料理

2015年8月23日 (日)

赤オクラ料理あれこれ

  お盆前後、娘達や、親戚が我が家に集まった。女房は取れすぎて困っていた赤オクラを俺の知恵を加えて料理でもてなした。

 

 先ずは野菜にうるさい次女にはオクラ冷やし中華攻撃である。この暑さで短い一生を終えてしまったキュウリの代わりに焼オクラを乗せたのである。茶豆での敗北をリベンジした。

 

Photo

 

 次に朝食である。長女は家にいたころ夏は俺の栽培した大玉トマト「麗夏」とピーマンでピザトーストを作って食べていた。ピーマンの代わりに赤オクラを使わせた。オクラは火の通りの判断が難しいのだが赤から緑に変わる見た目の弱点を利用した。オクラをチーズの上にのせ、緑に変われば食べごろである。パリッとして美味しい。この夏の朝の定番になった。

 

Cached761141850

 

 親戚一同には俺が育てた大玉トマト「麗夏」に赤オクラをドッサリ入れ大鍋で作ったオクラ・ラタトゥーユだ。昨年の初夏、トマトは実が出来ていなかったがズッキーニが取れすぎたので缶詰のホイルトマトでラタトゥーユを作って食べた。美味しくなかった。やはりラタトゥーユには俺のトマトだ。オクラは小さく切らずに存在感を残すと歯応えがたまらない。もちろん旬の生バジルをのせる。

 

Cached551255844

 

  赤オクラは収穫のピークを過ぎていった。俺の暑さから逃れたい超スピード収穫が災いして、オクラの頂上部を2株切ってしまい戦力ダウンさせたことも否定は出来ない。

 

 まだまだ、暑いが朝晩は時おり涼しい風が吹くようになった。夏も終わりである。放任栽培していた雑草さん達にお引き取りする時が来たようだ。

 

静かな我が家に戻っていった。

 

 

 

 

|

2012年10月 7日 (日)

伏見甘長トウガラシの栽培と収穫

 Dsc00385

今時分は、いつまでも収穫が続く、ミニトマトをいつ終わりにしようかと悩む頃である。毎年、優柔不断の俺をあざ笑うように台風がケリをつけてくれる季節でもある。

10年も繰り返して、ようやく悟った俺は、台風がやってくる前に予めミニトマトを処分した。自宅の庭が畑になって思い立ったらすぐに実行できる手軽さと領土が狭くなったことも後押しした。

 夏野菜で残っているのはオクラとナスと「伏見甘長トウガラシ」だけになった。でも、オクラとナスは台風の直撃を受け元気がないのである。これも終わりの時期である。残るは新参者の京野菜「伏見甘長トウガラシ」だけになった。

 

実は「伏見甘長トウガラシ」に目を付けたのは家庭菜園を始めた当初からである。俺は辛いのは苦手という家族を気遣ってトウガラシは栽培しないと自分に縛りをかけて家庭菜園をしていたのである。このブログの最初の名前は「家族が喜ぶ野菜を作るぞ」であった。でも、トウガラシは栽培したいという気持ちは抑えようがないものであったのだ。

そんな、俺をサカタのタネは「伏見甘長トウガラシ」という甘い名前で誘ってきたのである。翌年、タネを購入するつもりでいたら売り出されなかった。貴重感を演出したのである。京野菜と銘打っているのでブランド価値を維持するため出し惜しみしていると思ったわけだ。

Dsc00389

忘れたころに「伏見甘長トウガラシ」がポツリと売り出される始末である。買い損なっているうちに10年が過ぎ、俺のブログを読んでいただいている方からも「伏見甘長トウガラシ」は辛くなくピーマンより扱いやすいとのコメントをいただいていた。昨年、今の家に引っ越し間際にタネが売り出されているのを見つけようやく、栽培にこぎ着けたしだいである。

ピーマンや、ナスと同じで栽培は簡単。平鉢に4月下旬タネを蒔き、そこで育苗し、6月ごろ黒マルチをした畝に植え付けた。あとは他の果菜類と同じで脇芽を摘んで、実を充実させ、手で収穫する。実は数は多いいが小さいので収穫は面倒であった。

 

Dsc00390

味は辛くなく、なんにでも合う。野菜嫌いで辛いのが苦手な義父も問題なく食べられた。今年はピーマン栽培に失敗したので代わりにピザトーストにも試した。チーズとの相性は苦いピーマンのほうが良いと家族に言われた。

全てが上手くいくとは限らない。

収穫はまだ可能であるが「伏見甘長トウガラシ」も領土問題が大ごとにならないうちに、この休みの間にケリをつけようと思っている。

もう、季節は冬野菜である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)