« 長すぎるナス | トップページ | 高価な秋野菜の収穫 »

2016年8月 8日 (月)

茶まめ「夏の調べ」と自家製きゅうりのキューちゃん

 出来すぎるが故に飽きられ、いろいろにされるヤツがいる。不器用が故に大きな期待もされず好きにしていたところ、思わぬ人気を獲得するヤツもいる。前者はキュウリ、後者は茶まめである。

 

 家族にはキュウリ「ロス」が来ると繰り返し言っているが毎日大収穫が続いている。昔、花を摘んで収量を抑えることをしたら、一気に枯れた(リンク)。それ以来、俺のトラウマになっている。暗黒面に進むのはやめ、前向きにキュウリの大量消費を検討することにした。

 

 保存が出来れば、大量の収穫があっても大丈夫である。そこでキュウリの漬物を中心にネットで調べることにした。自家製きゅうりのキューちゃん(漬物)を見つけ、調理担当の女房が試作を繰り返した。先ずレシピどおり作ったら俺には甘めであった。でも、福神漬けのようでカレーに試したら好評であった。冷やし中華もいけた。出来すぎるが故に後ろ指を指されたが自立した。育ての親の俺は安心している。

 

Photo

 

 枝豆は収穫するまでに10年かかった。世話の焼ける野菜であった。その方法は前にブログにしているので詳しくはそちらを見てくれ(リンク)。

 

いよいよ、茶まめである。鳥対策、カメムシ対策はべた掛け不織布でした。

 

Photo_2

 

 適宜、液肥を与えて豆を太らせ収穫した。

 

Photo_3

 茶まめ風味の枝豆より、茶まめは断然おいしかった。

 

鮮度が命の豆は食べる日に収穫してビールと食すると幸せを感じる。ビールがない、女房と三女も満足している。

 

ずらし播きしているので夏の間は楽しめる。

 

Photo_4

 一筋縄でいかないから家庭菜園は楽しいいいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 長すぎるナス | トップページ | 高価な秋野菜の収穫 »

スローフード」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

夏野菜」カテゴリの記事

キュウリ」カテゴリの記事

枝豆」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。