« 倒れない支柱を使った果菜類栽培とお願い | トップページ | レイズベットに柏葉あじさいが咲く »

2020年6月13日 (土)

シェードガーデンはホワイトとブルーに包まれる

 バラのの残り香が残る庭を後にして梅雨が始まったのでシェードガーデンに移る。

基調の色はホワイトとブルー。梅雨を楽しむ庭。コンセプトは爽やかな庭。

 

1_20200613145401

(写真をクリックすると大きくきれいになります)

何回かに分けて紹介する。

先ずは左側の窓辺あたりから。

 

バラが咲く頃は花もなく地味な渋い庭。

左から茶色の葉はトキワマンサク。九州ではよく使われる庭木だそうだ。でも他の地方では使われることが少ない。ネットで購入した。常緑樹で葉が落ちにくいので隣の家の境界線に植えた。

1_20200613145402

緑のトンネルように幹を伸ばしているのがシルバープリペット。葉は白い斑入り。これもトキワマンサク同様に生け垣として使うが剪定は整えずシェードガーデンのシンボルツリーとして扱っている。

 

 対比するように赤紫色のスモークツリー ロイヤルパープルを植えている。あじさいを引き立たせる葉を持っている。

尖った葉はニューサイラン バリエガータを株分けしたもの。

その手前のこんもりした植物は20年近く前に園芸高校でもらったもの(ブログにした)。だから名前は分からない。我が家の植物では最古参。

 

Photo_20200613145401

シルバープリペットはモネ風の池に飼った鯉の墓標としてから毎年5月に花が咲くようになった(ブログにした)。次女もいなくなったが鯉も全ていなくなった。今はメダカが数匹いるだけだ。

 

Photo_20200613145402  

あじさいも最盛期を迎えた。今年は梅雨が来る前に咲き始めた。暑いので水やりを怠るとへたる。ブルーが好きなので酸度調整はしていない。 

足下にナノコユリを植えている。その隣にあったヒューケラは昨年の台風で失った。

失ったものを嘆いてもしかたがない。あるもので庭を造る。

 

庭造りは生き残った命で輝かせるもの。

 

と偉そうに言っていたが写真見ながらブログを書いていたら

ヒューケラだけは取り戻したくなった。

なかなか邪念は捨てきれない。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 倒れない支柱を使った果菜類栽培とお願い | トップページ | レイズベットに柏葉あじさいが咲く »

ガーデニング」カテゴリの記事

あじさい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倒れない支柱を使った果菜類栽培とお願い | トップページ | レイズベットに柏葉あじさいが咲く »