« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月25日 (月)

咲き続けるバラ

一雨一雨、バラが散っていく。多くの人を魅了したイングリッシュローズ、日本のバラも雨には叶わず、盛りから一気に終わる。

そんなときに「アイスバーグ」と「ニュードン」が咲く。

Photo_20200525141901

(写真をクリックすると大きくきれいになります)

秋バラも見たくて四季咲き性を選んでいる。多くのバラは初夏咲いたら他の季節は申し訳程度に咲く。

でも、アイスバークは違う。真夏はお休みするが他の季節でも多くはないが咲き続ける。今年の冬も咲いた。

Photo_20200525142001

フロントガーデンはホワイトガーデンを作りたくてバラ「アイスバーグ」を選んだ。そこにハクロニシキを9年前に植えた。ハクロニシキの葉はフラミンゴ色から白くなり、緑に変る。

昨年、風のガーデン、上野ファームを訪れた。ハクロニシキのスタンド仕立てを随所に使った美しい庭だった。樹形を取り入れた。

毎年パンジーはホワイトが多い。昨年から災い続きなので今年は明くなるように願ってレモン色にした。夏花壇はここに長く咲くジニア プロフュージョンのホワイトに植え替える予定だ。

タネを採取したオルレア(ホワイト)を2月下旬、適当に蒔いて赤銅色のドドナエアと対比させている。

ブルーの穂があるネペタ。バラとの相性はよく、イングリッシュガーデンでは定番の植物ネペタは別名キャットミントと言われ猫が好きな匂いと勘違いして長年、使えなかった。間違いと分かり、ようやく使えるようになった。

Photo_20200525141902

アイスバークのオベリスクを回り、下小屋のある玄関に向かう。赤いクレマチスは「プリンセス ダイアナ」。よく咲く。

Photo_20200525142002

下小屋から見たハクロニシキ。ドドナエアの後ろにニューサイランを植えている(とがった葉)。これもイングリッシュガーデンの定番植物。オルレアやトドナエアの葉がない季節には存在感を示す。とても強く大きくなる。株分けで増やして俺の庭では随所に植えている。

Photo_20200525142003

メインガーデンのアーチには「ニュードン」を這わせている。とても強いバラだ。日陰でも咲く。我が庭は温暖地にあるが寒冷地でも強いそうだ。返り咲きなので「アイスバーグ」ほど咲き続ける力は弱い。アイスバークと同じようにバラの殿堂入りしている。アイスバークは花の盛りが見えてきたがニュードンはこれから咲く。

Photo_20200525142004

まだ、バラが4種ほど、あるがバラの季節はこれで終わりにする。

次の主役達が出番を待っている。

家庭菜園もタネを蒔かなければ。

Photo_20200527092401

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

バラのアーチは家庭菜園に続く入り口

バラのアーチはメインガーデン入り口と出口にある。出口は菜園スペースの入り口でもある。今回は家庭菜園に続くバラのアーチを紹介しよう。

 

1_20200520125601  

(クリックすると映像がきれいで大きくなります)

バラはメサージュ・ドゥ・ヨコハマ 2本でアーチを形取っている。ティーの香りで中輪咲きのつるバラだ。

名前にヨコハマが入っているように日本のバラ。実は、このアーチにデライトを植えていたが虫にやられて植え替えたのだ。それからバラを大切に手入れをするようになった。

昔、横浜に長く住んでいた。名前の愛着では無く日本風土にあった香りのいい新しいバラを育ってたいと思ったから選んだ。今回は紹介しないがバラ「真夜」の香りも気に入っている。これらはバラの育種家 河合氏の作だ。

 

2_20200520125601

メインガーデンから先が見えないように小道のカーブにアーチを配置している。先が見えないようにしてアーチで庭の奥行きを出している。

そしてアーチをくぐると家庭菜園スペースに変る。今は果菜類の苗を植えたところだ。

 

3_20200520125601

菜園スペースは大通り沿い、右手は大型駐車場があり、日が当たり風通しがいい場所にある。植物を育てる一等地。

だからバラもよく育つ。

4_20200520155101  

家庭菜園を終えて戻る小道でモネ風の池が見える。ここにもバラを植えている。

アプリコットピンクでティー系の香りのイングリッシュローズ「ウイリアムス・モーリス」を配置している。

3本植えていたが一本は枯れてしまった。昨年の史上最大の台風にやられた。もともとハナズオウの枝葉と駐車場の目隠しの木製フェンスに光を遮られ、育ちが悪かった。ハナズオウも幹から切ったので残った2本のバラに日が当たるようになり例年より花付きがいい。

5_20200520125701

台風被害はアーチ越しに見えたオリーブも奪った。フロントガーデン側から大通りの目隠しと植えていた2m以上に育ったオリーブだ。風の通り道に植えていたので台風で根こそぎ倒された。

今はそこになにも植えていない。残ったタチアオイとニューサイライ、アメジストセージと大型コンテナがあるだけだ。オリーブを植えたいのだが台風を考えると踏み切れない。

そうだ、今アイデアが浮かんだ。道路沿いにある常緑のスイカズラをここに移植しよう。強く繁殖力旺盛なので台風でもすぐに回復する。匂いもいい。

6

あれこれ試せる庭造りは楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

我が家はバラの香りで満たされている

病院の駐車場側から見たバラの様子。

赤みがかったサンセットグローとダナエをメインガーデンの中央に植えている。

共に庭造りが始まった時に購入した最初のバラ。

枝が見えるのは木から剪定したもの、それを支柱にしてバラを誘引して高さを出している。

Photo_20200518145701  

(クリックすると大きくなりきれいに写ります)

サンセットグローは藤が見頃を終えるときに蕾をほころばせる。我が家で最初に咲くバラ。

この花が咲くと庭の空気が一変する。フルーツ系のいい香りを漂わせる。好きな香り。

Photo_20200518145702 

最初は大通り側に植えていたが枯らせてしまい、イングリッシュローズのゴールデンセレブレ-ションに追われたバラである。一本残ったものは藤棚の支柱に這わせて混植した。長女が選んだバラで、植え替えを禁止され彼女は去って行った。ゴルーデンウィークに咲き、帰省する彼女を喜ばせている。

2_20200518145801 

隣に植えているのがダナエ。トゲが少ない小輪系のバラである。多花性で景色をつくるバラにつられて購入した。香りは強くない。

1_20200518145801

でもアプリコットから純白に変るので楽しませてくれる。幹だけけ残る冬場でも絵になる。最初はパーゴラに植えていたが花が小さいかったので、今の位置に移動した。2本植えている。枯れずに毎年沢山花を咲かせてくれる強いバラだ。

キッチンの小窓から見るダナエが妻は好きだと言う。

3_20200518145801

庭造りは俺の趣味なので妻は見るだけ。

でもバラに包まれて妻とお茶を飲む。

とりとめない話をする。

Photo_20200518145801

至福の時だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

渋滞を起こすバラ

 藤が終わりバラの季節に移った。

庭で育てているバラを何回に渡って紹介しよう。

先ずは大通り沿いに植えているバラ。

5  

(写真をクリックすると大きくなります)

  アイスバーグを絡ませているオベリスクの修復が終わり、水やりをやっていた夕刻。自治会の役員を一緒にやった人が俺のところにやってきた。柔道の猛者で、今は市の相撲部の部長をやっている人だ。数日前よりフロントガーデンで格闘する俺を2階のベランダ越しに見ていた。

なんでも、俺の育てている大通り沿いに植えている黄色いバラを奥さんが気に入ったそうだ。その挿し木を作りたいので、花が咲き終わったら枝が欲しいとのお願いだった。

 

0

(ゴールデンセレブレーション)

 大通り沿いに黄色いつるバラは3種類植えている。2種はイングリッシュローズ。ゴルーデンセレブレーションとグラハムトーマスだ。前者は大輪咲き、後者は中輪咲きで色のクリアさが違う。共にティー系の香りがする。バラのマニアではないと見分けがつきにくい品種を植えているのだ。

2_20200516171201

(ゴールデンセレブレ-ション)

 詳しい説明をしようとしたが、止めて差し上げることを承諾した。沢山植えているゴールデンセレブレ-ションのことだと思ったのだ。

妻が彼の庭のバラと向かい側の人の庭のバラが同じだと数年前より言っていた。その謎が解けた。挿し木で増やしたのだ。

3_20200516171201

(グラハムトーマス)

 気を良くした俺は、早朝バラの写真を撮りに家を出た。歩道側でバラの写真を撮っていると書類を抱えた連合会の会長がやってきた。俺が地区役員をやっていた時の地区会長だった人だ。その後、連合会の会長に推された。

 この人は家庭菜園の達人で夏祭りにスイカ、餅つきには里芋、ネギを提供していた。人格者なのだが競争心旺盛な人で、野菜作りで競わないように注意していた。団塊世代の先輩達は仕事の出来る人ほど趣味でも競争心が旺盛という事は若い頃から骨身に染みていた。

でも、バラに関しては彼は育てていないので安心だ。大きく育ったバラを新品種と聞かれたのでそれはイングリッシュローズで古くからあるものと答えた。その隣の黄色と赤に変るのが新品種と話した。

「この道を通るのが楽しみなんです」と言われ分かれた。その夜にコロナの影響で夏祭り中止の連合会会長の回覧板が回ってきた。

4

新品種はコルデス ジュビリー。花弁が緑からピンク色に色変わりする品種。黄色い色のバラをネットフェンス一面に咲かせて渋滞を起こすことを狙っていたがなかなか上手くいかない。スキマが出来るのだ。

その間に苗を追加していた。黄色一辺倒では無く色変わりや、ブルー系(濃いピンク)も入れるようになったのだ。今はそこにクレマチスも追加しようと目論んでいる。

 翌日、畑スペースでオクラと枝豆の畝作りをしていた。歩道から男の人に声をかけられた。またバラで声をかけられたと思った。ところが蔓が大風で煽られて顔に当たるので切ってくれとの要望だった。

バラの間に香りの良いスイカズラを植えていてフェンスから30cmほど伸びていた。通りが拡張され、植栽などが処分され歩道が狭くなり、車の恐怖から俺の家の塀に這うように歩いいるようだ。 謝り、すぐに枝を切り対処した。

Photo_20200516215501

繁殖力旺盛なスイカズラは処分することにした。近くに障害施設や病院のリハビリで、この歩道を歩く人達もいる。楽しみにしてくれる人も多いが、転ばれたら本末転倒だ。

まだ渋滞まで起こしていない。でも、道行く多くの人が楽しみにしているで良しとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

バラのオベリスクの修復(乗り越えられない試練は与えられない)

 ピサの斜塔のようになったオベリスクの修復をバラ(アイスバーグ)を剪定せずに早々に実行した。スタンドの脚がさびて1本折れていた。土台が腐っていたのだ。予想外だった。でも、俺は余裕で次の手が浮かんだ。

 スタンドの脚はパイプだったので、そこに長いボルトナットを入れて上下をつなぐ事を思いついたのだ。この長いボルトは20年前に回収し、何かに使えるだろうと持ち続けてものだ。パイプの穴径はボルトより大きいので大きいワッシャでボルトが落ちないようした。折れた部分は脆くさびているので切断してバリを取った。

B10025

 オベリスクの脚は土に差し込んでいた。これでは台風に耐えられない。脚を固定する方式をとらなければならない。処分に困っていた畑から大量に出る石ころを使うことを考えた。

俺は新たに材料を購入しない方針なのである。だから知恵を絞って課題を解決するのをポリシーとしている。コロナでマスクを手作りする人達の考えと近いのである。

 ただ穴を掘って石をいれたのでは固定は不十分であるし、石が散乱して植物の植え替えに支障を来す。使わなくなった樹脂製のかごや、金属製の洗いカゴを妻から渡されていたので、そこに脚を入れてから石ころで固定する事を思いついた。

風の強い日の作業であった。ほぼ完璧に事が進んでいると思った。ところがオベリスクの水平を確認しながら動かしていたら傾き始めたのである。慌てて支えた。なんと隣の脚も折れていたのだ。オベリスクの脚は金属製のベルトにネジで止められていた。そこから経年劣化で折れたのである。

B30025_20200508182601

いくらバラの幹が強くともオベリスクの脚2本も折れたのでは支えきれない。このままではオベリスクの頂上まで育てたアイスバーグが折れる。オベリスクを手で抑えながら、テントで使用していたロープ2本を結びつけて急場をしのいだ。俺の心も折れそうになった。

「神は乗り越えられない試練を与えない」と自然に心の中で繰り返していた。

B40025

 風が更に強くなり雲行きも怪しくなったので作業は中断した。夜、たびたびオベリスクを見に行った。嵐の日に畑を見に行く爺さんの気持ちだ。ロープに支えられて倒れていない姿を見て安心した。ホットしていられない、翌日までにリカバリー策を考えなければ。「・・・乗り越えられない・・・」を心の中でつぶやいた。

 翌日は雨であった。早朝バラは無事であった。はやる心を抑えてブログ「藤」を投稿した。妻が俺に突然「あなたキリスト教徒ではないでしょ」と言った。俺は「・・・試練を与えない」をブツブツ言いながら家の中をうろついていたようだ。オベリスクの修理を考えていたと言ったら「大げさ」と言われた。

 

 でも、お陰で原因解析と方策は出来た。まず、補強にしたボルトナットがオベリスクの固定になっていなかった。ボルトナットが宙ぶらりんなっていて、風でオベリスクの脚のパイプの中で回っていたのだ。

B50025_20200508182601

 そこでボルトを3本をナットでつないで折れた脚より長くした。そうすれば脚がボルト全体で補強される。つないだボルトナットをオスナット付側からパイプ状の脚の中に入れる。こうするとナットがパイプ内部で滑り止めになって回らなくなる。

ナットで繋ぐには問題があった。ナットが短いのでつなぎ目からはずれやすい。そこでナットが滑らないようにボルトにシールテープで巻きつけてからつないだ。更にビニールテープを上から巻いた。これで径が太くなったのでパイプの中でより回らなくなった。

B60025_20200508182601

(写真をクリックして大きくすると補修箇所がよく分かります)

上下をつないだあと補強に金属プレート2枚でオベリックスの脚と帯を固定した。つないだパイプはスキマが出来るので、子供達が学校で使って残っていた粘土で塞いで雨の侵入を防いだ。粘土が残ったので脚4本も覆った。さび防止である。

足下はカゴに石ころを入れた。単純に土を被せれば済むが手直しもあると考え、レンガを乗せた。重さがアップしたので更に風の耐性が上がった。スキマがあってカゴと石ころが見えるので台風で破損したテラコッタの破片で覆った。汚水パイプの蓋隠しに使って、余ったバークチップも利用した。

M2

(クリックすると大きくなります)

機を逸したら何にもならない。

バラが咲く前にオベリスクの修復が終わって良かった。

 

いつになったら「アベのマスクは届くのだろう」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

復活の藤とハナズオウ

 藤は万葉から人々に愛され育てられた。美しさと力強さを持った樹木である。

 その藤は4月上旬、花芽を伸ばし中旬より上部から花が咲き始めた。例年より2週間早い。

今年は花が咲くとは思っていなかった。台風に襲われ、パーゴラと塀の補修で9月下旬に伐採したのである。

 

2_20200504111001

(写真をクリックすると大きくなります)  

藤は2本植えている。写真は黒竜フジ。もう一つは本紅フジで淡紅色の花を見られるようだ。実は黒竜フジの方が繁殖力が強く藤棚を占領されて淡紅色をチラ見したのは1回きりなのだ。

一昨年、幹が大きくなったのでデッキと屋根を園芸ネットでつなぎ藤棚を広げたのである。夏、西日が当たり黒いデッキ部分は猛烈な暑さになり優雅に庭を眺められないのでその対策である。その時に誘因を黒フジと本紅フジを左右に分けたのである。そうすれば両方の花を楽しめるとの思惑である。

 夏日が遮られていい感じだった。そこを竜巻台風に襲われ、ネットは枝ごと持って行かれ、パーゴラと塀もやられ、その修復で被害の大きかった本紅フジは幹からのこぎりで切断した。枝のない幹が本紅フジ。黒竜も枝の大部分を失ったが復活して花が咲いた。

2_20200504111102  

左奥に幹だけあるのがアメリカハナズオウ メロー 濃い紫の美しい葉と赤紫の花を咲かせ春を知らせてくれる。小形種だが3mぐらいまで枝を広げた。

竜巻に煽られて根元も揺さぶられて塀の破損に手を貸した。幹ごと切断したのだ。根元から抜こうとしたら無理だったのでバラの誘因に使おうと残して置いた。

藤を始め、大量の枝の廃棄物が出来た。そのまま捨てずにバラの支柱や目隠しに使った。

Photo_20200504111201

 春になりハナズオウが幹から芽出しをしたのであった。生きていたのだ。ゆっくり再生を図るつもりである。この前のブログでブルーパンジーの背景に写っていたのはスモークツリー グレイス。これも赤紫の美しい葉を持っている。庭の両端にしめ色を配置していた。ハナズオウが復活出来たのは喜ばしいことだ。

2_20200504111201

本紅フジも復活をしていた。緑の枝を伸ばし始めた。

毎年、家族で藤を見ながら、デッキでバーベキューをする。今年はコロナの影響でそろわず叶わない。

 

夕日に照らされて紅色が加えられた藤を眺めて思った。

2_20200504111101

台風で屋根が飛んだり、コロナでマスクが足りなくなったり、現役の時に開発に携わったものが役に立っている。不思議な巡り合わせ。今は成長した娘達がそれぞれの道で課題に取り組んでいる。

来年、紅色の藤の下で出来ればいいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

春を迎えたフロントガーデン

 昨年の度重なる台風被害で庭も大きな痛手を負った。

多くの宿根草を失ったのを春を迎えて気づいた。

草花のタネ蒔きも出来なかったのでブルーのストックもない春の庭。

失ったもの出来なかった事を数えても時は戻って来ない。

あるもので庭を造るだけ。

サカタに注文していたセルトップ苗のパンジー、生き残った球根植物と

こぼれタネのリナリアで華やかな春を迎えることが出来た。

Sbf

(写真クリックすると大きくなります)

ブルーはプロントマリーナ、プロントイエロー、オトノピンクシェードでアプローチに沿って縦に植えた。

この植え方は、富良野の富田ファームの彩りの畑の植え方を参考にした。

数十年ぶりに訪れた富田ファームは、人であふれ昔の面影がなく残念だった。

でも、上野ファーム、風のガーデンは素晴らしかった。

夏ガーデンは上野ファームで使われていた宿根草を手に入れ、一昨年より植え込んでいる。

B_20200501173601

レモン色のパンジーはよく咲くスミレのレモネード。

テラコッタに植えているのがマレード。

ジャーマンアイリスのブルーとホワイトは20年近く前に家庭菜園を始めたM農園でもらった球根の子孫。

ほとんど植えぱなしで、適当に散らしたもの。

因みにバラを絡ませてあるオベリスクも台風被害で痛んでいて風ですぐに傾く。

妻にピサの斜塔と言っていたが、バラに支えられて保たれている偽りの姿。

動かす事が出来ずバラの剪定する冬まで待ちの状態なのだ。

でも、いいアイデアが今日、浮かんだ。

試してみようと思っている。

Photo_20200501173701

 クリーム色の丸いものは、じつは大型テラコタの底なのだ。

台風で屋根が飛んだとき、その下の垂木も飛び、直撃されて底だけ残った。

ガーデニングを始めた20年前に植木鉢センターで購入したお気に入りのテラコッタ。

引っ越しのたびに生き残ったがこの台風で寿命が尽きた。

でも、捨てるのも忍びないので排水口の蓋隠しに置いた。

花が咲き、様になってきた。

さすが花を引き立たせる器。

形をとどめていなくとも景観に役立つ。

魂だけは残った。

B_20200501173701

大型テラコッタの置いてあった場所にはスタンド付きのテラコッタを置いた。そこにパンジーマリーナとアクセントにエンジ色のカシスを植え込んでいる。このテラコッタは庭でガーデニングを出来るようになってから使う場所がなくなりタネ蒔きの苗床に使っていた。裏方に周り俺の園芸生活を支えていたのだ。盟友のクリーム大型テラコッタが事故に遭ったので代わりを務めている。

 下の黄色い花は・・・ 名前忘れた。

ネモフィラに似た黄色い版ということで一昨年タネから育てて、今年もこぼれタネであちこち咲いたのを移植したもの。

 

今は一日一日、庭の植物の生長が早く、次々と花を咲かせています。

藤が見頃を迎えています。それも取り上げる予定です。

乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »