« 白菜は定植しましたか? 早くしないと葉が巻きませんよ。 | トップページ | 野菜の呼吸 拾壱の型/白菜  畑柱 ゴザエモン »

2020年9月26日 (土)

秋キュウリの収穫

今年の夏キュウリは物足りない結果になり、がっかりだった。

そこで、秋キュウリ用のタネを蒔いて育苗した話を書いた。

その続きである。

お盆過ぎでも体温ぐらいの暑さだったが

遮光ネットのお陰でキュウリの成長は絶好調であった。

1_20200926142701

秋キュウリの収穫は確実だと思っていた。

遮光ネットを外し、キュウリの黄色い花がたくさん咲いた。順調だった。

でも、キュウリの赤ちゃんが出来ないのである。花をよく見ると雄花ばかりであった。

心配になりキュウリの栽培方法を調べたら、脇芽に雌花がつくので摘心することが重要だと書かれていた。

秋は台風がくれば一気に終わる覚悟でキュウリを育っていた。

だから剪定もせず放任栽培で一度の大量収穫狙っていたので摘心をしていなかった。

9月中旬に摘心を急遽した。

ところがよく見るとキュウリの赤ちゃんが脇芽にできていたのだ。

2_20200926143801

あちらこちらでキュウリの赤ちゃんが生まれていた。

後は成長を待つだけ。

3_20200926144001

秋は暑いなかでの雨が多く、葉が病気になりやすいようだ。

Photo_20200926144201

でも収穫出来る。

今の収穫の主力はキュウリ、ピーマン、カボチャだ。

ミニトマトもオクラも終わりに近づいている。

朝食のトーストはトマトからキュウリに戻った。

Photo_20200926144301

台風が心配だったが今回は大丈夫だった。

それまでキュウリの収穫は続く。

 

 

|

« 白菜は定植しましたか? 早くしないと葉が巻きませんよ。 | トップページ | 野菜の呼吸 拾壱の型/白菜  畑柱 ゴザエモン »

家庭菜園」カテゴリの記事

キュウリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白菜は定植しましたか? 早くしないと葉が巻きませんよ。 | トップページ | 野菜の呼吸 拾壱の型/白菜  畑柱 ゴザエモン »