« 今年のスナップエンドウとグリンピースのタネ播き | トップページ | 冬の里芋を「生かして」保存する »

2009年12月18日 (金)

オータムポエムから茎ブロッコリーへ季節はめぐる

B_036_2

 

夏の終わりにタネ播きをして秋の途中で収穫を始めた、トウ菜と花蕾を食べるオータムポエムが今、花盛りである。

 

昨年のブログでオータムポエムのことを『 … … 次から次へと収穫が年末まで続く』と書いた。でも、本当はここ数年、俺は年末まで食べた事がないのだ。

 

10月、秋冬野菜のトップバターとしてオータムポエムの収穫が始まる。湯がいてサラダとして、またはベーコンと炒めて、付け合せにもなる。正真正銘の秋冬野菜として家族に喜んで食べてもらっている。

 

ところが秋も深まり、ホウレンソ、カブ、白菜などの秋冬野菜の収穫が本格化するとオータムポエムのポジションは彼らに奪われ、サラダとしての指名打者としかお呼びがないのである。

 

さらに、若く強力なライバルが11月中旬には現れ、サラダとしての指名打者も与えられなくなってしまう。同じトウ菜野菜の茎ブロッコリーの収穫が始まるのである。

 

B6_010_2

 

このライバルは、オータムポエムよりタフで、すぐに食べなくとも味は落ちない。スケジュールに縛られることを嫌う我が家の監督に茎ブロッコリーは重用されるのである。

 

冬になり甘さがのった茎ブロッコリーはサラダ、野菜炒め、付け合わせ、シチュウにと主力級にのし上がっていき、我が家の観客の賞賛を受けるまでになる。因みに監督は女房、観客は子供達なのだが。

 

この時期は誰もがオータムポエムのことなど忘れている。こうなったら育ての親であり、コーチの俺にも、どうする事も出来ない。彼には余力のあるうちに第二の人生を歩めと勧めるしかないのである。

 

『野菜としてではなく、花として生きろ』

 

花となったオータムポエムは「山の農園」のメイン道路沿いの我が畑で黄色い小花を満開にしている。通り過ぎる人達はこれがかつて野菜だという事を知らない。花として楽しんでもらえれば、それでいいと俺は思っている。

 

一方、秋冬野菜の主力になった茎ブロッコリーは2月になると力もなくなり、観客に飽きられ、監督にも使ってもらえなくなる。そして2月下旬には茎ブロッコリーは、少し苦味のあるトウ菜野菜になった白菜に、完全にその地位を奪われる。

 

めぐり、めぐる時代の途中で、

我々は、旬のものを追い求める。

… … … 。

この話は、俺の好きな「嵐」の歌がモチーフになっている。

そのフレーズを最後に終わることにする。

 

めぐり、めぐる季節の途中で何のトウ菜野菜を食べますか。

 

強く、強くお願いしたなら、どんな料理を作ってくれますか。

 

たくさん、たくさんトウ菜野菜を収穫したら、何色の未来が待っていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 今年のスナップエンドウとグリンピースのタネ播き | トップページ | 冬の里芋を「生かして」保存する »

ブロッコリー」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

オータムポエム」カテゴリの記事

トウ菜野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オータムポエムから茎ブロッコリーへ季節はめぐる:

« 今年のスナップエンドウとグリンピースのタネ播き | トップページ | 冬の里芋を「生かして」保存する »