« 下小屋のアジサイ | トップページ | 梅雨の家庭菜園 果菜類 »

2020年6月30日 (火)

梅雨の雑草対策と果菜類の収穫

果菜類の収穫が6月中旬より始まっている。

梅雨になると困った事が起きる。収穫が出来ず、キュウリが大きくなったり、水分を吸いすぎてトマトが割れたりする。

Photo_20200630141401

でも、これは夏になればなんとかなる。

本当に困るのは雑草の生長なのだ。俺には「野菜の時間」のようにスタッフがいないので自分で草むしりをしなければならないのだ。

昔100坪ほどの農家の牧草地(山の農園)を借りていたときは草刈り機を使っていた。隣のじいさんに毎日、嫌みを言われていたからだ。これは「ニラ」で取り上げた。

自宅の庭に移ってからは雨が降った後に雑草が発芽すると鍬などで土の表面をこすって雑草が小さいうちに取っていた。サカタのタネで知った草取り名人の方法だ。でも、これも弱点があった。

Photo_20200630141402

マルチを使っているので際に雑草が生えると、鍬だとマルチを切ってしまうのだ。マルチの周りは手で抜いていた。

マルチの周りに防草シートを数年前より使って見たところ、いいのである。

Photo_20200630141403

マルチをした畝の間にも使える。防草シートの幅は180cmあるので畝間は縦に半分にハサミで切ればいい。

強いので鍬でこすっても大丈夫。シートを剥がせば、そばを耕運機で耕せる。

Photo_20200630141502

不織布のあるところに枝豆を植えている。その周りにも防草シートを使っている。

手前のシートは幅を切断せずに使ったもの。九条ネギを植えようと準備している場所。そのままにしておくと雑草畑になってしまうので防草シートを使って苗の生長を待っているのである。

Photo_20200630141501

防草シートは耐久性もあるので草取りの負担軽減になる。

草むしりを目的に野菜を育てている訳ではないので利用する価値はある。

何年も使える。

昔、頼まれて太陽発電パネルの下に使う防草シートを検討したことがある。

現行品で十分なので新規開発はしなかった。

 

 

 

|

« 下小屋のアジサイ | トップページ | 梅雨の家庭菜園 果菜類 »

家庭菜園」カテゴリの記事

果菜類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下小屋のアジサイ | トップページ | 梅雨の家庭菜園 果菜類 »