« バラの季節 | トップページ | 輝く日陰の庭 »

2013年6月 9日 (日)

春キャベツ無農薬栽培の戦い

  タケノコ型キャベツ「みさき」を無農薬で5株栽培した。いつもは虫が活発化するこの時期の栽培は苗を植え付ける時は、株もとに農薬を混ぜ込んでいた。でも、自宅の庭で栽培したのだから、対処は楽だと思い、無農薬を行うことにしたのである。

 

Photo
 

ネットをしていたが幼虫に食べられた。

やられなかったものを残し収穫することにした。

 

Photo_2


 虫は外側から内側に向かって柔らかい新しい葉を食べる。食べられたため外側の葉をタケノコのように剥いて行った。むしり取った葉っぱを堆肥床に積んでいたら、モンシロ蝶が卵を産みつけにきた。

 食べなかった1株をデッキに置いっていたら、そこにもモンシロ蝶がやってきて黄色い卵を生み付けていたのであった。

無農薬栽培は彼女らの種を残す執念との戦いでもあったのだ。

|

« バラの季節 | トップページ | 輝く日陰の庭 »

家庭菜園」カテゴリの記事

キャベツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春キャベツ無農薬栽培の戦い:

« バラの季節 | トップページ | 輝く日陰の庭 »