« モネ風の池でコイを飼う | トップページ | キュウリ「ロス」の呪い »

2017年6月 1日 (木)

過ぎ去りしバラの季節

 バラの季節はゆっくりやってきて、足早に去っていく。

5月上旬、最初に咲いた「サンセットグロー」。香も素晴らしく、我が家のバラの中で長く咲く。長女が選んだお気に入りのバラである。

 最初、このバラを大通り沿いに6本植えて渋滞を起こそうと狙って植え替えを繰り返していたら5本は枯れてしまった。最後に1本残ったものをパーゴラに移したらよく咲いて藤と共演するようになった。長女からは植え替えを禁止されている。

 

Photo

 大通り沿いにサンセットグローの代わりに植えた「ゴールデンセレブレイション」。イングリッシュローズの代表的なバラの一つで黄色い大輪の花がうつむきかげんに咲く。道行く人に楽しんで貰おうと植えた。俺の野望としては渋滞を起こすことを狙っている。娘達には「果てしなき夢だね」と言われている。俺はドンキホーテか。

 

2017
 デッキ前のメインガーデンに植えている景色を作るバラ「ダナエ」。

 

足元にバラと相性のいいオルレアを植えた。癒しの庭を作って見た。

 

Photo_2

 ウェルカムガーデンにはオベリクスに「アイスバーグ」を植えている。6年目でようやくオベリスクを埋め尽くした。赤いクレマチスは「ダイアナ」である。

 

四季咲き性の「アイスバーク」と白い葉のハクロニシキが主役である。ここはホワイトガーデンになるように白花に植栽を変ている。足元にはアジサイ「アナベル」と白花の宿根草を植えこんだ。花の少ない冬は白花クリスマスローズが主役となる。

 

Photo_3

 

 最後に咲いたアーチのバラ「ニュートン」。強靭なバラで何度も植え替えしても花を咲かせた。半日陰でも咲き、藤棚の下でも花を咲かせた。数年前、ブログにした。因みにバラの殿堂入りしている。


Photo

まだまだ構想とは程遠い庭だが来年こそはと見果てぬ夢を見ている。

 

 

|

« モネ風の池でコイを飼う | トップページ | キュウリ「ロス」の呪い »

ガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事