕立てだがこだわっていない。

枝数が増えれば収穫数が増えて実が小さくなるのだ。だから、大玉は1本仕立てになるのは当然。

実の大きさと収量数をコントロールで仕立て方が決まるのである

それと枝数が増えると風通しが悪くなり病害虫のリスクが大きくなるということだ。

この基本が分かれば家庭菜園では自由に好みで枝数を決めればいい。

大きいミニトマトを作りたければ1本仕立てすればいい。小さい大玉トマトを作りたければ2本、3本と増やせばいい。

もっともミニ、中玉、大玉とあるので品種でコントロールできるのでマニアックに仕立て方にこだわる事はない。

Photo_20200824114801

トマトはミニ、中玉、大玉と全部で4種育てている。今年は家庭菜園を初めてから20年ぶりの苗栽培だ。

手前の大玉トマトは麗夏(2本)。初めてレイカを苗から育てた。このトマトと出会ってから大玉トマトの失敗はない。俺の家庭菜園の夏野菜のスター。でも昨シーズン、大きな失敗をしてしまった。違う品種のタネを買ってしまったのだ。

麗月。夏と月を間違えて発注した。

もちろん何の問題もなくレイゲツを収穫してラタトゥユを食べた。

Photo_20200824112701

右側のミニトマトはイエローアイコ。マンゴー アイコとキャッチコピーで売り出されたが妻と三女に一蹴されたミニトマトだ。タネがなくなってから栽培はしていなかったが苗のセットについてきた。

今年、暑い夏になりめちゃくちゃ美味しくなった。帰省していた三女もイエローアイコを持って帰った。

 

アイコもたくさん出来た。イエローアイコの方が甘みは強く、完熟が早いので実は割れやすい。

どうしても妹分のイエローアイコに収穫が向かう。アイコは後回しにされる長女の感じなのだ。

来シーズン用にオレンジアイコがサカタのタネから売り出されていた。さしずめオレンジは三女になる。

妻に話すと興味を示したが俺はもういいかなと思っている。ミニトマトまで姉妹をそろえるつもりはない。

Photo_20200824115501

中玉トマト 「シンディオレンジ」。2株ついてきた。一番、美味しいと妻が言っていた。

なぜか、1株は梅雨の間に病気になり成長が止まってしまったので抜いて処分した。

残った株は収量は少ないが、安定して実をつけている。

Photo_20200824145101

今年の我が家の家庭菜園はトマトの収穫が必ずあり、それと他の野菜との組み合わせになっている。

キュウリが取れている時には冷やし中華を始めましたと妻が料理をする。

Photo_20200824145401

 

キュウリがなくなってもトマトはなくならない。

Photo_20200824145501

なす、ピーマン、オクラ、しそ、枝豆。

Photo_20200824145701

トマトがたくさん採れるのでラタトゥユを作ろうと妻に言われる。

ピザトーストがいいと俺は答えて、朝食を作ってもらっている。

写真はオクラだがピーマンだったりする。

因みにパンは自家製である(俺ではない)。

Photo_20200824145702

今までは食事は娘達がいたので俺はあまりラタトゥユを食べなくとも良かった。

独身時代、最初に妻が俺に料理を作ってくれた時にサラダにミニトマトがあった。

初めてミニトマトを食べた。

美味しいと言って食べた。

 

実は俺はトマトが苦手なのだ。

家庭菜園するようになってトマトを正直ベースで食べるようになった。

でも、ラタトゥユを食べ続けるまではに達していない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

梅雨の家庭菜園 果菜類

長雨が続いている。手入れも収穫も思うように行かない。

でも雑草対策した果菜類周辺は防草シートに守られて手間いらずだ。

1_20200717110001

(写真をクリックすると大きくなります)

雨は他の地方とは違い洪水被害は無い。でも先週は大風が続き倒れない支柱が試された。

雨の切れ間に手直しをした程度ですんだ。

2_20200717110001

収穫物には大風の爪痕が残っている。ナスなどは皮が傷ついた。

プロの農家ならスーパーでは引き取ってもらえない。

見た目が一番だからだ。

味に変わりは無いので当然家庭菜園では食べる。

3_20200717110001

大玉トマトの収穫も始まっている。

4_20200717111001

サカタのタネの麗夏は皮が厚く割れにくく

病気に強い品種。

だが、強風と雨に長く当たると表面が傷んで、

虫の侵入を許すので真っ赤になる前に収穫した。

真っ赤なトマトは夏まで辛抱。

5_20200717111001

ミニトマトアイコとイエロアイコの収穫も始まっている。

6_20200717111601

できはじめは幹が充実しないうちに長雨にやられたので実は割れやすかった。

でも今は割れなくなり、甘くなってきた。

7

カボチャ栗坊の実が大ききなってきた。6月上旬に受粉したもの。

その後、長雨が続いたので、隙を見て受粉を狙ったが雌花が腐ってしまい上手くいかない。

カボチャは寿命が長いので焦っていない。

でも茂りすぎてキュウリの場所まで進出している。

8

キュウリの出来が悪くなってきた。

キュウリは日照が少なくとも出来る野菜だ。

昔、生野菜のない昭和基地でも育てられていると知った。

先が細いのは風と肥料不足だ。

ピーマンも少しずつ収穫が始まっている。

他の果菜類にも化成肥料を追肥した。

残る世話は脇芽と誘因だけである。

今年は苗からの果菜類で少ないが夫婦二人で食べるには十分な量である。

冷蔵庫に保管している果菜類のタネを来年使うか?

悩む梅雨である。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

「イエローアイコ」と登山(和賀岳、鳥海山)…52話

005_2

 

品種にこだわって家庭菜園をしていると、このブログで公言してきた。でも、ここ数年はあまり新しい品種を試していない。

 

昨シーズンミニトマト「アイコ」の新品種「イエローアイコ」がタネから売り出されたとき触手が動いたが諸事情で諦めた。今年こそはと栽培した。

 

「イエローアイコ」のキャッチコピーはマンゴー味である。3月上旬大玉トマト「麗夏」と「アイコ」とこの「イエローアイコ」のタネを平鉢に蒔いた。「イエローアイコ」は他のヤツらより早く芽を出した。さすが今シーズンの主役。満を持しての登場と俺は喜んだ。

 

4月下旬、他のトマトと一緒に「イエローアイコ」の苗を畑に植え付けた。栽培は前にブログにしている「アイコ栽培ポイント」とほぼ同じだ。

 

7月上旬、これも他のトマトに先駆けて黄色く色づき、収穫を開始した。変化の激しい時代 スピードも大事だ。それにマンゴー味と言うのがいい。このタネが売りだされたのは 芸人出身の知事が「マンゴー」を宣伝する前だった。

 

「サカタのタネ」の先見の明に感心し、俺はこのタネ屋の極小株主にもなっていた。

 

早々にマンゴー色に色づいた「イエローアイコ」を収穫して家族と食べて感想を聞いた。『マンゴー食べたことがないので分からない』と本物の高価なマンゴーを買ってくれと言わんばかりの家族に『これがマンゴー味だよ』と俺は言ってその場を収めた。

 

ところが、数日後、ガス屋主催の料理教室でマンゴーを女房が食べてきた。

 

『本物のマンゴーは美味しかった。 あれはマンゴーじゃないわね』と台所の片隅に置かれた「イエローアイコ」を見て自慢された。それを聞いた末娘も本物のマンゴー食べたいとホザイタ。

 

その翌日夜、帰宅すると『マンゴー美味しかった。 「イエローアイコ」はトマトだよ』と末娘に言われた。

 

不思議に思っている俺に、マンゴー入りのプリンをスーパーで見つけ買って、食べたことを女房が教えてくれた。

 

 

 

 

「イエローアイコ」の不人気に株主として、一抹の不安を感じた俺は山に持って行くことを決めた。「アイコ」信者になった山仲間の三太郎ならこのよさを分かってもらえると思ったのだ。

 

奥羽山脈最後の仙境と言われている「和賀岳」と山容秀麗な「鳥海山」を「イエローアイコ」と共に目指すことにした。

和賀岳は三太郎が巨木の森であることを知り、鳥海山と合わせて登ることになった山である。

甘露水登山口から頂上をピストンで登る計画だ。朝の日を浴びながら和賀岳頂上を目指して登りはじめた。ミズナラ、ホウノキ、トチノキから、ブナの森へと落葉樹の巨木群が続いた。

木の大きさに圧倒された。三太郎と落葉樹と針葉樹の成長戦略の違いについての「うんちく」を語りながら高度を稼いだ。

最後の水場 滝倉の沢で用意していた「イエローアイコ」をリックから取り出し、「マンゴーアイコ」と言って三太郎に食べさせた。

『マンゴー食べたことがないので分からない』と賞賛を求める俺に家族と同じ返答だった。食べ比べてもらうために「アイコ」も渡したところ、「こちらも皮が硬い」と言われてしまった。

三太郎は盲目的「アイコ」信者であったはずであったが?

実は昨年の秋、北アルプスに行ったときに食べた「アイコ」が美味しくなく、洗脳が覚め始めていたのかもしれないと思った。『昨年は低温で、今年は雨続きで、美味しくないのだ』と原産地の説明も加えて冷徹な批評家に論理的に俺は言い訳した。

まあ、どんなに相手が俺の論に納得しても、ここでは味は変らない。そこで、「イエローアイコ」が美味しくなるチャンスを待つことにしたところ、きれいな沢に住む虫が集まってきた。

アブである。何故か俺ばかりを狙う。俺は三太郎をおいて駆け足でその場を逃げ出した。

いくら逃げても追いかけてくる。森を抜けて稜線の草原に広がるお花畑の途中で振り切った。

いつの間にか薬師岳山頂まで達した俺は高山植物を愛でてゆっくり登る三太郎を待つことにした。

足元が痒い。アブに刺されていた。それで味をしめたアブに俺だけ狙われたのだ。薬師岳で、また「イエローアイコ」を三太郎と食べた。

019_2

 

小杉山、小鷲倉の鞍部とお花畑の稜線を経て和賀岳頂上に到達した。頂上は高山蝶とトンボが群がる花の楽園であった。そこで「イエローアイコ」を三太郎と食べた。

 

山に登った8月上旬は、日本中荒れていた。俺達のいる秋田地方だけ雨が降っていなかった。雲行きが怪しくなってきたので頂上を後に、来た道を引き返すことにした。

晴天ではなかったが蒸し暑さもあり、俺達は用意してきた水筒のスポーツドリンクの水を飲み続けた。俺より水の消費量の多い三太郎は僅かの水を残すのみとなった。滝倉の沢までは、1時間以上もある。

俺は小杉山で最後の「イエロアイコ」4粒を取り出し、全て三太郎に差し出した。『美味しい… …』という言葉を聞いた。「イエローアイコ」が「マンゴーアイコ」に変った瞬間だった。

薬師岳から水場を目指して下っていったところアブが迎えてくれた。アブはきれいな沢で生まれ育ち、住み、水を求めてやってくる動物を狙う。『「職住接近」という我々日本人とは違う人間的な生活を送っている』と水場が近くなった嬉しさからアブを称えるような話をした。

 

状況が変れば評価も変る。現金なものだ。

我々、人間は。

甘露水登山口で迎えに来た車で宿に戻った。その後、雨が降り、翌日も雨が降っていた。秋田から山形県境にある鳥海山に向かった。

059_2

 

登山口の鉾立てに着くと完全に雨があがり、翌日にはご来光を眺め、頂上を極めた。岩と雪渓のある花の鳥海山を十分に楽しんで、滝の湯に向かって下山した。その翌日帰路についた。

 

 

 

家に着くと新たに生協で注文したマンゴープリンを食べながら末娘が笑顔で迎えてくれた。俺も一緒にそれを食べた。

後日、三太郎家に夏野菜を送った。御礼のメールに『マンゴー … 』とあった。

 

 

我々は自分の都合のいいように物事を考える。

自分の判断と知識と労働によって

美味しい野菜が出来た。

山の頂上を極めた。

それを自分の、当然の努力の成果とする。

でも、本当は、たまたま運がよかっただけなのかもしれない。

天候に恵まれたという。

謙虚に生きなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

ミニトマト「アイコ」と登山とブログ・・・第10話

俺は、ミニトマトは「アイコ」と決めている。サカタのタネが「タネ」を売り出した年から育てている。あまりにも美味しく、たくさん出来るので、近所に配り、会社に持っていき、友人たちに送りつけ、娘たちの育っているハムスターにも食べていただき、カラスにもお裾分けをした。大好評に気を良くした俺は山にも持って行った。それが、2年前だ。

 

俺の登山歴は長い。「雪と岩」がある山を征服するぞと思っていた、あの頃。花(紅葉)と温泉がある山なら行ってもいいかなと思っている、この頃。

 

そんな、この頃の俺が2年前に行った山が東北の焼石連峰だ。登山仲間の「三太郎」に誘われて行った。登山には果物は欠かせない。普通はかんきつ類が定番だ。遊び人の「山師」から勤勉な「週末農夫」に変身した俺は「アイコ」を持っていった。肉厚で一口サイズのアイコは登山に最適だと思ったのだ。

 

あいにくの雨模様の中、中沼で休憩した。雨なので下りてきた地元の登山者と一緒になった。そこで、自慢の「アイコ」を出し、三太郎とその登山者に食べさせたのだ。賞賛の嵐が吹きまくった。

 

雨の中、銀名水、金名水と非難小屋を泊まり歩いた。道は沢化していた。お陰で、30年物の俺の登山靴は底が取れてしまったのだ。三太郎には呆れられた。そんなとき、「アイコ」を差し出しだすと機嫌を直すのだった。

 

登山の最終日、天候は回復した。高山植物の咲き乱れる経塚山の斜面を登っていたところにサイの河原の道標があり、大株のハクサンシャジンが悠然と風に揺れていた。そこで「家庭菜園のブログをやったら ・・・きっと人気ブロガーになる」と三太郎から言われたのだ。 三太郎は早くからブログを公開していた。

 

ブログ?初めて聞く言葉であった。 「変なトラックバックをつけられたらバシバシ切るのだ」。

 

何故、人気者になるとトラックとバスにつけられて振り切らなければならないのか? パパラッチはバイクのはずだが??

 

それに俺は一介の週末農夫だ。人気者の器ではない。俺はトマト(大玉)でもないし、白菜でもない。どちらかと言えば、タマネギか。里芋が理想だ。空豆もいい。

 

そのときは「パソコンは体に悪るいので、出来るだけ使わないようにしている」と断った。その数十分後、頂上直下で大きな地震に見舞われて、落石をかわした。仙台で生まれ育った三太郎は宮城沖地震を思い出し慌てた。夏油温泉にたどりついたとき、大事には至らなかった事を知った。

 

俺は昨年の暮れ、なぞの耳痛と顎痛に悩まされた(今も続いている)。それで家にじっとしていた。貧乏症の俺には耐えられない日々だ。気を紛らわす為に、「三太郎のブログ」と「ブログの女王」を見た。面白そうなので、ブログの解説本を買い込んで「里芋はお宝野菜なのだ!」を公開したのだ。

 

今回の話を書く気になったのは先週、また、「アイコ」を持って三太郎と焼石連峰にいてきたからだ。と言うか、三太郎が「アイコ」をバクバク食べながら褒めたからだ。

 

そして、俺も「アイコ」をバクバク食べながら、今回の話を書いている。

 

いまだに、トラックにもバスにもつけられていない。つけられるようになったらブログは止めようと思っている。

 

命あってのものダネだ。

001

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

ミニトマト「アイコ」栽培ポイント(ゴザエモン流)

011 庭菜園でミニトマト「アイコ」を3シーズン栽培しています。

 

 

プラム形で甘みが強く。おすそ分けで喜ばれる品種で、特に子供に人気があります。ですから、お孫さんに食べてもらえるトマトです。

 

「アイコ」栽培ポイントと言っていますが、そこらにある、ミニトマトと栽培は同じです。ミニトマトは大玉トマト違い雨に強いので作り易いトマトです。大玉トマトも基本的には栽培法は同じですので、まずはミニトマトで慣れてください。別の機会に大玉トマトの栽培法を公開したいと思います(来シーズンに向けて)。

 

Burogu_002

 

 

 

現在は定植を終えられたと思いますので、それ以降について述べます。

 

定植後

Burogu_007 

 

 

①脇芽を必ず、摘みます。

 

コメント)

私はミニトマトでも、最初は大玉トマトと同じように一本仕立てにしています。その後の生育が良くなるからです。トマトは蒸れに弱く、風通し、日当たりが重要だからです。

 

週末にしか畑には行けないと、脇芽に花がつき、実までなっているものもあります。その場合でも脇芽をつんでいます。目先に走らず、生育重視です。「アイコ」は6月下旬~11月まで鈴なりに実ができ、収穫できますので、今は我慢です。

 

7月~8月にもなると背丈も高くなり、茎も葉も充実してくるので、それほど1本立ちにこだわりません。これが、秋の戦力になります。でも、風通し、日当たりは考慮に入れています。

 

        背丈の高くなるに従い、遅れずに支柱に紐で固定します。

 

(コメント)

紐は締めやすい麻紐を使っています。

 

結ぶ場合は茎を締め付けないように8の字結びにしています。

 

        活着したら水は与えません。

 

 (コメント)

畑でも熱心に水を与えている人を見かけます。

 

トマトは乾燥した土地のほうが美味しく、病気になりにくい作物です。

 

ですから、私は必ず高畝、マルチをしています。でも、ビニールで苗、全体は覆いません。背丈が高くなるトマトは、覆いは強風で、飛ばされやすいし、設置が大変だからです。それよりも、畝を作る段階、定植する時に風通しを良くなるように工夫しています。

 

        追肥を両脇にする。

 

(コメント)

 私は元肥に鶏糞を使用しているので、それほど、追肥を重視していませんが、収穫が長いので即効性化成肥料を定期的に施すことをお勧めします。

 

Burogu_001

 

 

 

 

 

これからが成長しながら、トマトの収穫が始まる、楽しくも忙しい時期になります。

 

                     

 

by ゴザエモン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマト(大玉)栽培をブログにしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)