« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月15日 (日)

ウコンとコロナと友

  帰省した三女と俺の野菜でキムチ鍋を食べた話を書いた。その時にニラも収穫した。でも、よく見ると葉が茶色い部分があったので、調べて見た。

さび病であることが分かった。

秋口に多い、風通しが悪いとかかる野菜の病気。

ようするに野菜につくカビ。

鍋には入れず廃棄した。

 

1_20201115143401

農薬の指導員を今も続けている友に「無農薬が安全とは限らない。

病気の野菜を食べると不調になる人もいる」と言われたことを思い出した。

安心と安全は別物」だと気づかせてくれた。

 

彼とは年に数回、飲みに行き、お互いの仕事の話等を昨年までしていた。その楽しみもコロナで出来なくなった。

 

講演などで宴席が多い彼は俺のウコンをたいそう気に入り、

「ウコンなしでは仕事が出来ない」と言っていた。

 

昨年は俺の畑は台風の被害でウコンの収穫もままならず、

放置して彼に渡せずじまいになっていた。

 

昨今はコロナで宴席は少なくなったと思うが

ウコンを収穫して彼の近況を確かめて見ることにした。

2_20201115145501

ウコンは植えっぱなしなので世話はしなかった。

葉に隠れて花がいくつか咲いていた。

掘り出しやすいように葉を切った。

3_20201115150201

掘り出して、選別して出来の悪いもの、中心部にあるものを種芋にし、

同じ場所に植えもどした。

 

後は春先、化成肥料を追肥するだけ。

世話はバラのために水を撒くときついでにする程度。

11月末までに収穫するだけ。

4_20201115150701

今年は追肥もしなかったので小ぶりなウコンであった。

送るウコンは何度か水洗いをして天日干しで乾燥させると表面に皮が出来る。

それを宅配便で彼の家に送った。

5_20201115151501

彼からメールで感謝された。

今は自宅で仕事することが多くなり移動時間が無くなったので空いた時間で体を鍛えているそうだ。

元気で良かった。

 

若い頃、彼とはテントを持って雪山に登った仲だ。

早く結婚した彼は俺との危険な山登りは止めて、息子さんとテントを持って槍ヶ岳に登ったりしていた。

でも膝を痛めてそれも止めて、海の男に戻りサーフィンを一宮(オリンピック会場)でしている。

 

年を重ねた俺は山登りをやめ、体を鍛えるためにやっていたテニスもしていない。

今は家庭菜園と庭造り、

妻と大きな公園の展望台に登り、涼みにプール行くだけで満足する体になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

野菜の呼吸 拾壱の型/白菜  畑柱 ゴザエモン

 10月末の連休、3女が帰省出来ることになった。

鍋が食べたいというので白菜とダイコンを収穫して待っていた。

0_20201111135801

ダイコンの葉は今ならみずみずしいので妻と二人で牛肉と炒めて食べた。

葉の苦みと牛肉の甘さがたまらなく美味しい。

 

白菜は「白菜栽培は戦いだ」とこのブログの初期に記したように秋冬野菜で最難関の栽培技術を必要とするものだ。

去年は史上最大の台風の災害で秋冬野菜の栽培が出来なかったので気合いを入れて栽培した。

 

ここで今シーズンの白菜の栽培を振り返って見る。

8月の半ば第一弾のタネ蒔きをした。品種は「さとぶき613」年内取り白菜。

11

10粒ほどのタネをプランターに蒔き、9月1日に大きく育った5株を畝に植え付けた。

空いたプランターに第二弾の白菜「冬月90」をすぐに蒔いた。真冬に収穫する白菜。

 

白菜栽培はタネ蒔きの時期が一番重要なのだ。

早すぎると、アブラムシが介するウイルス病になる。遅すぎると生育が不十分になり、葉が巻かない白菜ばかりになる。

殺虫剤とネットを使って防虫と保温をすると栽培の許容度が広くなる。

31

でも、この頃の白菜栽培は更に一段と難易度が高くなった。

プロの農家も失敗する野菜になったのだ。

植え付けの9月上旬は猛暑続き、プロ達も1/3は枯れたとニュースになっていた。

秋野菜「きゅうり」で使った遮光ネットでしのいで白菜を定着させた。

4_20201111143801

9月中旬、幾分猛暑が収まったので、第二弾の白菜を定植して遮光ネットを外した。

52

今度は台風が日本列島に襲ってくる時期になった。

台風対策用にトンネル用支柱を寒冷紗に被せた。

6_20201111150401

幸い今年は台風の直撃は避けられ、10月末に収穫を始められた。

7_20201111150501

3女が帰省したので3人でキムチ鍋にして食べた。

 

次の日、「鬼滅の刃」の映画を3人で見にいった。

実はネットで「鬼滅の刃」が終わると騒がれていたので気になっていたのだ。

映画が公開する前に、テレビで放映されていたので、録画して妻と見てはまった。

帰省した娘に一緒に見に行くかと誘ったところ、ネットでテレビ分は見ていて、珍しく付き合ってくれたのだ。

夫婦50割と大人1名でチケットを購入すると真ん中に娘になった。思わず一同笑ってしまった。

映画は感動した。全集中で見た。

 

家に帰るとベットで横になっていたら俺は寝てしまった。

起きると「すみっコのシロクマ」が置いてあった。

俺は公の仕事は終わったのだが貧乏症でいつも忙しくしているのだ。

それを気にかけて三女はぬいぐるみでお呪いをするのだ。

「眠りの呼吸 壱の型 シロクマ」と三女に言われた。

 

「俺は柱だから呪いにはかからい」と言い返したら、「引退したのに何の柱?」

と言われたので「畑柱」だと答えた。

 

彼女が帰るときに「野菜の呼吸 拾壱の型 白菜」と言って白菜を渡した。

俺にメモを返して帰った。

Dsc01664

(クリックすると写真が綺麗に見られます)

 

後日、姉達から「鬼滅の刃」の感想聞かれた三女は

「パパは畑柱になっていた」と伝えていたと妻から聞かされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »