« バラのオベリスクの修復(乗り越えられない試練は与えられない) | トップページ | 我が家はバラの香りで満たされている »

2020年5月16日 (土)

渋滞を起こすバラ

 藤が終わりバラの季節に移った。

庭で育てているバラを何回に渡って紹介しよう。

先ずは大通り沿いに植えているバラ。

5  

(写真をクリックすると大きくなります)

  アイスバーグを絡ませているオベリスクの修復が終わり、水やりをやっていた夕刻。自治会の役員を一緒にやった人が俺のところにやってきた。柔道の猛者で、今は市の相撲部の部長をやっている人だ。数日前よりフロントガーデンで格闘する俺を2階のベランダ越しに見ていた。

なんでも、俺の育てている大通り沿いに植えている黄色いバラを奥さんが気に入ったそうだ。その挿し木を作りたいので、花が咲き終わったら枝が欲しいとのお願いだった。

 

0

(ゴールデンセレブレーション)

 大通り沿いに黄色いつるバラは3種類植えている。2種はイングリッシュローズ。ゴルーデンセレブレーションとグラハムトーマスだ。前者は大輪咲き、後者は中輪咲きで色のクリアさが違う。共にティー系の香りがする。バラのマニアではないと見分けがつきにくい品種を植えているのだ。

2_20200516171201

(ゴールデンセレブレ-ション)

 詳しい説明をしようとしたが、止めて差し上げることを承諾した。沢山植えているゴールデンセレブレ-ションのことだと思ったのだ。

妻が彼の庭のバラと向かい側の人の庭のバラが同じだと数年前より言っていた。その謎が解けた。挿し木で増やしたのだ。

3_20200516171201

(グラハムトーマス)

 気を良くした俺は、早朝バラの写真を撮りに家を出た。歩道側でバラの写真を撮っていると書類を抱えた連合会の会長がやってきた。俺が地区役員をやっていた時の地区会長だった人だ。その後、連合会の会長に推された。

 この人は家庭菜園の達人で夏祭りにスイカ、餅つきには里芋、ネギを提供していた。人格者なのだが競争心旺盛な人で、野菜作りで競わないように注意していた。団塊世代の先輩達は仕事の出来る人ほど趣味でも競争心が旺盛という事は若い頃から骨身に染みていた。

でも、バラに関しては彼は育てていないので安心だ。大きく育ったバラを新品種と聞かれたのでそれはイングリッシュローズで古くからあるものと答えた。その隣の黄色と赤に変るのが新品種と話した。

「この道を通るのが楽しみなんです」と言われ分かれた。その夜にコロナの影響で夏祭り中止の連合会会長の回覧板が回ってきた。

4

新品種はコルデス ジュビリー。花弁が緑からピンク色に色変わりする品種。黄色い色のバラをネットフェンス一面に咲かせて渋滞を起こすことを狙っていたがなかなか上手くいかない。スキマが出来るのだ。

その間に苗を追加していた。黄色一辺倒では無く色変わりや、ブルー系(濃いピンク)も入れるようになったのだ。今はそこにクレマチスも追加しようと目論んでいる。

 翌日、畑スペースでオクラと枝豆の畝作りをしていた。歩道から男の人に声をかけられた。またバラで声をかけられたと思った。ところが蔓が大風で煽られて顔に当たるので切ってくれとの要望だった。

バラの間に香りの良いスイカズラを植えていてフェンスから30cmほど伸びていた。通りが拡張され、植栽などが処分され歩道が狭くなり、車の恐怖から俺の家の塀に這うように歩いいるようだ。 謝り、すぐに枝を切り対処した。

Photo_20200516215501

繁殖力旺盛なスイカズラは処分することにした。近くに障害施設や病院のリハビリで、この歩道を歩く人達もいる。楽しみにしてくれる人も多いが、転ばれたら本末転倒だ。

まだ渋滞まで起こしていない。でも、道行く多くの人が楽しみにしているで良しとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« バラのオベリスクの修復(乗り越えられない試練は与えられない) | トップページ | 我が家はバラの香りで満たされている »

ガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラのオベリスクの修復(乗り越えられない試練は与えられない) | トップページ | 我が家はバラの香りで満たされている »