ソラマメ

2021年1月 3日 (日)

俺の野菜を食べて心を燃やせ。

秋野菜のピーマンが枯れたのは12月20日のことだった。

ここまで頑張ったので夏、秋、冬野菜と呼んでも良い。

俺たち夫婦の為に命を燃やしてくれた。

1_20210103143201

最後のピーマンの収穫は肉詰めにしてもらった。

肉厚なピーマンだ。寒さにあたり苦みが増した。

サラダは収穫が始まっていた結球レタス。

2_20210103143201

畝はそのまま、空豆の居場所になる。

ここにはピーマンの他になすを植えていた。

畝の中央部は空いているので10月中旬に空豆のタネをなにもせずに蒔いている。

空豆は昨年、就職で家を出た三女の大好物。

3_20210103143201

下はレタス。縁に結球レタスを植え付け、

中央部にリーフレタスを植えている。

最初に結球レタスを食べてリーフレタスをリレー食べた。

寒さに強いレーフレタスにはベタがけ不織布を使わずに彩りを楽しんでいた。

だがムクドリの一家が寒くなると訪れて糞だらけにするので

数年前より花壇ではなく、畑スペースで栽培をしている。

6_20210103145301

ダイコンは2品種栽培しいている。その左側にはゴボウ(短いタイプ)を栽培している。

長いことタネを冷蔵庫で眠らしていたので、9月上旬に第一弾のダイコンと同じ日にタネを蒔いた。

4_20210103145301

ゴボウにとってはタネ蒔きが遅かったのでダイコンのようには成長していない。

鍋に入れて食べた。

5_20210103145401

夫婦二人では食べきれない量の野菜を育ているのだ。

仕事が忙しくコロナが蔓延して、娘達も思うように実家にかえれないでいる。

今年は全員そろいそうだという話だったがコロナ対策で3女がいつ帰れるか分からない。

次女がふるさと納税で手配してくれたすき焼きの肉が送られてくるので白菜と下仁田ネギを収穫しておいた。

今年は下仁田は栽培が遅かったので出来は今までで最低だった。

7_20210103150901

なんとか年末は三女も帰省できて家族一同そろって俺の野菜ですき焼きを食べることが出来た。

でも、つかの間で彼女は最後に来て、最初に帰っていた。

俺の野菜を所望され、白菜を二玉とダイコン、レタスを持って帰っていた。

そしていつものようにメモに書き残していった。

それを見た俺は彼女に俺の野菜を食べて、

人のために心を燃やせと言って送り出した。

8_20210103150901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

春野菜の収穫と春の料理

 今年は暑い春だ。春野菜の収穫も終わりに近づいている。アスパラガスは夏まで収穫を伸ばすと決めているが成長が早く、躊躇するとすぐに大きくなり、固くなる。収量が春先より少なめだ。

 

 5月初旬より、収穫しているソラマメ。今日すべて収穫した。タマネギも葉が倒れ始めたので保存がきかない赤玉の収穫を優先した。

 

Photo

 我が家の春の定番料理を女房が作ってくれた。調理方法はリンク先を見てほしい。

 

アスパラガスは湯がくより油で炒める方が美味しい。

 

タマネギは「赤タマネギのビネガーソテー」になった。

 

ソラマメは三女の好きな「ソラマメのポタージュ」になった。

 

Photo_2


過ぎていく春を心行くまで味わった。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

3シーズンぶりのソラマメの収穫とポタージュ

  不手際から2年ほどソラマメがない春を迎えている。今シーズンはソラマメ好きの三女との約束を守るために失敗は許されないのだ。

 

Photo

 

  このブログで皆さんに紹介した栽培方法を愚直に行った。

 

Photo_2

 

 久しぶりに作ったので女房はレシピを忘れ、俺のブログを見てソラマメと収穫した赤タマネギでポタージュにした。

 

Photo_3

 

「高校生になって初めてだね」と三女に言れ、写真を撮るのを手伝ってくれた。

そんな、彼女も受験を迎える年になっていた。月日の経つのは早いものである。

濃厚なポタージュを家族で何杯も飲んで、春を味わった。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

庭でのソラマメ栽培 定植

  三女との約束を守るため何としてもポタージュに使うソラマメを収穫しなければならない。

適期の10月中旬、庭には空はないので仕方がなく、ポットに種まきした。

12粒まいて10粒発芽した。すくすく育って苗達は定植を迫ってきた。

 

Photo_2

 

 犠牲を伴いながらソラマメ用の畝を作った。育苗中のアスパラガスの葉が邪魔なので枯れてもいないが切り倒し、サトイモを急遽掘り出した。ソラマメのほうが重要なのである。

 タネイモは購入品で夏は水を与えていたのにサトイモは大きくなっていない。葉物と実物は問題ないが、サトイモと山芋、ウコンはダメだ。気長に土づくりする必要がある。

 

Photo_3


間隔が狭く、窮屈だがソラマメ君達には我慢してもらうほかない。

きっと、春には三女の満足するソラマメが出来ると思っている。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ソラマメ蜂起

  我が三女は俺の栽培する「ソラマメ」に異常くらい愛情をかけている。

キャラター「ソラドン」まで生み出している。一昨年は引っ越しでソラマメを栽培出来ず、昨年の秋は彼女に催促されてソラマメのタネを蒔いた。「ソラマメのポタージュ」を楽しみに待っている。

 実はスペースの関係で4株しか栽培していない。それも、土が悪いので借りていた菜園のようには育ていない。そこへ、春の嵐がやってきて、ソラメノ支柱が倒れ、1株お亡くなりになった。

 

どうみても、収量が少ないので今年も「ソラマメのポタージュ」は無理だ。期待が大きくなる前に悪い情報は早く伝えたほうが最善である。ならぬものはならないのである。

 

 事実を三女に伝え「ソラマメは全部一人で食べていいから」と言ったら。ソラマメの様子を見たいというので見せた。そしたらソラドンを書いてよこした。

010

来年シーズンは頑張ります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

ソラマメ栽培のプレッシャー

1日4個も食べる三女はミカンが大好きだ

俺も食べてやると言ったら絵を描いてきた。

 

007_5

 

どうやら箱買いするらしい。

 

2008_7

 

俺には食べさせない気だ。生意気な。

 

上の折られた片隅に何か書いてあるようだ。

 

3009

 

俺がなにか今年頑張ったようだ。 仕事か?

???。

ソラドンはソラマメを食べている。

あ!。

約束していた、ソラマメのタネ蒔くの忘れていた。

ソラマメ栽培のプレッシャーだったのだ。

仕返しされた。

 

               
               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

空豆の自分史

10月10日にタネ播きしたソラマメが発芽し、順調に育っている。

 

栽培の注意点を末娘が絵にしてくれた(絵をアップして見てね)。

 

春にはソラマメのポタージュを食べるぞ!!

問題:心配性のゴザエモンはどこに隠れているでしょう?

 

004_2_3 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

『豆の栽培が上手くいく訳  空豆』…46話

昨春、豆の栽培が上手いかないのは『愛が足りないからだ』と女房と末の娘に指摘されたことを書いた

(リンク)。

確かに、俺も反省すべき点がタタあった。何かと仕事にかこつけて家にも帰らず、畑にも行かず、豆類の世話を怠ったことを素直に認め『全力の愛を捧げる』と大塚愛ばりに誓った。

B090508_005

改心した俺は、9月には畑を耕し、苦度石灰で中和し、畝を作り、中央に鶏糞を鋤きこみ、黒マルチをした。体育の日には空豆のタネを蒔いた。2月下旬にはアブラムシ対策用に殺虫剤を株の根元に混ぜ込み、3月上旬には成長したときに倒れないように、畝の周りに竿をし、そこにビニールテープで柵をした(野菜の時間で行っていた方法と同じ)。

その甲斐が合ってアブラムシが介在する病気にもならず、春の嵐に耐え、今日の日を迎えた。

空豆への献身は我が家の春の定番「空豆のポタージュ」を食べさせたい一念からだ。

けして、このブログの隠れ人気野菜をなんとかしなければ世間体が悪いことを気にしたものではない。ましてや男の沽券に関わるという不順な動機があったわけではないと強調したい。

 まあ、「愛」にはついては不順な動機はあってはならないと、あえて否定するつもりもないが。

B090508_003

空を向いた鞘が下になったら収穫である。

急いでたべなければ。

愛は冷めてしまう。

B090508_013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

豆が上手くいかない訳・・・第27話

「愛が足りない」と女房と末娘に言われた。

 

ドキッとしたが、それは「豆」の事だと分かった。

 

例年5月になると家族で俺の育てた「イチゴ」でイチゴ狩りをする。女房はこの季節しか「山の農園」に来ない。農家の奥さんたちの間で「謎の奥さん」と呼ばれ本人もこれを気にいっているようだ。

 

その時、俺の育てている豆とベテラン(家庭菜園)の豆の出来を比べて、「愛が足りない」と言ったのだ。

 

俺は豆類には手をかけていない。果菜類(トマト)の後作を耕さず、新たに畝も作らず、そのまま使用している。豆が巻きつく竿やネットの準備も遅れがちだ。

 

豆類は他の植物と違い、根に根粒菌を飼っていて、その菌を利用して自身に必要なN(硝酸塩)を空気中から取っている。それで、豆類は窒素肥料を必要としない。

 

だから豆は荒地でも良く育つ。緑肥としても利用され、昔よく見かけたレンゲ草などがそうだ。

 

M農園で家庭菜園を始めた時にはソラマメ、スナップエンドウ、グリンピースは良く出来た。

 

ところが、「山の農園」に移ってきてからは、上手く育たなくなった。それは連作障害だと思っている。

 

山の農園は牧草地を転用したものなので、以前は当然マメ科の植物が植えてあり、その影響で豆の育ちが悪いと考えていた。連作障害はマメ科栽培の最重要ポイントなのだ。

 

で、豆が上手くいかないのは仕方がないと思っていた。少ない手間で収穫を上げようとした。

 

でも周りでは豊作だ。実は気づいていたのだ、昨年あたりから連作障害の呪縛が解けたのを。環境変化が起きた事を。

 

これを見ぬふりをした。おっくうだったのだ。さしずめ機会損失でCEOなら失脚だろう。気楽な週末農夫なので許されるが。

 

トマト(大玉)などは果敢にリスク取ってタネ播きをし、畝も特別仕様だ。植えつけてからも竿で補強したり、脇芽を摘んだりフォローもする。それに比べてどうだ豆類は・・・・。

 

俺はどうも厳しい冬を越してくる植物は強靭でなくてもならないと思い、冷たい。環境が厳しい状況を生き抜く訳だから自主努力で何とかできなければ駄目だと思うのだ。

 

それを見越してか末娘が「玉ちゃん」、「ソラドン」のキャラクターを生み出して注意を促してくれるのだが・・・。

 

でも、それを無視して、今年は、ソラマメの植え付け本数を減らし、アブラムシ対策を怠り、さらに補強も怠り、一昨日の風雨で壊滅的な被害を受けた。

 

その結果「ソラマメのポータジュー」は今年は無しになった。

 

今、俺のブログでは「ソラマメ・・・」が大人気だ。

 

このブログは各方面への反省文なのだ。

 

俺は変わる。

 

全力の「愛」をマメに捧げる事を誓うのだった。

 

 

003_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

空豆の栽培ポイント

035_3 空豆栽培はいたって簡単だ。

 

 

 

 

マメ科の空豆には肥えた畑は要らない。キュウリかトマト

 

を栽培した後の畝(幅約120cm)をそのまま使う。

 

これなら新たに畑を耕し、マルチ、竿を合掌に組みネットする必要がない。勿論、新たに準備しても良い。

 

体育の日あたりに畝の真ん中に約70cm間隔でタネを一粒ずつ直播している。タネは発芽率が高い打越一寸(サカタのタネ)を用いている。ほぼ100%だ。

 

ただ、連作障害があると言うので同じ場所での栽培は4年間以上あけている。

 

植えつけたタネは、鳥に狙われるので、ベタがけ不織布(パオパオ)でカバーしている。発芽が始まったら、ベタがけは外す。ポットにタネを播いて苗を植えれば畑でのベタがけ不要だ。

 

2月下旬頃、N分の少ない化成肥料を、キュウリを植えていた穴に、畝の両脇から混ぜ込んでいる。その後アブラムシ対策として株元に移行浸透性殺虫剤を少量施している。キラキラも木酢もアブラムシには余り効果は無い。花が咲いたらどんなにアブラムシがついても農薬は使用しない。

 

001_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝は、込み合ってきたら、細いのを取っている。しかし、あまり、気にしていない。先端の幼葉にアブラムシが集まるのでそのとき、その部分の枝を切って捨てている。

 

花が咲き、サヤが空を向き、膨らみ、下を向き始めたら収穫を始める。

 

そして、すぐに湯に潜らせている。詳しくはソラマメが主役の料理を見てください。

 

 

041_1

 

 

 

 

 

 

 

 

空豆の育てた畑は根粒菌のおかげでN分が増えるので、後作に葉もの野菜のキャベツを栽培している。

 

空豆は時間の無い、週末農夫の為にあるような野菜だ。

 

ビールが美味しい。

 

 

 

012_3 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧